胸騒ぎの恋人の作品情報・感想・評価

胸騒ぎの恋人2010年製作の映画)

LES AMOURS IMAGINAIRES

上映日:2014年02月01日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.8

あらすじ

親友のマリーと同じ彼、ニコラを好きになってしまったフランシスの視点で描かれる本作でドランは、恋に落ちる過程の検証を試み、片思いの苦悩に肉薄する。2人は内心ニコラにぞっこんなのに悪口を言って相手の腹を探ってみたり、ニコラの思わせぶりな仕草に期待を持ったり…。押し寄せるのは、もどかしさ、ほろ苦さ、ジェラシー、探り合い、駆け引き——。出会いに始まり、涙で終わる、切ない恋心。ティーンなら誰もが味わうポエ…

親友のマリーと同じ彼、ニコラを好きになってしまったフランシスの視点で描かれる本作でドランは、恋に落ちる過程の検証を試み、片思いの苦悩に肉薄する。2人は内心ニコラにぞっこんなのに悪口を言って相手の腹を探ってみたり、ニコラの思わせぶりな仕草に期待を持ったり…。押し寄せるのは、もどかしさ、ほろ苦さ、ジェラシー、探り合い、駆け引き——。出会いに始まり、涙で終わる、切ない恋心。ティーンなら誰もが味わうポエティックなカオスを、ポップなカラーアート、ヴィンテージの服、クラシックな音楽で再現。ドランならではの異形な恋のスタイルがスクリーンに溢れ出す傑作ラブストーリー。

「胸騒ぎの恋人」に投稿された感想・評価

otom

otomの感想・評価

4.7
グザビィエ•ドランの2作目。ダビデ像ばりのイケメン君を間にヤキモキする男と女。ポリスのEvery Breath You Takeの歌詞の如く一挙一動が実に繊細な演技と演出。マイ•マザーとロランスのインパクトに比べるとやや薄い気もするが、今を生きる人間臭さを描く手腕は確かなものである。傑作。
mmm

mmmの感想・評価

3.0
とにかく画が良い。

人物を正面から撮ってるとこや色合いやファッション、音楽もハイセンス。
場面転換のタイミングが良い。
Hiromi

Hiromiの感想・評価

4.0
ドランワールド。クセ強い。
映画というより映像作品みたいな。
Akari

Akariの感想・評価

4.1
やっぱりドランの世界観が大好きだ〜
映画館で観かったなあ

「わたしたちがいた季節の中であなたを待っている」
そんな言葉を手紙に綴るおしゃれ加減
マシュマロが降る画がいちばんすきです

唯一の真実は愛の衝動だけ
アルフレッド・ド・ミュッセ
odkhr

odkhrの感想・評価

4.0
mommy以来のドランの映画。
ニコラのバースデーパーティのダンスのシーンとかめちゃくちゃかっこよかった。
マリーのヴィンテージな洋服も可愛かった。

それにしても、
ドランはもちろん美しいんだけど、ニコラ役のニールス・シュナイダーなんなんだ。
この世のものと思えないくらい美しかった。
エズラ・ミラーを知った時と似た衝撃。
キレイな2人を見れる、目が幸せな映画。
主人公はゲイ、話はストレート。アート的なカットとヴィンテージ具合が良い。
A

Aの感想・評価

5.0
好きすぎる映画だった
何も言うこと無しです
アーティスティックでお洒落、だけじゃ無い役者の演技に魅了される
言葉一つ一つに意味があるのがよくわかる
大胆なカラーライトで感情を表現したり、ドラン独特のスローを入れたりするのも好き
絵になる画こそが映画の良いところだと思ってるから、目を釘付けにする映像をとれる監督は本当に天才だと思う
曲の使い方も素晴らしい
パーフェクトすぎる映画

煙草を吸うってこんなにかっこいいのね、
イケメンすぎる監督よ、、、
ヤマハ

ヤマハの感想・評価

3.3
グザヴィ映画には心動かされるものが多かったが、本作はあんまり。。
三角関係。
最後ギャグ的に終わってよかった笑
ゆゆゆ

ゆゆゆの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

はああああああドストライクな作品。最高の片思い映画でした

好きなところ
踊ってるニコラの点滅
ニコラの二人からもらったプレゼントを身につける素直さ
ニコラの服をかぶりながらの自慰
マシュマロのシーンの空気感
終盤のフランシスの抱き合いながらの涙

彫刻みたいに美形に無邪気な笑顔、勘違いさせちゃうような態度で誰もを惑わす魔性のニコラ
こういう愛の不均等さを具現化したみたいなキャラクターとっても好き
自分も幸せになれないし、周りの人にも一時的に麻薬みたいな時間を与えるだけで最終的に苦しめてしまうっていう存在

まあこういう極端な存在は稀だけど、多かれ少なかれ失恋という形で誰もが感じる思いがテーマ

拒絶されることの悲しさと、それでも愛することの尊さ
しんみり終わるかと思ったけど、ラストシーンが予想外にポップで、それもそれで良かった
痛みを分かち合える友達って大事だね🤝なハッピーエンド!

監督としてはもちろん俳優としてのドラン好きすぎるううう
黒羊

黒羊の感想・評価

3.9
「胸騒ぎの恋人」

ドラン映画3本目。
今回もドラン映画ナビゲーターきざしさんと、フィルマのアホ映画仲間(褒め言葉)と突発実況鑑賞。

ドラン映画の常連役者とかフル出演で、あれこの人って…?みたいな楽しみを味わえました!

ゲイの男とストレートの女が、金髪クリクリの男を好きになり、そこからの三角関係が…

話が難しくない分、監督の意思がストレートに、シンプルに、繊細に表現されるのはドラン映画の特徴で、普段SFやギャング、アクション映画ばっかり観ているアホ脳(皆様ご承知と思うが)の俺にも、毎回楽しめる。

テンポっちゅーか、ドラン映画の「絵」と「時間」の使い方がなんかええのよね〜

グラフィックやってた人間としては、「オサレ」というよりも、「ええ色の使い方」してるなーと。
「わたしはロランス」の色彩感覚でさらに昇華してるなーと。

恋にまつわるチクチクや心のエグりも、ゲイ男性のドランも、ノーマルの女性も似たようなポジションに置いているのも、二人が好きになった「金髪クリクリ」の存在を表すのにもええ効果出てるなーと。

監督の、プランナーの頭の中にあるイメージが、構造が違う視点がちゃんと表されていて、やっぱ観ていて面白い。

エゴな感情の上に成り立つ恋なんてろくでもないっすね。

ドランの視点、構成は面白いので、「女性ウケが良い」と言われる監督の映画で学んで、恋に下手打ってる女性は頑張った方がいいんじゃないんでしょうかね。

あ、男はこの映画で描かれているようにシンプルでアホなので、是非とも男を手玉に取って頂きたい。

男が一番幸せなのは「女の尻にひかれているフリをして毎日頑張る」事なのですから。

ちょっとええ事言うたのでこれにて寝ます。

皆さま良い夢を。
>|