8月の家族たちの作品情報・感想・評価

8月の家族たち2013年製作の映画)

August: Osage County

上映日:2014年04月18日

製作国:

上映時間:121分

3.4

あらすじ

父の失踪をきっかけに再会する、母と三姉妹。その夫や恋人たち。 驚き、笑い、胸熱くなる極上のエンタテインメント。 8月の真夏日。父親が失踪したと知らされ、オクラホマにある実家へ集まった三姉妹。 真面目すぎて暴走しがちな長女バーバラと、反抗期の娘、実は別居中の夫。 ひとり地元に残り秘密の恋をしている次女アイビー。自由奔放な三女カレンと、その不審な婚約者。彼らを迎えるのは、闘病中だが気が強く、…

父の失踪をきっかけに再会する、母と三姉妹。その夫や恋人たち。 驚き、笑い、胸熱くなる極上のエンタテインメント。 8月の真夏日。父親が失踪したと知らされ、オクラホマにある実家へ集まった三姉妹。 真面目すぎて暴走しがちな長女バーバラと、反抗期の娘、実は別居中の夫。 ひとり地元に残り秘密の恋をしている次女アイビー。自由奔放な三女カレンと、その不審な婚約者。彼らを迎えるのは、闘病中だが気が強く、率直で毒舌家の母バイオレットと、その妹家族。生活も思惑もバラバラな“家族たち”は、つい言わなくてもいい本音をぶつけあい、ありえない“隠しごと”の数々が明るみに―。 なぜ父は消えたのか?家族はひとつになれるのか―?

「8月の家族たち」に投稿された感想・評価

haruko

harukoの感想・評価

3.0
好きな役者がたくさん出てると思って観たけど...
登場人物が全員と言っていいほど何か重い問題を抱えている。もしくは、倫理に反することをしている人ばかり。
最初から休みなくそれが明らかにされていくから、ついていけない。
たくさんの情報をただ投げつけられてる感じ。
それがラストまで続く。
ラストもよく理解できなかった。

毒親っていう言葉があるけど、時に親子ほど縛り付けられる関係性は他にはないよなぁって観てて思った。
近くに住んでる子が親の面倒をみるっていう肉体的にも、母親からされた酷いことをずーっと覚えてるっていう精神的にも。




お父さん失踪
家族が集まる


からの~?



見てると疲れる
karinto3

karinto3の感想・評価

4.2
夏になると見たくなる映画。
舞台も好きだけれど、このメリル・ストリープとジュリア・ロバーツの親子版は本当にすごい。
メリル・ストリープのキレッキレに振り切った演技に脱帽。
恨み辛み節がもう本当にえぐいの一言で見てて苦しいけど、映画から一瞬も目を背けられない。これがリアルだからだよね。
願わくば、こんな家族になりたくない。
りかこ

りかこの感想・評価

3.7
変に理想の家族像的なメッセージを出さないので、感情のぶつけ合いのリアルさがあって面白かったです。
satchan

satchanの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

二階から階段を下りてきて、ブツブツ悪態ついてる婆さんがメリル・ストリープだと気づいた時、またアカデミー賞?と思ったほど、強烈な登場の仕方でした。今まで黙ってたけど、あたしゃ、全部知ってるよ、お見通しよ、の強すぎる母さんバイオレット。安定剤飲まなきゃ、生きていけないでしょ、張りの悲しい主張を聴き続ける映画。次々と知られざる過去が赤裸々に語られ、どんどん物語に引き込まれてしまいました。この映画では、主演女優賞ノミネートに終わっています。

離婚手続き真っ只中の長女バーバラ役ジュリア・ロバーツも助演女優賞にノミネートされているだけあって、良い演技でした。人生の苦渋を味わいつつある40代女性。思春期の娘を抱え、夫ビル(ユアン・マクレガー)には浮気されている最中、父親が失踪。慌てて実家へ帰ると、母親バイオレットは薬依存症で、次女は従兄弟と恋に落ちていて、三女の婚約者が娘に手を出す…そりゃ『プリティ・ウーマン』も怒鳴るでしょ、と思います。

実家に残り、母親の面倒をみる次女に『アリー・マイ・ラブ』のジュリアンヌ・ニコルソン、自由奔放な恋愛を楽しむ三女に『ギルバート・グレイプ』のジュリエット・ルイスと、それぞれの役のイメージにピッタリ。ジュリア・ロバーツとユアン・マクレガーの娘ジーン役に『リトル・ミス・サンシャイン』『私の中のあなた』などのアビゲイル・ブレスリン。

その他も、キャストは豪華で、次女が恋に落ちる従兄弟リトル・チャールズにベネディクト・カンバーバッチ、カンバーバッチの父親チャールズに『アメリカン・ビューティー』『ボーン』シリーズのクリス・クーパー。ダメ息子とかばう父親の愛が良い感じなんだけど、実は血の繋がりのない他人の子供であるところが皮肉な感じ。バーバラ(メリル・ストリープ)の妹マティ・フェイが義理兄と浮気してできた子だということをチャールズも息子も知らない。この妹役のおばちゃんも、いい感じでした。

みんな、素晴らしかった。それぞれの立場で生きてきた人生を振り返り、こぼす一言。良いと思う道を歩んで来たんだろうけれど、何でこうなってしまうの?といった、人が誰しも経験するような葛藤、焦燥感が詰まった作品でした。それにしても、狭い世界で複雑に絡み合う人間関係。決して、明るい気分になる映画ではないけれど、必死なのは自分だけじゃない、みんな頑張ってるんだ、が分かるから、良かったのかもしれないです。
a

aの感想・評価

3.4
osage nation って言葉を初めて知った。この映画の主人公は豪華キャストの誰でもなくインディアン家政婦のジョナなんだろうな。
80点
347

好きな役者さんたくさん出てて楽しめた。こういうストーリー好き。
ちゃみ

ちゃみの感想・評価

3.5
2年前に舞台をみてあまりの面白さに感動して、映画もずっと観てみたくて気になってた。
舞台でもそうだったけど役者さん、とくに母親の演技がすごい。。言い合いのシーンばかりだけど演技力だけで見入ってしまうしそれぞれの人間関係のこじれた感じがよく伝わってくる。
みんなが何らかのわだかまりを抱えたままで終わるのがリアルでやるせないけど、下手にまるく収まるより全然いい。
may

mayの感想・評価

2.4
メリル・ストリープの演技は流石だけど嫌な気持ちにしかならない映画…
この映画が何を伝えたいのかわからないわたしはまだ人生経験が浅すぎるのか。
『驚き、笑い、胸熱くなる極上のエンタテイメント』って、え、どこが…?
ar1shi

ar1shiの感想・評価

3.2
メリル・ストリープの演技すごい!
ジュリア・ロバーツもすごい!

ほんとにジャケットに書いてある通り
楽しい食卓なるかと思えば
驚きの結末やった\( ¨̮ )笑
>|