天才スピヴェットの作品情報・感想・評価 - 382ページ目

天才スピヴェット2013年製作の映画)

The Young and Prodigious T.S. Spivet

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家…

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家族だった―カウボーイのパパ、昆虫博士のママ、アイドルを夢見る姉、そして事故で亡くしてしまった弟。まだ少年のT.S.を目の当たりにし、ざわつく受賞式で彼のスピーチは人々の心を大きく揺さぶるのだった。

「天才スピヴェット」に投稿された感想・評価

スピヴェットの頭の中をたくさん覗かせてもらったけど、3Dを駆使したジュネの魔法によってそれはそれは素敵な映像となってました。可愛すぎ!3Dで観て良かったという気持ちは今まで観た映画のどれよりも大きいな!色彩センスも健在!いろんなシーンで使われてた赤がとても魅力的で印象に残ってる。もともと内容の濃い映画とは思ってなかったからストーリーについては全く不満はないけど、今作にはジュネのブラックさがあまり感じられなかったのはちょっと残念!次に期待!
aipon

aiponの感想・評価

4.2
おもしろかったー!
お話もよかったし、3Dの使い方がかわいい。
定刻

定刻の感想・評価

4.0
少年の可愛さでアメリカ荒野を突き進みます。
そしてヘレナボナムカーターがやっぱり変なおばさん役です。
風景がすっごい好き。アメリカのオハイオやったかな?なーんも無いのに凄く心揺さぶられる。お父さんの部屋の剥製とか、大陸列車がおっきな蛇に見えたりとか、とにかくワクワクする。
「トム・アット・ザ・ファーム」も似たようなもんやのに、撮り方だけでこんな変わるんですねー。

内容自体はそんなに無いけど、あれ位の方がリアリティありそう。
家でコタツとか入りながら観たい。
ぜひぜひ3D鑑賞をおすすめ!考えていることや発明品を3Dにするっていうのも面白いし、飛び出す絵本の中にいるみたい。家族愛と再生、1人でアメリカ大陸横断という冒険とロードムービー、素敵な映像美…たくさんの楽しさがつまってるおもちゃ箱みたいな映画でとても良かった…!弟の死の自責や喪失感といったシリアスさもあるのだけど、独特のユーモアもあってそのバランスのさじ加減がうまいなあって。ファンタジーっぽいのにリアル。中盤すこーし中だるみはあったけど、最後のスピーチや家族の愛をみつけるところはやっぱりグッときた。価値観違ったっていいんだよね。そして秋の山脈といったアメリカの自然をはじめ映像の色彩の美しさといったら!
まめ

まめの感想・評価

2.7
期待しすぎた!薄い!全体的に!詰めきれてない感がハンパない。不完全燃焼。。。
bigboy

bigboyの感想・評価

4.1
ずっと言いたかったんだろうなーと。
じんわりくる感動。居場所を見失い家出をし、それを通じて前に進む。SF色強いのかなと思ったら、ヒューマンドラマ。
もっと道中の冒険を見ていたかった。
Yuk_i

Yuk_iの感想・評価

4.0
3Dで観てきました。3Dで観ないと意味がないとは思いませんが、ドリーミーに映るので良かったです。
主人公のママンがいい感じです。
rose

roseの感想・評価

3.9
2Dで鑑賞。
科学賞の受賞パーティーに出席するべく家出することを決意する主人公。物語が本格的に展開していくのは旅に出る所から。
絵本のページを1枚、1枚めくっていくような映画。
物事をスピヴェットの視点で見ていく所はユニーク。またそれらがイラスト化されているのが映像的に好き。
列車で旅をしていく中で出会う人々、スピヴェットと交流する姿は見ていてこちらはじんわり温かくなる。
列車と共に映し出される景色は綺麗で癒される。
本作のパンフレットはノート風になっていて、中身もとても可愛い。おすすめ。
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.4
暖かい雰囲気のある作品。場面一つ一つがポップに、キュートに描かれており、観て楽しめる映像ばかり。それに拍車をかけてるのが主役を演じた子役。多彩な表情で、物語のキャラクターとして、申し分ない演技。専門的な内容が出るが、気にせず軽くみれるので、難しいこともなくサクッと観れます。ここぞという盛り上がりはそれほどないが、流れは安定しているので、ゆるく観れる作品です。