8月の家族たちの作品情報・感想・評価・動画配信

「8月の家族たち」に投稿された感想・評価

asmud

asmudの感想・評価

2.7
キャスト豪華すぎるのに、
内容は辛すぎる…🙀

もうちょっと希望ある映画にして欲しいな。
茱萸

茱萸の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

地獄絵図。すごい居心地の悪い、親戚の集まりあるある見てる感じだった。
一番アウェイで苛立ってるビル(ユアン)が一番共感できたな。

毒親+老害×薬物という三拍子。きっつ。
バーバラが母親に謝った時「いやお前も謝れよ」って思ったわ…

ベネさんの抜けてて空気読めなくて…ってこういう役初めて見たかも?珍しい!
っていうかチャールズ可哀想すぎる。

家族=「遺伝子でつながれた無作為に選ばれた細胞」って台詞は良かった。
父親の失踪をきっかけに三姉妹が集まり、母親や家族たちと本音でぶつかるうちに次々と秘密が暴かれていく。

大好きなメリル・ストリープの毒舌母親役。
彼女でなきゃこの迫力ある名演技はできなかっただろう。娘役ジュリア・ロバーツとの壮絶な言い争いは圧巻。

そしてその他のキャストの豪華さ。
ユアン・マクレガー、クリス・クーパー、ベネディクト・カンパーバッチ、アビゲイル・ブレスリン、マーゴ・マーティンデイルまで…

ラストは一人になった母親。
セピア色のオクラホマの広大な自然と地平線へと続く長い道のり…
序盤のT・S・エリオットの「人生は長い」という台詞が思い出された。
通行人Y

通行人Yの感想・評価

3.6
メリル・ストリープ、ジュリアロバーツなど豪華俳優陣の演技が楽しめる映画。(個人的にはベネ様の歌声が聞けてとても嬉しい)

ゴタゴタした家族のゴタゴタをひたすら見せられるのですが、何故か興味を持ってしまうし、気になってしまうのは、どこかで自分自身も登場人物たちに共感してるからなんでしょうかね。

時折挟まれる風景のカットも美しく、いい意味でボーッと見れる作品だった。
mika

mikaの感想・評価

4.0
メリル・ストリープの演技が素晴らしい。やっぱりこの人すごいなぁ。。。
ジャンルにコメディとありますが、どこを笑ったらいいんだろうとと観進めました。きっと、あまりにも皆が罵り合い、怒鳴り合い、叫び合っているところが、どうやら面白いのではと。
観るのに疲れました。。(笑
んの

んのの感想・評価

4.0
豪華キャストだ!下世話ながら面白かった^_^流石Mストリーぶは
みいゆうだなあ、
ぽてと

ぽてとの感想・評価

3.6
父親の失踪でバラバラになってた家族が実家に勢揃い。
久しぶりの再会なのに色んな問題が噴出して...。

メリル・ストリープとジュリア・ロバーツの大喧嘩凄かった〜!!
凄い共演だな!!

なんかもうちょい闇深い隠し事かと期待してたら案外海外ではありそうなやつだった笑(ただのイメージ)

ストーリー的にはそこまで響かなかったけど役者さんの演技は素晴らしかった。
特にメリル・ストリープ。

ベネディクトさんが歌を歌うシーン可愛かった〜!ってかめちゃくちゃ愛くるしい役やないかーい!!
りょー

りょーの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ジュリロバとメリル・ストリープの怒鳴り合いの演技がものすごく迫力があって👍

結局何も解決しないまま終わってしまって、それもまた一つの物語なのかなって感じがした
Jeanne

Jeanneの感想・評価

3.1
メリル・ストリープとジュリア・ロバーツの熱演対決が凄まじい。
全員が問題を抱えてて誰一人幸せになれなそうな崩壊具合。夫と妹が不倫してしかも子供まで産まれてたことを知りながら黙ってるメンタルやばい。問題が赤裸々になるだけなって何一つ解決も改善もされないまま終わる…
norisuke

norisukeの感想・評価

4.0
「男は年をとってもセクシーでいられるけれど、女は一人残らず醜くなる。あんたも私も濡れたダンボールみたいよ」

せめてましなダンボールを目指そうと思うのは悪あがきか。

メリル・ストリープはやっぱりこういう毒のある役がよい。迫力満点だ。

根底では愛し合っているはずなのに傷つけ合う、母娘、夫婦、姉妹たち。満身創痍のはずなのに、それでもすべての痛みを呑み込んで、前を向こうとしている女たちがかっこいい。

屈しない女たちに比べて、男たちの皆、優しくも頼りないことよ。アメリカ人を演じている英国人俳優二人が楽しい。ひげ面のユアン・マクレガーと、愛しい人のために甘い歌声まで披露してくれたベネ様。ひたいのおしわが素敵だ。どちらもとても情けない男を好演している。

家族という近くて遠い関係を、残酷なまでに生々しく映し出す。可笑しくも、痛烈で、切実。身に染みた。
>|

あなたにおすすめの記事