胸騒ぎの恋人の作品情報・感想・評価

胸騒ぎの恋人2010年製作の映画)

LES AMOURS IMAGINAIRES

上映日:2014年02月01日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.8

あらすじ

親友のマリーと同じ彼、ニコラを好きになってしまったフランシスの視点で描かれる本作でドランは、恋に落ちる過程の検証を試み、片思いの苦悩に肉薄する。2人は内心ニコラにぞっこんなのに悪口を言って相手の腹を探ってみたり、ニコラの思わせぶりな仕草に期待を持ったり…。押し寄せるのは、もどかしさ、ほろ苦さ、ジェラシー、探り合い、駆け引き——。出会いに始まり、涙で終わる、切ない恋心。ティーンなら誰もが味わうポエ…

親友のマリーと同じ彼、ニコラを好きになってしまったフランシスの視点で描かれる本作でドランは、恋に落ちる過程の検証を試み、片思いの苦悩に肉薄する。2人は内心ニコラにぞっこんなのに悪口を言って相手の腹を探ってみたり、ニコラの思わせぶりな仕草に期待を持ったり…。押し寄せるのは、もどかしさ、ほろ苦さ、ジェラシー、探り合い、駆け引き——。出会いに始まり、涙で終わる、切ない恋心。ティーンなら誰もが味わうポエティックなカオスを、ポップなカラーアート、ヴィンテージの服、クラシックな音楽で再現。ドランならではの異形な恋のスタイルがスクリーンに溢れ出す傑作ラブストーリー。

「胸騒ぎの恋人」に投稿された感想・評価

kanako

kanakoの感想・評価

4.0
途中のインタビュー場面にすごく心が騒いだ。ただ好きだったはずなのにどんどんその気持ちに追い込まれちゃう人達。

二人が誰かを好きになる楽しさから、徐々に彼を自分のものにしたくなって、だんだん相手が見えなくなり苦しむ様子が、心痛く、なんともやり切れない感じ。うーむ。

そういう面では恋愛?はやっかいだし難しいし、面倒なものでもあるのだと思う。愛することは学ばないとダメなのかな。恋愛という気持ちに溺れすぎて相手が見えなくなるのは悲しいから嫌だなぁ。
alpcpn2

alpcpn2の感想・評価

4.0
180921
2人の仲良しさがグッとくる
グザヴィエドランの性癖も垣間見える
はる

はるの感想・評価

4.1
切なくって痛くて可愛かった。同じ人を好きになっちゃって、それでも親友な2人の関係がいい。
別荘のインテリアもっと見たかったなー映像の色温度とか勉強になった。
kei

keiの感想・評価

3.9
色合い、ファッションがドランの作品の中で1番いい

パーティーのチカチカするシーンとマシュマロ降ってくるシーンすごく好き笑
好きでも好きでなくてもやってほしい男性のアクション

・指笛でタクシー止める
・「天から舞い降りた時怪我しなかった?」と初めましての挨拶でいう。手の甲にキスしながら


恋愛っていう概念を愛していただけ。

大切なのは誰かの隣で目覚めること。

何処吹く風。



ばんばーん。の音楽がせつなくも笑えてきちゃう私…わざと手撮リガと思いきやそうではないかも、2014年ものにしては、手作り感多し。ストロボ聞いてたりなかなかポップだ。あと2人の話すシーンで後ろでレズがずっとキスしてたりしたのが自分的に面白かった、それさえも背景。「何かあったのか」の質問にハートマーク作るマリー、ベッドで違う男と。可愛い。

それにしてもニコル、貴様自分のモテわかっててそんなことしてんだろ、、、。ラストがまた清々しいのとえ、ちょっと笑って感じがまたいいです、好きですね。
期待を裏切らないドランの作品。
3人の複雑な関係がもどかしくて…
辛いよねー、皆から好かれる人に恋するって。
音楽も衣装も素敵。
netfilms

