8月の家族たちの作品情報・感想・評価

8月の家族たち2013年製作の映画)

August: Osage County

上映日:2014年04月18日

製作国:

上映時間:121分

3.4

あらすじ

父の失踪をきっかけに再会する、母と三姉妹。その夫や恋人たち。 驚き、笑い、胸熱くなる極上のエンタテインメント。 8月の真夏日。父親が失踪したと知らされ、オクラホマにある実家へ集まった三姉妹。 真面目すぎて暴走しがちな長女バーバラと、反抗期の娘、実は別居中の夫。 ひとり地元に残り秘密の恋をしている次女アイビー。自由奔放な三女カレンと、その不審な婚約者。彼らを迎えるのは、闘病中だが気が強く、…

父の失踪をきっかけに再会する、母と三姉妹。その夫や恋人たち。 驚き、笑い、胸熱くなる極上のエンタテインメント。 8月の真夏日。父親が失踪したと知らされ、オクラホマにある実家へ集まった三姉妹。 真面目すぎて暴走しがちな長女バーバラと、反抗期の娘、実は別居中の夫。 ひとり地元に残り秘密の恋をしている次女アイビー。自由奔放な三女カレンと、その不審な婚約者。彼らを迎えるのは、闘病中だが気が強く、率直で毒舌家の母バイオレットと、その妹家族。生活も思惑もバラバラな“家族たち”は、つい言わなくてもいい本音をぶつけあい、ありえない“隠しごと”の数々が明るみに―。 なぜ父は消えたのか?家族はひとつになれるのか―?

「8月の家族たち」に投稿された感想・評価

YooMee

YooMeeの感想・評価

2.5
ギスギスしたジュリア・ロバーツ、老けたジュリエット・ルイスやダーモット・マローニー、メリル・ストリープの過剰な演技にドッと疲労感が…
ほっこりするシーンが欲しかった。
これまたメリルストリープが観たくて鑑賞。
しかし、内容イマイチ( ´Д`)y━・~~
でーも、流石メリル!彼女の演技はやはり素晴らしい。 👏👏👏
面白くなかったから途中で観るの諦めたけどw
GT

GTの感想・評価

3.9
大学の授業の時初鑑賞。懐かしくなったので今日再鑑賞。
父親の死をきっかけに久しぶりに集まる家族。しかしどの家庭も個人も問題を抱えており、集まったことをきっかけとしてそれが大爆発する。
ジャンルになぜかコメディと書かれているが笑えるシーンはほとんどなくギスギスした会話が映画のほとんど全てを埋め尽くす。そのため見た後はメチャクチャ疲れる。しかし家庭の問題同士がぶつかり合い弾ける様はある種の爽快感もあり、見た後の後味の悪さはあんまりない気がする。
鮭

鮭の感想・評価

3.0
暗くて仲良くない家族の暗いできごと
何か自分は幸せに育ったんだなと思った
えりこ

えりこの感想・評価

3.3
うーん、、暗い!
そして誰も幸せにならない!
でも何だか嫌じゃないのは、メリルストリープの作る世界に引き込まれるからなんだと思った。

疎遠でそれほど仲の良くない母娘、姉妹だけども、遠慮なく本気で喧嘩(罵倒?)しあえるのはやっぱり血の関係だからなんやろうな。
これをブラックユーモアとして扱うのはないかな。重く暗い人間ドラマですよ。
メリル・ストリープの演技の振り切れっぷりに、頭が下がります。女の本性を目の当たりにする映画。40才過ぎてから見ましょう。

なにより大人になるとホラー映画を観なくなる理由が分かりました。結局恐ろしいのは人で、その内面を浮き彫りしたものを見れば、ホラー映画を観る必要がないんです。おそらく物足りないほどですね。


ある日父親が失踪して、離れて暮らしていた長女バーバラ(ジュリア・ロバーツ)とその家族が、オクラホマの田舎に戻ってくる。次女は地元に残り両親の面倒をみていた。三女も婚約者と戻ってくる。三姉妹、母親、その妹家族が久々に顔を合わせることになる。

家族それぞれに問題を抱えていますが、長女と母親が本音というか現実をありのままに相手にぶつけてきます。生のぶつかり合いを2時間見せつけられます。『バージニアウルフ』ばりの映画なんです。

以前の自分だったらこんな映画を撮る意味があるのか?なんて思ったでしょうね。
犯罪者ではないが、悪意のある人と一緒にいなければならないって本当に苦痛です。そういう経験を社会に出るとするようになる人もいます。そういう耐性ができてくると、こういう映画を長い、重い、疲れるなどと感じなくなりますね。(苦笑)
みなさんの評価が意外と低評価ですが、私は見て良かったです。
rororo

rororoの感想・評価

4.6
八月に集まった親戚一同
その秘密
そして怒り
そして悲しみ
人生の岐路にさしかかった人々
その決断全てに代償があるのかもしれない
その代償と現実と笑いと喪失感をあなたはきっと忘れることがきない
ぐりこ

ぐりこの感想・評価

3.4
まぁ家族って必ずしも上手くいく
わけではないし、他人なのだなぁと
思わされた映画。。。

終始口論のシーンが多くて
少々疲れます笑

結局皆どうしたいのかしら?
と見ててモヤっとした。
福之助

福之助の感想・評価

3.6
家族の難しさを感じる。
子供も成長すれば1人の大人。いつまでも子供ではないし親の思い通りになるロボットではない。
独立して家を出れば今いる場所が1番落ち着く場所になっていく。

そりが合わない親子っている。兄弟もいとこも…
身内の不幸で集まるとろくな事ない。
がく

がくの感想・評価

3.5
家族って難しいってつくづく思う。
もし、血が繋がってなかったら、どれだけ楽だろうと。

ただ、血が繋がってるから情が湧く。心配もするしイライラもする。
でもほっとけない。

家族とか、血とか、ややこしくて難しい。
>|