THE NET 網に囚われた男の作品情報・感想・評価

THE NET 網に囚われた男2016年製作の映画)

그물/The Net

上映日:2017年01月07日

製作国:

上映時間:112分

3.9

あらすじ

北朝鮮の漁師ナム・チョルは、いつものように自分の舟で漁にでるが、網がエンジンに絡まり韓国側に流されてしまう。一日も早く妻子の元に戻ることだけが望みの彼は、韓国警察からの過酷な拷問と亡命の強要に耐えるのだったが・・・。

「THE NET 網に囚われた男」に投稿された感想・評価

Zoloev

Zoloevの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

鬼才ギドクにしては若干大人しめの描写とシンプルな内容だけど、訴えたい事をストレートに描いた感じで、今の緊迫する北朝鮮情勢を頭の片隅に置いて鑑賞すると、「ホントの幸せって何だろ?北の人も幸せと思う瞬間があるのか?物に囲まれた豊かな国、韓国はどうなんだろ?」なんて所々に監督から問いかける描写もある。

電波少年に出てたなすびそっくりのナムが韓国に捉えられ、ナムを尋問する風見しんごそっくりの取り調べ官。脱北者のスパイに仕立てあげたい取り調べ官とナムに対する厳しい尋問と暴力。この暴力シーンも生々しくはなくギドクが訴えたいホントの北朝鮮の思想、同じ民族間で分断された悲劇を暴力シーンを極力排除する事でストレートに観てる者に訴える事に集中している。

何とか家族の居る北に戻りたいと懇願するナム、進化したソウルの街並みを目を閉じて頑なに見ることを拒否する姿は、現実を直視したくない怖さか?それとも豊かな国ソウルを見て自分の心が揺れ動く事に対しての怖さか?

北朝鮮に帰れても貧しいながら一瞬でも家族と過ごせたナムは幸せだったんだろうか?綺麗な奥さんが裸で迫ってきても受け入れられず拒否してしまう描写は、自分とは違うかな?と(´∀`)
静かに訴えるギドク節満載の映画。
終始くらいムードだった。
しかし南北の緊張感や尋問の
仕方などが妙にリアルだった。
そして訛りがすごく強かったから
聞き取れない部分もあった。
祖母祖父の年代になると北朝鮮が
先祖の人もいるんだろうなと思った
なんば

なんばの感想・評価

4.5
テンポが良い。

日本人には理解し得ない。

タイトル秀逸。

思想の恐ろしさ。

人間の弱さ。

悲しい映画やった。
0046mayo

0046mayoの感想・評価

3.6
オーマイゴット
くう

くうの感想・評価

3.8
ただ故障しただけなのに思いがけず脱北することになり、あらぬ疑いを掛けられ、陥れられ、政治の道具にされ…国家問題に翻弄される一漁師の物語。

発端はカノ国だから起きた事だが、本質的には人間の猜疑心や悪意の話。
胸が痛む。

ギドクらしいブラックユーモアが散りばめられ、ギドクらしく、黒すぎて笑ってる場合じゃない成り行き。

人間の醜さや善意の空回りが複雑に絡み合って事態を悪化させていくのをただ見ている事しか出来ないジレンマ。

あーあ……と思いながらも、この空虚感が好きなんだろうな。

もちろん、あの二国間だからの題材だけれども、絡まったせいで帰れなくなる人はきっとどんな国のどんな場所にも居る。

変わらない事に嘆き続けるんだなぁ、この監督は。
dowaiki

dowaikiの感想・評価

3.0
これはイカン。何がイカンってオレが。話としてはわかるが深く理解するための背景とか事情とか全く持ってない。ヒネってるのか皮肉ってるのかもわからん。ほーほー思ってたら終わってしまった。(8軍無双するか思てたのに。。)
「パドルくらい持っとけよ!」て突っ込むのがせいぜい。
奥さん可愛かった!
キム・ギドクにしてはストレートな社会風刺。前回の「殺されたミンジュ」が隠喩に満ちた映画だったので意外。
LouisSato

LouisSatoの感想・評価

4.5
さすがキム・ギドク。
キム・ギドク作品の割には、寓話ではなく、ストレートな社会問題。

胸が抉り取られる。抉り取られる上に、さらに抉り取られる。
なんて切ない、なんて切ない、なんて切ない。
もう、朝鮮半島の北と南、どうしようもないんだろうか、、、。
正直、ずっーと考えちゃう。
いつか統一されて北朝鮮が人気旅行先になってたりするんかな。。
そのときにこの映画は今よりさらに衝撃的に見えるんやろうなぁ。。
slow

slowの感想・評価

3.8
朝鮮半島を隔てる境界線を、鋭い視線で見張る北と南。その線は決して越えてはならない。もし、はあってはならない。些細なトラブル、などと許されることはない。真実も、忠誠も、何の役にも立たない。もがいてももがいても絡みつくばかりの、網。

今や世界はネットを中心にして回っている。そんなご時世に、こちらのネットの話とは。アイデアが浮かべば、それをスピーディー且つ低予算で撮ってしまえるキム・ギドクの才能。性的、暴力的な描写はほぼなく、人物もわりと薄味。シンプルな分伝わりやすかったが、やはり監督には想像を超えて来てもらいたかった。

人はどれほどの情報量なら処理しきれるのか。またそれが自らの価値観をまるっきり変えてしまうものだとしたら。これは限りなく現実に近い仮想。もしかしたら、その逆なのかもしれない。
>|