秋のソナタの作品情報・感想・評価

秋のソナタ1978年製作の映画)

AUTUMN SONATA

上映日:2012年12月08日

製作国:

上映時間:92分

ジャンル:

3.9

『秋のソナタ』に投稿された感想・評価

日央

日央の感想・評価

3.7

牧師の妻であるエヴァはピアニスト。
愛人と死別したばかりの母シャルロッテを7年ぶりに招待するのだが、、
最初は和やかな雰囲気だったが、シャルロッテのキツイ一言から、母に恨みを一気にぶつける様は、母親…

>>続きを読む
hat0

hat0の感想・評価

-

母であること子であること両方の呪縛
愛憎入り混じるってよく言うけど愛と憎の2つなんかにまとめられるわけなくて、到底ほどけないくらいぐちゃぐちゃで、母も子も一生それにがんじがらめにされて生きていくんだ…

>>続きを読む
あ

あの感想・評価

4.0
気まずい映画は好き。
リヴウルマンの最後の語りが良かった、あとかわいい

『秋のソナタ』(Höstsonaten Autumn Sonata)

「ママは自分を愛さない者を絶対に許さず私に愛を強制した。自分の愛情を口実にして。『あなたとパパとヘレーナを愛してる』そして愛…

>>続きを読む
impre

impreの感想・評価

-
ベルイマンはいつももうひと掘り下げ足りない。石原慎太郎の言うところの「心身性」、身も心もこもった感じがしない。明らかに自分の身体と心を込めて撮っているタルコフスキーとは大きな違いがある。

ロメールの春ソナの次は
ベルイマンの秋ソナ。

親への恨みは、
大小あるものだけど、
これは観てて辛い。

会話劇中はずっと
緊迫感がある。。

結局
人は簡単には変わらないから
2人の距離は
そこ…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

1人で見ていたのだが、イングリッドバーグマンさんの「◯◯◯いいのに」のところで変な声出た

服のカラーリングが秋らしくて目に嬉しい。秋服ほしくなる
shinichiro

shinichiroの感想・評価

4.7

◎ リブ・ウルマンの苦悩に満ちた顔が僕は大好きだ!
あと淡々と手紙を読み上げる風のシーンとか('冬の光'と被る)
眉毛が薄いと自虐的に語る,認める(その通り)ところもお気に入りだ。
迫真の演技シーン…

>>続きを読む
ひじき

ひじきの感想・評価

3.5

娘を顧みず芸術に進んだ母親と母からの愛情を充分に受けられなかった娘
こんな二人の久しぶりの再開が平穏なはずがなく…

ワンシチュエーション、少ない登場人物となると会話劇としてはもってこいの舞台

会…

>>続きを読む
あさひ

あさひの感想・評価

4.8

母と娘の告白はあまりにも不実な描写だと思うけど、でも同時にこんなにも対人関係を誠実に描いた映画もないと思う。
人と人が関わり合うということの緊張感の塊みたいな作品。
ほとんどが会話劇なのに、リヴ・ウ…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事