天才スピヴェットの作品情報・感想・評価

天才スピヴェット2013年製作の映画)

The Young and Prodigious T.S. Spivet

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家…

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家族だった―カウボーイのパパ、昆虫博士のママ、アイドルを夢見る姉、そして事故で亡くしてしまった弟。まだ少年のT.S.を目の当たりにし、ざわつく受賞式で彼のスピーチは人々の心を大きく揺さぶるのだった。

「天才スピヴェット」に投稿された感想・評価

かわこ

かわこの感想・評価

3.8
才能があってキュートなTS
だけど人間味のある弟の方が愛されやすい
そこに嫉妬するわけでもなくみんなの大切な弟を自分のせいで、、
TSの心を思うと苦しすぎる

終わり方がとてもよかった
ayaka

ayakaの感想・評価

3.8
何年か前に鑑賞。
『アメリ』で有名なジャン=ピエール・ジュネが、小説を実写化したということで当時、かなり楽しみにして観た!
ジュネ監督さすが、映像の美しさ、世界観、相変わらず居る変わり者!ビジュアルほんと好きです。
ですが、ハードル上げすぎて観た事が原因なのか、物足りなさを感じました😅

スピヴェット一家は変わり者ばかりで、カーウボーイな父親と 、昆虫博士(ヘレナボトムカーター最高でした)な母親と女優志望の姉がいる。そして、双子の弟がいたが、事故で亡くしていてその罪の意識にとらわれているというのが天才スピヴェット少年。

映画においての変わり者一家って魅力半端ないですよね。リトルミスサンシャインのファミリー大好きだなあ…脱線

映画の公式として、天才×変わり者という時点で個人的には嬉しい設定。

でも一回みたら充分
pocoron

pocoronの感想・評価

4.5
ひとりの天才くんを軸に、家族って何?を語ってると思います。

ロードムービーの要素もあり、冒険のようなどきどきと同居する孤独感がとてもバランスよく、心地よかったです。
そっと懐に入り込んでくる感じです。

アメリカの田舎の草原や、家の中、青空と流れる雲といった、とても美しい色彩にあふれています。

オススメです!
まる

まるの感想・評価

4.0
2回目見てしまいました。でも面白かった!
子供のころは、親の愛情が分からなくなったりして、悩むことあるなーと共感して、でもお互いの愛情深さにすごい泣いてしまいました。
同時に、アメリカの銃問題もあって、考えさせられました。
あんな大冒険をする勇気と周りのひとの優しさにも感動します!
sugar

sugarの感想・評価

4.4
独特でクスッと笑える素敵なセリフやシーンが沢山散りばめられている。
個性豊かな一家の、不器用で愛しい家族の在り方に涙が溢れました。
うーむ なんだろう、大人って汚いね。ね。

TSバチクソにかわいかったなぁー
なんて健気なんや…(;_;)
賢さと垣間見える幼さがなんともたまらぬ…

ちょいちょい秀逸で大好き笑

何よりも描写が美しい!音楽も素晴らしかった!

どの良作映画もそうかもしんないけど、
観終わった後のこのホッコリする感じ、
やっぱ観ないと実感しないね。

天才スピヴェット、傑作傑作ぅ〜〜〜!!!
とてもステキな世界観のあるお話だと思いました。通しての大きな筋としては家族愛があり、ただ冒険するのではなく幼いながらに自身の想いを持った主人公が演説の際に述べた言葉に悲しみや切なさだけでなく、強さを感じました。普段はあまり家族らしい暮らしを共にしているとは言えないが、それぞれが心では互いを想いやる姿が美しかったです。

また、劇中の自然をはじめとした、画がとてもきれいでした。
みき

みきの感想・評価

4.1
可愛い。頭が良すぎて子供らしく甘えられない。序盤から抱きしめてあげたくなる。ラストシーン良かった。
飛び出す絵本
動き出す図解

流れる車窓
広がる風景

出会う人々
進む天才

止まった世界
追いかけ息子
抱きしめ🤠かぶって
深まる家族

壊れるトースター
始まる今が

家族のシーソー
永久運動
ぎっこんばっこん
みんなで乗ろう

😁

この家族のシーソーに
空いた席はもうない気がする
ずっとずっと家族みんなで
パパもママもグレーシーも
T.S.もレイトンもタピオカも
バラバラに見えてナイスバランス♬

お父さんはどんなときも
カウボーイ流に家族を繋ぐ投げ縄を
小さくても大きくても投げ続けてた
"ひとつだぜ俺たち家族"

お母さんはどんなときも
昆虫博士流に家族の軌跡を
そのまま標本のように記し続けてた
"ひとつよ私たち家族"

観ていても
聴いていても
大好きな映画でした

過去に戻れる列車があるなら
今すぐ飛び乗って
3D上映を観に行きたい(*´꒳`*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下、余談のつもりだったんですけど
ネタバレ含むかもしれません
思い返せばアレもソレも!?
と感じたこと書いてます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕もT.S.のように
水滴をじっと見つめてた頃があります

でも彼のように経路を考えたことない。

ひとつの水滴が
ほかの水滴とくっついて
また別の水滴の方に流れてくっついて

ていうのを見るのが好きでした。

だからこの家族が
僕がじっと見つめてた
水滴のように

流れてくっついて大きくなって
ひとつの水滴になっていく雰囲気

それが好きなのかもしれない。

そういえば映画の冒頭で
アメリカ大陸の分水界で洗礼してた!!
レイトンが水をまいてた!!
あの水滴が川となり海となる

T.S.が作った模型の川の流れ
流れを変えれば枯れた川でもまた流れると!

T.S.を追いかける警官
追い詰めたのは川の上
飛び移るT.S. 応援する警官

雨の中の朝食お父さん
新しい朝、雨の雫

"水" がキーワードの作品なのかもしれない

T 天
S 才
スピヴェット君!!
僕の考察は合ってますか?笑
kohey

koheyの感想・評価

2.0
家族の愛情をうまく感じれない憂いの少年。内容は可不可ナシのほっこりムービー。「水滴が素晴らしいのは、より抵抗の少ない経路を辿ること。人間はその逆」って言い回し好物。PS:成程、アメリの監督と知って納得
>|