8月の家族たちの作品情報・感想・評価

8月の家族たち2013年製作の映画)

August: Osage County

上映日:2014年04月18日

製作国:

上映時間:121分

3.4

あらすじ

父の失踪をきっかけに再会する、母と三姉妹。その夫や恋人たち。 驚き、笑い、胸熱くなる極上のエンタテインメント。 8月の真夏日。父親が失踪したと知らされ、オクラホマにある実家へ集まった三姉妹。 真面目すぎて暴走しがちな長女バーバラと、反抗期の娘、実は別居中の夫。 ひとり地元に残り秘密の恋をしている次女アイビー。自由奔放な三女カレンと、その不審な婚約者。彼らを迎えるのは、闘病中だが気が強く、…

父の失踪をきっかけに再会する、母と三姉妹。その夫や恋人たち。 驚き、笑い、胸熱くなる極上のエンタテインメント。 8月の真夏日。父親が失踪したと知らされ、オクラホマにある実家へ集まった三姉妹。 真面目すぎて暴走しがちな長女バーバラと、反抗期の娘、実は別居中の夫。 ひとり地元に残り秘密の恋をしている次女アイビー。自由奔放な三女カレンと、その不審な婚約者。彼らを迎えるのは、闘病中だが気が強く、率直で毒舌家の母バイオレットと、その妹家族。生活も思惑もバラバラな“家族たち”は、つい言わなくてもいい本音をぶつけあい、ありえない“隠しごと”の数々が明るみに―。 なぜ父は消えたのか?家族はひとつになれるのか―?

「8月の家族たち」に投稿された感想・評価

spail

spailの感想・評価

3.0
家族って面倒なんだな。親戚の集まり、血が繋がってるから色々気にして、嫌なところも目立って。他人ならむしろ気にしないようなところで見栄はって。
話の帰結はよく分からない。飛び交う皮肉と罵詈雑言に苦笑いしてたら終わってしまった。
出演陣も豪華で、演技はいずれも良いだけにどうしてこうなった。

Bカンバーバッチは全員を論破して、葬式なんて無駄と言い出しそうな印象なのに今回は全く違う。
母親にバカにされ、構ってくれる父親には謝ってばかり。劣等感と悔しい思いをしてきた過去が伝わってきた。役者ってスゴイな。ピアノのシーンは映画の中で唯一安心して観てられる場面。最後はまさかの事態だけど、彼に幸あれ。
odasu

odasuの感想・評価

2.0
劇中の他人の母親だから黙ってみていたものの、これが実母だったら我慢ならない親離れという名目で母親を捨てるな。一人の言動でみんなが被害被っててかわいそう。
sun

sunの感想・評価

3.3
メリル・ストリープの演技が大袈裟な気もしたが、それが逆に物語のメリハリなっていて、真面目なシーンなのに時々、可笑しくなったり、ついつい、単調な流れながらも観入っていた。あのラストは悪くないと思う。上手くまとまってなくて、そういうのが、人生だと思うから…
家族一人一人が抱える問題が父親の葬儀の日を境に言い争いとなってしまう。

口げんかしているか、みんな我慢しているかで中身が無い感じがしました。

家族愛とか期待していたけどちょっと残念だったなぁ(^_^;)

でもメリル・ストリープは大好き💕
しゃる

しゃるの感想・評価

1.2

このレビューはネタバレを含みます

え?なになに?
結局家族離散して終わり?

自分の境遇とちょっとリンクしてるとこあったから、多少の期待を込めて観たんだけど…

まったくもって救いの無い終わり方。

より落ち込んだわ。。
みと

みとの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ただただ、メリル・ストリープの演技力に圧倒されっぱなし。
誰も救われなさすぎて怖いくらいの終わり方でしたw
かーく

かーくの感想・評価

3.6

結局なんのこっちゃわからんかったけどこのキャストだから満足
メリルはやはり別格
家族の縁って時に残酷
RydiaRich

RydiaRichの感想・評価

3.8
キャストが豪華!家族の中って、周りからは見えないだけでこれくらい色々な問題があるものかも。

ドロドロしてるけど、嫌な感じがあまり残らなかった。

みんな自分の人生があるし、どこかで見切りをつけてやっていくものなのだなあ。

曖昧さの中で生きてる。というようなニュアンスのセリフがあったけど、その通り。

グレーゾーンがたくさんの世界なのは間違いない。
もなみ

もなみの感想・評価

3.5
それを言っちゃおしまいよ、なセリフを害悪のように垂れ流すメリル・ストリープが圧巻。豪華俳優陣による会話劇は見応えたっぷり。
確実に気分が悪くなるという予備知識無しに観てはいけない危険な映画。
人生の醜悪な部分をこれでもかと突きつけてくる。
Jezebel

Jezebelの感想・評価

3.9
大好きなメリル
大好きなアビゲイル
大好きなユアン
大好き俳優の大盛パフェ。
味はビター
>|