胸騒ぎの恋人の作品情報・感想・評価・動画配信

胸騒ぎの恋人2010年製作の映画)

Les amours imaginaires/Love, Imagined

上映日:2014年02月01日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「胸騒ぎの恋人」に投稿された感想・評価

ゆーじ

ゆーじの感想・評価

3.3
ラストのなんか無敵になった感じの二人が好き

恋するとなんで、色々考えなくていいことを考えてしまうんだろ
hisauk

hisaukの感想・評価

3.7
マリーとフランシスは親友同士の男女。
そんな2人の前にニコラが現れる。
美しく人気者のニコラと3人は仲良くなる
が…。
マリーとフランシスはお互いに心の内を話さないがニコラに恋をしてしまってた。

2人とも気がつきあっているが、言葉に出さず微妙に付き合いを重ね、ちょっとした仕草が可笑しかった。

ニコラといえば、たぶん気が付いてはいるけど、素知らぬふりをしたり。
みんなから好かれたいタイプの人、いる。
ニコラみたいな人。
平気で「愛してる」とか言える人。

結局、冷たくされてしまう。

ラスト、にこやかに近づくニコラに対する2人の態度がなんとも可笑しかった。
xia

xiaの感想・評価

5.0
"唯一の真実は愛の衝動だけ"

凄い繊細とにかく色鮮やかな果実みたいな映像、水々しかった〜

ニコラが罪深い
微妙な距離感
たかと

たかとの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

全体的におしゃれで、ニコラの罪な男の余裕が作中からひしひしと伝わってくる作品だった。

てかニコラ落とせるやついんの?
おろち

おろちの感想・評価

4.6
全体を通して色遊びが芸術的。
安心で、想像の上を行くグザヴィエドラン作品。

ニコラに振り回されたいよ、男も女も。
刹那にbang bangを脳内に奏でながら。
芸術性高すぎる問題。ドランのナルシズムをふんだんに感じられる。
丹王

丹王の感想・評価

4.5
この作品はドランのヴィジュアルが個人的に最強な気がするしニコラ役のニールスシュネーデルに惚れてしまう。
演出がお洒落すぎて魅せられる。

ニコラは客観的に見たら思わせぶりでムカつくなと思う部分もあるけど実際目の前にいたら好きになっちゃう感じ。
沼のかおりがするんだよな

このレビューはネタバレを含みます

胸騒ぎどころじゃないよ。
胸メチャクチャにかき乱してポイッと棄ててどん底に突き落とす人だよ。

と思ったけど、この話は「胸騒ぎ」を恋人にしてる人たちってことか

黄金のようなひとっているよね
ニコラ。惹かれる。どうしようもない魅力。全員に運命の恋人だって思わせるような。それで片想いを集めて、飽きて面倒になったらそっぽ向いて立ち去ってしまう
現実にもいる
個人的にそういうひとに会うと、惹かれつつも傷つけられる恐ろしさが先行してしまって近づけない
客観的にこうやって映画でみててもハラハラするし好きにはなれんしむしろ腹立つ
最後のニコラに対するふたりの態度最高でした

彼との甘いときを味わいたくてマシュマロ食べるドラン可愛いね。

立ち直れてよかったけどラブーム1のラストみたいだな。
つーかふたり親友のくせにタイプどんかぶりなんだよ!!!だからダメだってそういう男は…!コラ!!とろんとした目で近づいていくのをやめなさい!!バァングバァング…🎶じゃないんだよ!笑

夢中になってる時間が楽しいって言う、「彼の腕のなかで目覚めたいと思う症候群」なんだって自覚してるんだろうから、止めらんないよね
しま

しまの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

友達と同じ男を好きになったってとこまでは普通なんだけど、この作品は好きになる側の片方がゲイだっていうのが面白い。

2人がちょっとしたことでマウント取り合ったり、相手を褒めつつしなっと貶したり、ニコラに偶然を装って会いに行ったり、マリーに関しては、友達とはいえライバルだしでも私の方が有利(異性だから)と思ってんのかな~っていう行動とかもすごくリアル。

告白した時、フランシスに対しては「僕はゲイじゃない」
マリーに対しては「鍋の火が心配だから帰るよ」(これに関しては返事ではないだろ)
って言ったのが「察してくれ」って感じがしてムカつく~~~

最後1年ぶりに会った時にニコラが2人に挨拶したらフランシスが威嚇してたのがとても好きです。

まだまだ言いたい事あるけどとりあえずニコラにマシュマロが降ってくるシーンで笑いました!
ドランの作品初めて観たけど他も観たくなった!!
愛によって出来た穴は愛でしか埋めることができないのでしょうか。それらの愛に形や大小の異なりはあるのでしょうか。
>|

あなたにおすすめの記事