THE NET 網に囚われた男の作品情報・感想・評価

THE NET 網に囚われた男2016年製作の映画)

그물/The Net

上映日:2017年01月07日

製作国:

上映時間:112分

3.9

あらすじ

北朝鮮の漁師ナム・チョルは、いつものように自分の舟で漁にでるが、網がエンジンに絡まり韓国側に流されてしまう。一日も早く妻子の元に戻ることだけが望みの彼は、韓国警察からの過酷な拷問と亡命の強要に耐えるのだったが・・・。

「THE NET 網に囚われた男」に投稿された感想・評価

IPPO

IPPOの感想・評価

2.6
こんな映画作って、韓国は北朝鮮に狙われないだろうか…

今まで見てきた韓国映画にも、
北朝鮮スパイや亡命を題材にしたものは
あったけど、ここまでストレートに
南北の軋轢を描いた作品は初めて。

なかなか異色だが、意義ある一作かと。

若手イケメン俳優イ・ウォングンがなぜ
こんな特異な作品に出たのか謎だが、
彼の存在はこの作品唯一の光。

北朝鮮の思想、韓国の思想や方向性全てを根底から疑いたくなる作品だ。
南北の状況を知りとっても驚いた。かたくなな主人公の行動に胸が締め付けられた。とても良い作品。
Sng

Sngの感想・評価

4.0
南北朝鮮の現在のリアルを知りたければこの映画を観たら良いと思う。分断された国家と、国家に囚われた人々の行末。

息の詰まるストーリーの中で、時折見える人の優しさに救われながら、また沈められ、救われ、沈められを繰り返した。

「北朝鮮に帰ったら、統一後にまた会おう」そんな日が来ることを心から祈ります。
mina

minaの感想・評価

-
溝、ズレが年を重ねるごとに大きく歪んでいく切なさや悲しさややりきれなさ。
そしてこれを異国で在日コリアンという立場で見るもどかしさ。
平気だと言い聞かせて生きてるけどこの映画を見てやっぱり平気じゃない、と認識する。
ここにも薄い網が張られてる。
最後の主人公の台詞が響く。
Rucola

Rucolaの感想・評価

3.9
キム・ギドク作品は「レッドファミリー」以来ですが、その時も思ったんですけど、よくこのテーマというか設定の話を作るなと感心します。
攻めてますね〜

幸せかどうかは、自由とか自由じゃないとか、国の体制がどうかとかそういう次元じゃないんですね。
そういうことを考えさせられました...
タイトルにも、主人公のセリフにも重みがあります。網に囚われる...

私がこの頃見ていた韓国映画のタイプとはまた違ったものだったので、これはこれで見応えがありました。
ここで少しリセットされて、また血みどろ系も見れそうです(笑)
iceman

icemanの感想・評価

-
国にメスを入れた作品。

正に南北縄張りの "網に囚われた" 男…

いつ彼は我が家へ帰れるのだろうか…?

それは非情なる細い線…

人として尊厳を認めない自分さえ良ければ良い腐った者達の現実。
そこにある恐ろしさは常識で計り知れなく尋常ではない。

帰りを待つ家族までも深い傷を負わし、互いの国が "普通の幸せ" を阻止する。

何故これまでの仕打ちを受けねばならないのか?

普通が幸せという贅沢…

この作品を観てそう感じずにいられないのです。
naonyan

naonyanの感想・評価

3.6
同じ民族なのに二つに分断され、日本人には到底わかることの出来ない世界。
文明の発展の差も凄まじく、囚われた漁師はまるでタイムスリップしたかのよう。
北より南に住みたいだろうと思うのは
浅はか過ぎると、この映画に教わった。
南を見た漁師の、美しい女性はちっとも幸せそうではないし、まだ使えるものを捨て、食べられるものを捨てる。そんな世界にちっとも住みたくはない、という言葉に衝撃を受けた。
そして不信から起こる悲劇はどの世界も同じ。
彼はスパイでもないのに、どこに行っても疑われて壊れてしまう。
ひどく切ないラストだった。
アオイ

アオイの感想・評価

3.7
南北問題の映画色々みたけど
1番しんどかった気がする。
平和ボケしまくりの日本人には
理解するなんて無理です。

自由が幸せとは限らない。

韓国に残っても、北朝鮮に帰っても、
結局自由なんかじゃない。
網に囚われた男
めっちゃしっくりきました。
AyA

AyAの感想・評価

3.5
心苦しい……

関心がなかったからこそ、北と南の情勢について改めて知れたような気がします。

北の人間はこうだ!という偏見が一人の人間を疑いに疑い、周りが勝手に動き惑わされていく。しかも周りは周りで自分の地位ばかり考えて………

約120分、初めから最後までとにかく集中して見ていました。
あまりにもツラい物語。
きっと現実でもこのようなことは起きてると想像する。

資本主義のこちらではもっぱら北のひどい状況をクローズアップしているが韓国は韓国で北への脅威対策はしなければならない。その実情は日本にはなかなか伝わってこないのも事実なんだろうな。

北を擁護する気持ちはさらさらないが、国家の勝手で翻弄される人々は北も南も一緒なんだろう。


家族を愛するがゆえの悲劇と取るか、クソみたいな両国家に振り回された悲劇と取るか。



韓国映画は大好きだし、観光に行くのも大好きなのだが、政治あるいは国と言ってもいいがホントにクソだと思う。
まだまだ成熟途上の国と思えば少しは気は休まるが。
とにかく映画は素晴らしい。


最後の妻のおっぱいのくだり。
あれ良く分かんない。
>|