パラダイス 希望の作品情報・感想・評価

パラダイス 希望2012年製作の映画)

PARADIES: HOFFNUNG

上映日:2014年02月22日

製作国:

上映時間:91分

3.5

「パラダイス 希望」に投稿された感想・評価

パラダイスとはよく言ったもので、こんなにもきれいな映像で、ひたすらデブを、美化しない体を、実現されない夢と欲望を楽園に望んでしまうその愚かさを容赦なく映しきるこの監督、けっこう好きだな。
Wednesday

Wednesdayの感想・評価

3.2

パラダイス三部作の三作目。ラスト。
痩せるための合宿?みたいなのに、「パラダイス 愛」の娘が行って、そこの保健の先生みたいなおっさんに恋する話。

三部作の内で1番目を背けることなく気分が悪くなることもなく見れる…けどそんなの求めてないんだよねぇ。

画面がおもしろい。
三部作撮るうちにどんどんセンス磨かれたかんじ。
見つめあったその先!!
ねえ気になる〜

ぽっちゃりちゃんが体を寄せ合って1つのベッドで恋バナ
まじで可愛い



常に心から



食事のシーンが最後って面白いなあ
その寮のダイエット食
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.5
3部作構成が意味あるようにキッチリ筋通したなと思ったけど振り返ると3部作にするためにそれぞれ頑張って引き延ばされてた気がしてくる。
結局大人がズルいという点で今作が1番共感できたのは確か。
フェラチオ好きになるわよって言うマセた子普通に可愛い。
誰かドッグ・デイズ見る機会を下さい。
風俗お嬢さん「パラダイス ご希望ですか?

((ヾ(≧皿≦メ)ノ))違うでしょ〰️。(^○^)
小高

小高の感想・評価

1.5
デブはデブでもティーンのデブ。三部作の中では「神」ほど気持ち悪くなく、「愛」よりはムッツリしてる雰囲気。正直ストーリーはイマイチかなー。
ただ、3つの中でこの作品は画が、構図が、とにかくすばらしい!まんま写真やインスタレーションにできるようなショット、動作の連続、それも全然気取ってなくて惚れ惚れします。同監督の他作品も観ようという気にさせる一作。
Ryoko

Ryokoの感想・評価

4.0
「愛」と「神」に比べると、拍子抜けするくらい毒がない。三部作のなかでは爽やかすぎて、個人的にはちょっと物足りないけど、画としてはとても好みだった。

「愛」でケニアにバカンス中のおばちゃんの娘が、ダイエット合宿で出逢ったダンディな医師に恋するお話。

親元から離れ、同じような体型で同年代のティーン達の合宿所での日々がキラキラしてた。おませなガールズトークだったり、夜中に馬鹿騒ぎしたり、こっそり抜け出してバーで酔い潰れたり。おじさまに恋してる姿も、彼女たちには仲間との青春の1ページ。

ふとっちょ達が一列に並ぶ光景、繰り返される反復運動などなど、これまたどれもバッチリな構図で描かれる、この美的センスにもうメロメロです。霧がかった森の中でのおじさまの変態行為のシーンにもシビれた。

三部作、どれも面白かった。性欲に対する、愛・神・希望ってことなんだねー。すっかりザイドルさんのセンスの虜です。
Ichiro

Ichiroの感想・評価

3.7
パラダイス三部作の中では一番気楽に見ることができた。三部作通じて肉の垂れたお世辞にも美しいとは言えない女性の姿を映していた訳だが、その醜さがこの三部作の描く人間像をよりリアルにしている。
画の美しさは相変わらず。そんなに特別な物を映しているわけでもないのに不思議だ。左右対称の多用と配色の妙によるものなのだろうか。
ノース

ノースの感想・評価

3.9
パラダイス3部作のなかでは、一番、ラクに観ることが出来た。
映像が美しいのは、愛(人間は醜い?)
考えさせられるのは、祈り。
見終わってホッとするのが、希望。
みー

みーの感想・評価

3.3
パラダイス3部作のラスト。
パラダイス愛の中年おばさんの娘の話。
ママがケニア旅行に行っていたとき娘はダイエット合宿中だった。
そこで、出会った先生に恋をするのだが、これまた、若干13歳のウブで真っ直ぐな純粋な少女が可愛い。
もう、30オーバーなおばちゃんから見ると、とにかく可愛いのだ。
しかも同じ年頃の合宿所はなんだか楽しそうで、学生時代の修学旅行を思い出す。
規則をやぶるドキドキな感じがたのしいのよねー。
先生に怒られるのもいい思い出。
ただね、この娘ちゃんの恋する先生がね、ムッツリで気色悪い。
ウゲェー。
年の頃50代くらいの先生と13歳じゃ恋愛タブーなのはわかるけど..

パラダイスシリーズ、希望。
なんかタイトルの意味がわかる気がする。
>|