天才スピヴェットの作品情報・感想・評価

天才スピヴェット2013年製作の映画)

The Young and Prodigious T.S. Spivet

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家…

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家族だった―カウボーイのパパ、昆虫博士のママ、アイドルを夢見る姉、そして事故で亡くしてしまった弟。まだ少年のT.S.を目の当たりにし、ざわつく受賞式で彼のスピーチは人々の心を大きく揺さぶるのだった。

「天才スピヴェット」に投稿された感想・評価

シンゴ

シンゴの感想・評価

3.8
水滴がすばらしいのは
最も抵抗の少ない経路を
たどること

人間は まったくもって
その逆だ
YuSuKe

YuSuKeの感想・評価

3.9
フランス人監督らしい映画という印象。
スピヴェットの子供離れした知識や観点に最初は笑いを誘われることも。

しかし物語が進むにつれてスピヴェットの抱える大きな悩み、求めている答えが見え隠れし始めます。

最後には彼もまた一人の小さな少年なのだと気づかされるでしょう。

知らず知らずのうちに彼を見守ってしまってる自分に驚かされるかも…
ShoheiKuze

ShoheiKuzeの感想・評価

2.0
【参考記録】
5.0最高
4.0好きな映画
3.0良作
2.0凡作
1.0駄作
santasan

santasanの感想・評価

3.8
天才少年のロードムービーという一風変わった展開だけど、心がほんわかとなり家族の暖かさが伝わってくる物語。そして、やはりジャン=ピエール・ジュネ監督らしくワンカットごとに完璧を目指す映像へのこだわりがすごい。
たはら

たはらの感想・評価

3.0
スピヴェットが弟の死に対する罪意識から解放されて、家族の愛を認識し、受け入れる・・・というのが大筋?

スピヴェットは10歳にしてスミソニアン協会に認められるほどの天才だけど、パッキングの時とかの子供っぽさ(がらくたを入れたり、ほんとに必要そうなものに頭が回ってないところ)が可愛かった。

ストーリー展開は穏やかで、特にハラハラするところがあまりないのも私は好きだった。
ただ、そのせいかスピヴェットのその愛を受け入れるまでの成長がぼやけている気もする。
少しだけ結局なんだ??と思ってしまった部分もある。

あとはスミソニアン協会の副理事長をきっと悪者にしたかったんだろうけど、少し悪役としてのスパイス不足。

話としては心温まるお話で好きでした。
あとはフランス映画らしく、色彩や構図がとても素敵でそこがよかった。特にモンタナの牧場の風景や列車で移動中の山など。
みなつ

みなつの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

理解されてない時もかわいそうだったけど認めたら認められたでかわいそうだったからハッピーエンドで良かった
主人公可愛いしナレーションの雰囲気も好き
35

35の感想・評価

-
貨物列車でアメリカ横断とかカッコイイな!

偽物家族めっちゃ笑った
yugyug

yugyugの感想・評価

4.7
相当おもしろい。

10歳の小さくも賢い男の子が、権威ある科学賞の授賞式に出席するため、家族には秘密に、アメリカ大陸横断の旅に出る物語。とにかく、T.S.(天才)スピヴィットくんが可愛すぎる。ピャ----ッ!!! ンキャワイイィッッ!!!!! 大人びた賢さではなくて、愛らしい子供ながらの、自由な好奇心と抜群の行動力が生み出す賢さと、ちょっとしたいたずら心。視点は常に、10歳のT.S.によるもの。見ていて本当にほっこりとした気持ちになる。スピーチで壇上に上がったT.S.のハの字眉毛の困り顔は、悶絶キュートであった。賢い洞察力故の苦悩は、実際に弟を亡くした悲しみを増幅してしまっただろう(とか勝手に想像は膨らむ)。登場人物も、全ての人物がどこかヒト癖あって、そんな色んな人たちとの出会いがまた、この旅の物語をうまく際立たせてくれる。度々、映像に子どもの空想の様に浮かび上がるイラスト(T.S.作)も紙芝居の様で絶妙にギュンギュンと心をくすぐりながら……。カメラワークも素晴らしかったし、弟のレイトンと対比的に描かれるT.S.とか、家族との深い愛情とか。うん、もう、全部いい。

笑えるし泣けるし、
とんでも感動的な作品だった。
うに

うにの感想・評価

-
3Dのいいところがふんだんに散りばめられていた。魔法みたいな映画だった。
色彩、美術、演出が作り上げる世界観が好き。ちょこちょこ笑えて、ちゃんと良い話にまとまっている。もう一回観る予定
>|