netfilmsの感想・評価

4.0
 フランシス(グザヴィエ・ドラン)とマリー(モニア・ショクリ)は互いのことを知り尽くした男女の親友同士であるが、ある日パーティで知り合った同じ男ニコラ(ニール・シュナイダー)を好きになってしまう。最初は仲良し3人組として仲良くやっているように見えた3人だったが、フランシスとマリーは互いの腹を探り合い、時にニコラの態度に一喜一憂してしまう。処女作『マイ・マザー』は親子の愛憎関係に迫ったグザヴィエ・ドランの反自伝的物語だったが、2作目の『胸騒ぎの恋人』は三角関係に揺れる男女の恋の駆け引きを描く。冒頭、それぞれの愛について語る男女の姿がクローズ・アップで映される。『マイ・マザー』ではドラン自身が母親について語るインタビューを物語の中に解け込ませたように、今作でも直接物語には何ら関係性のない男女の独白が要所要所に挿入される。ニコラという男は金髪巻き毛の高身長の美青年で、ほぼ同じタイミングでフランシスとマリーは彼に恋をしてしまう。この男どこかミステリアスな雰囲気で自分の気持ちをあまり強く押し出さないタイプで、2人は互いにニコラにどう思われているのか悩んでいる。

 親友であれば、互いの気持ちをカミングアウトすれば幾らか楽かもしれないが、ストレートな女性と同性愛の男性という垣根からかなかなか本音が切り出せない。そのじりじりするような2人の姿を前半は素描する。女の方にはもう1人愛人がいて、むしろその男の前でだけ本音をさらけ出せるようで、煙草を吸いながら幾らか本音めいた話をしている。ドランのライティングがまた巧妙で、マリーと愛人の最初の情事には赤色のライティングが施され、2度目の情事の際には黄色、同じくフランシスとニコラの寝室におけるライティングは緑を基調とし、それがクライマックスの象徴的場面になると青に変化する。それ以外にも『マイ・マザー』では出来なかった美意識が炸裂している。一番象徴的なのはBGMを使用したスロー・モーションの多用であろう。例えばニコラの誕生パーティにプレゼントを持って出掛けるフランシスとマリーの歩く姿を、壮大なスロー・モーションを使いながらクロス・カッティングで見せている。思えば前作でもクライマックスの花嫁衣装の女性を主人公が追いかける場面などでスロー・モーションの使用があったが、今作ではそれが随分強調されている。やがて3人で山小屋へ小旅行に出かけた時、事件は起こる。そこでフランシスとマリーの不和は決定的になる。

 カメラは基本的にクローズ・アップで3人の表情を追う。印象的なロング・ショットはこの山小屋の場面くらいで、あとはほとんどない。役者の背面にいる時も、その役者にぴったりとくっつきながら臨場感豊かに描いている。また役者の背面ショット自体も普通の映画に比べ、極端に多い。マリーは「手紙」で、フランシスは携帯電話ではなく「自宅電話」で、ニコラに思いを伝えようとする。この「手紙」と「電話」の使用が実に心地良い。効果的な色味の使用、印象的なスロー・モーション、手紙と電話、クラシック音楽とスタンダード・ポップス、ヴィンテージ・ファッション処女作『マイ・マザー』以上にグザヴィエ・ドランの強い美意識が滲む。ニコラの上からマシュマロが降って来るショットはただただ美しかった。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

4.0
2011年NZ国際映画祭にて鑑賞。内容がどうこうっていうよりも、絵として考えた時のこの監督のセンスは半端ないものがあると思う。「汚れた血」を見たときも同じように驚いたけど、映画ってのは日常をどのように切り取って見せるかという、れっきとしたアートであると言う一面をもぎ取って突きつけられたような気持ち。生まれついてのセンスには太刀打ち出来ない。そしてその割りに内容がゲイらしさ満点のビッチで陳腐な感じがわたしはまた好きです。日本での公開を嬉しく思います、はい。
niho

nihoの感想・評価

4.0
もうやめろ!!!と止めに入りたくなるが恋する本人たちの目はマジであり切ない。
ニコラのように息をするだけで人を惚れさす人間は事実存在して、日本では担当と呼ばれてシャンパンおろされたりして刺されたりもする。
スローモーションが効いていて好き。金色の落ち葉の上でばんばん。
A23

A23の感想・評価

3.0
複雑な三角関係。
トムアットザファームよりは分かりやすかった。でもわたしにはやっぱりグザヴィエ・ドランはハードル高いかな
>|