THE NET 網に囚われた男の作品情報・感想・評価

THE NET 網に囚われた男2016年製作の映画)

그물/The Net

上映日:2017年01月07日

製作国:

上映時間:112分

3.8

あらすじ

北朝鮮の漁師ナム・チョルは、いつものように自分の舟で漁にでるが、網がエンジンに絡まり韓国側に流されてしまう。一日も早く妻子の元に戻ることだけが望みの彼は、韓国警察からの過酷な拷問と亡命の強要に耐えるのだったが・・・。

「THE NET 網に囚われた男」に投稿された感想・評価

yuka

yukaの感想・評価

3.5
キムギドクもキムヨンミンも報道の通りなら最低だと思う。弱者が権力者に負けず信念を貫くという感動的な映画だったのに、2人とも権力でもって虐める側だったのでガッカリ。
性をアートじゃなく売り物としたような撮り方は俳優に失礼だし見てて不快。
スンボムの演技は素晴らしい。
Ryosho

Ryoshoの感想・評価

-
ソウルからバスで坡州市に行ったときに、Googleマップを開くと、ほんの数キロ先が北朝鮮で冷や汗をかいていた自分を思い出した。根拠のない恐ろしさのようなものを感じてたのか
何も知らないからかってなる。
ぬいぐるみのクマさんが悲哀を募らせる。。
一面的、ステレオタイプな物事の捉え方に陥ってはいないか。
えりみ

えりみの感想・評価

4.1
WOWOWで。
なすびに似た漁師、川魚捕るだけでそんな身体つきになるか!?と思ったらやっぱり。巨乳の奥さんとSEXするがレイティング無し。
キム・ギドク=過激描写のイメージやったけど本作ではそういうの無し。
北と南に翻弄される真面目な庶民の悲哀😢

北朝鮮を“自由のない貧しくて不幸な国”という哀れみの目で見ているが、それは一方的な決めつけである事に気づかされる。
自由があってもお金が無ければ不幸な韓国…今の日本をみているかのよう😥
主義主張が違う北と南で、全く同じように酷い目に合わされる一介の漁師は見れば見るほど電波少年で一世を風靡した🍆にみえてしゃあない。
軍隊で鍛えた立派な肉体をもってしても、優しく献身的な巨乳の奥さんの慰めにも全く勃たないほど打ちのめされてしまう。心が折れるってこういう事よね。
何一つ悪いことしていないのに不憫すぎる😣😫

板門店宣言が履行され、ホンマに今年中に朝鮮戦争が終戦を迎える事が出来ればええけど。
さすがのキム・ギドク クオリティ…
本当に素晴らしい
そしてラストのやるせなさはなんとも言えない絶望…

ラストカットのぬいぐるみも救いが無いというかなんというかせっかくお父ちゃんが取ってきてくれた方はポイして結局そっちなんかーい!とツッコミを入れたくなる

韓国も北朝鮮も怖いなぁと改めて思い知らされる映画でした

このレビューはネタバレを含みます

関係者にとっては刺さるのだろうか?

登場人物全員、考えが足らなすぎてジャンル映画を観ているような気分になった笑
何故、そう考えるのか?とかきちんと文脈を共有したり伝え方を工夫すれば事は大きくならない話ですよね…

内容としては、ネット(視野狭窄というメタファー?)に絡まって身動き(南北統一)出来なくなってるよね、という話を実際にネットに絡まった漁師で描く物語。

途中までは、正直あまり乗れませんでした。
ですが、ラスト!主人公の葛藤を思わせる含みを持たせた終わり方!これは良かった!
個人的には、主人公は南北統一という目的に目覚め家族よりも使命を優先する決断をする。ぬいぐるみの中に盗聴機を仕掛け、それを南に渡そうとしたが殺される。という説を唱えたいと思います!(たぶん、そんなことない)
hiro

hiroの感想・評価

4.2
「祖国が統一されたらまた会おう」ってセリフを聞いた瞬間、南北首脳会談のニュースを思い出した。日本にいると分からないけど、北朝鮮と韓国には、同じような思いでいる人がきっと何人もいるんだろう。
Nii

Niiの感想・評価

3.2
初キム・ギドク。

と言ってもお目当はイ・ウォングン♡

キム・ギドクってもっと濃そうなイメージがあったんだけども、思ってたよりあっさり。この作品が珍しいのか、ウォングン君の顔があっさりイケメンだからか。

なかなかタイムリーな話なんだけと、この作品自体はどこかファンタジーに思えてしまった私、、北朝鮮という国、そして一つの国が分断されているということに対して、自分が思っている以上にリアリティを持てていないのかもしれない、と、そんな自分の中の問題に気付かされた。
bopapa

bopapaの感想・評価

3.3
2018年 75本目

北朝鮮問題に揺れまくる現在に観るとなかなかタイムリー。変態監督の異名を取るキム・ギドク監督作品でしたが、内容は至ってマトモ。何の救いも無いオチと、ラスト間際の唐突な奥さん役のオッパイポロリにはビックリでしたが。


登場人物全員が理不尽な世界に振り回される中で、若手の世話役の男の人の優しさだけが浮き立つ感じ。

主人公のラストの選択は切ないけど、大黒柱は自分が死んでも家族が路頭に迷わないようにちゃんと保険に加入してないとダメだよ!
tulpen

tulpenの感想・評価

3.6
憎しみの深さが底知れない。
この人の映画を観るといつも
自分の呑気さを咎められているようで
居心地が悪くなる。
そして、見終わった後には
必ず深〜く長〜い溜息がでる。
今回は少し短めの溜息でした。
>|