胸騒ぎの恋人の作品情報・感想・評価・動画配信

胸騒ぎの恋人2010年製作の映画)

Les amours imaginaires/Love, Imagined

上映日:2014年02月01日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「胸騒ぎの恋人」に投稿された感想・評価

gale

galeの感想・評価

3.5
いやあなんだろもう「人生やってらんないな!!!!」って気持ち。スクリーンから全力で叫ばれた気持ちになった。
いつだって人生は自分に優しくないしハードモードだよね、わかるよその気持ち。

親友マリーと同じ二コラを好きになってしまったフランシスのお話だけど、いつだって人生のめぐりあわせは残酷なんだね…きっと何回だろうと同じことを繰り返すんだろうな、マリーとフランシスは。

初めてドランが主役をやってる映画を観たけど、彼本当にすごいんだなと…その存在がスクリーンを圧倒する、その感覚にただただ驚嘆。

最後の彼、やっぱりルイ・ガレルだったのか。

人生ハードモードで苦しい。幸せになってくれ頼むから…
いつも通り素敵な色使い。
大切にしたいところの表現力が豊かすぎる。
唯一の真実は愛の衝動だけ。
ipeko

ipekoの感想・評価

3.7
高校時代、仲の良かった同性の友達に告白して困らせたことを思い出して胃が痛くなった。観ているこちらが胸騒ぎ。
どんな恋愛感情も、一歩間違えれば身勝手で醜いエゴの塊だよなぁ
目に映る映像全部が綺麗だった
バンバンが耳に残る
片思いあるあるすぎて…
主人公が監督だって見終わってから知ってびっくりしてしまった、横顔が本当に美しかった
sayako

sayakoの感想・評価

4.2
『類は友を呼ぶ』がピッタリ。
人間関係の表現が素晴らしかった。とても好き。
a

aの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

それまで翻弄されまくってたくせに振られた後の2人が完全boss bitchで笑った あれだけ愚直に恋愛できるの良さそう 毎回運命だって思ってそうなところが特に
CDC

CDCの感想・評価

3.5
ポスター?ジャケ?みて昔のフランス映画なのかな?と思ったら近年の作品でびっくり!ストーリーも叙情的な雰囲気で進むのが昔見たフランス映画みたい。だけどところどころの演出が現代的でポップでEDMのMVみたいな感じ。オシャレで一時停止してスクショしたくなった。作中の時代も現代なのか昔なのかわからなくなるような不思議な感覚。2つの要素が合わさってなんとも新鮮な作品でした!
sawak

sawakの感想・評価

4.5
『マイ・マザー』より奇を衒った感が薄いが、インタビューフッテージと並行させたストーリーテリングや、(情事の度に色味を変えたりする)ポエティックなライティングなど、やはり芸は細かいし多彩な印象。

かなり歪つではあるが、誰もが程度の差こそあれ経験のある「三角関係」を、普遍的な胸キュン要素と特殊すぎるドランの美意識を併せて描くとこんなに面白くなるのか。
Hoshi

Hoshiの感想・評価

4.0
グザヴィエドランらしいスローモーションと音楽の使い方。人間のドロドロした部分の描き方が上手い。
まいむ

まいむの感想・評価

3.3
ニコラみたいに気ままな人は きっと誰のものにもならなくて、そこがまた魅力のひとつだったりするんだろうなと思った。
良い部分に注目したら、誰かに寄りかからなくても いつも自分自身でいられる人なのかも…?

終わり方 結構良かった。笑
>|