アメリカ交響楽の作品情報・感想・評価

「アメリカ交響楽」に投稿された感想・評価

『アメリカ交響楽』
僅か38歳の若さで急逝した名作曲家J・ガーシュウィンの伝記映画。史実とは多少は異なるが、彼が生んだ名曲の数々が奏でられ、彼が何故世界中に知れ渡る作曲家になったのかが分かる。クライマックスは悲劇ではあるが、名作の風格がある作品であった。
メル

メルの感想・評価

4.3
1937月7月11日 ジョージ・ガーシュインは38歳の若さでこの世を去った。これは彼の伝記映画。
彼の残した曲は600曲と言われている。

「ラプソディー・イン・ブルー」はジャズとクラシックを見事に融合させオーケストラを従えたジャズピアノ曲。
「のだめカンタービレ」でも改めて注目されました。

「パリのアメリカ人」は後にジーン・ケリー主演で映画となったが、映画の中の曲は全て彼の作曲。歌詞は兄のアイラ・ガーシュイン。

「ポーギーとベス」、黒人のフォークを取り入れたオペラ。
オペラを一般人が楽しめる娯楽にした、と言われている。
この中の曲「サマータイム」はジャズのスタンダードであり、今ではポップスやロックのミュージシャンもアレンジして歌っている。

その他「ス・ワンダフル」「アイ・ガット・リズム」等数え切れない程の名曲揃い。それらの曲が全編通して演奏される。

それ迄アメリカを代表する作曲家は目立って存在しなかった。

彼のピアノの恩師が言った。
「新しい事と古い事が矛盾して混ざり合っているアメリカ。君の中の理性と野望、その2つを上手く表現できれば君はアメリカの声になれる」と。

彼の残した偉大な功績により、クラシック界も含め、ジョージ・ガーシュインは世界が認めた初めてのアメリカ人作曲家となった。

彼の死後8年でこの映画は発表となっているので、オスカー・レヴァント等実際の友人達も何人か出演しているのが又良い。
法一

法一の感想・評価

3.7
 再見。アメリカ時代の恋人(ジョアン・レスリー)がとても可愛いのだが、そのあとに登場する「巴里のアメリカ女」アレクシス・スミスがゲェッと呻いてしまうほどの美女で、驚いた覚えが。そのあとではジョーン・レスリーが若干田舎っぽく見えるほど。
 あと(実生活でもガーシュウィンの友人だったとかいう)オスカー・レヴァントは改めて見ても本当に渋い、良い面構え。ピアニストには惜しい(?)。

 いやあ本当に名作の風格がある。ラストの上昇するカメラは驚愕。
ジョージ・ガーシュウィンの伝記映画。原題は Rhapsody In Blue 。多少、史実とは異なっているかもですが、ジャズ好きは必見!