天才スピヴェットの作品情報・感想・評価

「天才スピヴェット」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

10歳の科学者
T・S・スピヴェット
彼は 弟が死んだことを
自分のせいだと責めている



僕があの日
弟と一緒にいたのに

僕が代わりに
いなくなればよかった

父の隣に座るのは
僕じゃなく弟だ




弟のことを
誰ひとり話さない家族。
外から見れば
なんの問題もなさそうな
のどかな田舎の家族に見えるけど

T・Sは
ずっと居場所のなさを感じ
それを
どうすることもできないでいる





…もう、この家族がスゴい。
見事なまでに、全員バラバラ
父と母は、それぞれ自分の道まっしぐらだし 姉だってそう。


しかも家は牧場
お隣さんなんかないし
遊び相手はいつも弟だった



学校への行き帰りはバスで
寄り道するわけでもなく
先生にもほとんど理解してもらえない



10歳の子ども
好きな科学に没頭し
大人びるしかねぇじゃねーか。という
この状況。





ある日、一本の電話が。
スミソニアンから
ベアード賞受賞の知らせ

彼の発明が 認められた




一度は
受賞スピーチを断ったものの

スミソニアンこそ
僕の居場所と感じた彼は
旅立つ。


自分よりも大きなトランクに
荷物をつめて。



アメリカ西部モンタナから
ワシントン.D.Cまでの大陸横断は
1日3回しか通らない貨物列車を止めて
飛び乗ることから始まった




出がけに持ち出した
母の日記
ぎっしり詰まった
写真と絵と言葉は 母の愛

だけどあの日以来
言葉少なになっていく



ページをめくるのは
自分の道を生きようと踏み出した子ども でもなく
居場所を求める放浪者でもない

ただの
ホームシックの10歳。





途中、怪我もし、助けられ
たどり着いたスミソニアン

驚きと共に
歓迎されるスピヴェット
取材攻勢が始まり
そこへこっそり招待されていた母



何食わぬ顔で母は言う
「あなたは悪くない
 誰のせいでもないの」


そして
もちろんカウボーイ姿(?)で現れた
父の背中に乗って帰る




弟が死んだのは
僕のせいじゃない
僕は
愛されていないわけじゃない




そう
子どもの想像力が
先走り過ぎたとも言える
微笑ましく壮大な勘違いw



…大陸横断までしないと
分からなかったんかい!
という感じですが(笑)





だから、面白いんですよね。
一番小さなコミュニティ、家族。

壮大なる家出
壮大なる勘違い。

冒険して
初めて気づくもの。
にーの

にーのの感想・評価

3.9
どんなに天才でも子どもに変わりはなく、感情は不器用。映像の美しさ、見せ方は絵本のようで幻想的。
たつや

たつやの感想・評価

3.3
天才スピヴェット。
複雑な家庭環境、田舎の牧場で暮らすスピヴェット。
二卵性双子の弟を事故で亡くしたばかり。
そんなスピヴェットは発明が好きで、スミソニアン協会に発明の設計図を送ったところ最優秀賞受賞する。
親に黙ってスミソニアン協会に向かうスピヴェット。
色んな事に遭遇するが何とかスミソニアン協会にたどり着く。

(;>_<;)んー、惜しいな~。
もっと面白く出来たはずなのに。スミソニアンに行くまでのエピソードとか、授賞式のあとでもう一波乱あっても良かったのに、無し‼️😓

家族愛を全面に打ち出す訳でもなく、普通に終わる。
残念。😖💦
とてもハートウォーミングで良い映画だった。
主役の男の子が可愛くて賢くてハグしたくなる。

監督はアメリのジャンピエールジュネ。

クスッとくる笑いのセンスや、映像の美しさは健在

ホームレスの男性と、トラック野郎が良い人。
お巡りさんも何気にいい人 笑

若き天才科学者を潰すんじゃねーぞ大人たち!と思う。
ラストシーンも好き。
ニノ

ニノの感想・評価

4.0
とにかく可愛い
髪型も目もそばかすもどストライク

スーツケースの中が子供の持ち物とは思えない、大人っぽくてクラシカルで
でも最後にテディベアもちゃんと忘れないのが可愛い
かるーく見れる。
数学とか物理好きだとわくわくするかな!
家族の話。

"永遠の愛を求めて、
少年は家族のもとを去った。"


パッケージとタイトルのせいで見る気が少しなくなる。

訳した人は商業的に一番ちょうどいい訳にしたと思う。T.Sは天才の略みたいだし。でも、もっとつけるべきタイトルはあるんじゃないかなぁと思いつつ、ジャンピエールジュネはいつも主人公の名前をタイトルに持ってくるなぁとか。


「水滴が美しいのは、最も抵抗のない動きを選択するから。人間はその逆だ。」
ってすてきな言葉だなって思った。
とてもよかったどす
むかつくやつをパパとママが最後グーパンチとビンタで殴る
かわいい子どもに愛を
映画でそれが見れたらいい
kaori

kaoriの感想・評価

3.6
アメリの監督!すごいほっこりした。映像がやたら綺麗だな〜って思ってたら、なるほど。景色、日常に愛が溢れている監督でした。納得。家族で観たい映画だねえ。
粕屋

粕屋の感想・評価

5.0
最高な映画だった…

どうも本当に良いと思った映画はあまり語らず終わらせてしまうことが多い。いかんいかん追記。
まず当然のように動物や置物がイイ声で喋る。そうそう、アメリのそういう演出が好きだった、とどうしても比較しながら見てしまう。個人的にはアメリより今作の方が好きだ。性を感じさせるラブコメより、少年のロードムービーの方が良い。性的な話を胸を張って好きと言うのは気後れしてしまうのだ。セブンティーンなので…
主人公が天才なのも良い。天才属性最高。時々出る知識や世界の見方がちゃんと天才染みてて(?)良かった。周囲の人間もみんな自分の世界を持ってる感じが良いなーと思った。
>|