天才スピヴェットのネタバレレビュー・内容・結末

天才スピヴェット2013年製作の映画)

The Young and Prodigious T.S. Spivet

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家…

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家族だった―カウボーイのパパ、昆虫博士のママ、アイドルを夢見る姉、そして事故で亡くしてしまった弟。まだ少年のT.S.を目の当たりにし、ざわつく受賞式で彼のスピーチは人々の心を大きく揺さぶるのだった。

「天才スピヴェット」に投稿されたネタバレ・内容・結末

独特な演出が印象的でした。

貨物列車でアメリカ大陸横断するなんて楽しそう!
途中で警備員に見つかりそうな時に、キャンピングカーの中のパネルに紛れているT.Sが可愛かったです笑
良い映画だった。
事故で亡くした弟を、自分のせいだと思い込む幼い少年の心中は計り知れない。家族愛。
主人公の男の子のかわいさにひたすら和む
主人公の男の子はホームアローン的なかわいさあるし、演技もなんとなくホームアローンっぽい、頭のいい子どもが1人でアドベンチャーっていう展開とか家族にあんまり認められてないけど最後はやっぱり家族愛みたいなとこもホームアローンっぽい
旅の途中で出てくるおじさん2人とのやりとりも和む
あと大自然の映像も美しくてグッド
デートムービーにもぴったりという評価もあったけど、最初から最後まで無駄な心配なく観れるしエンドロールまでオシャレな雰囲気あるし、たしかにその通り

ちなみに主人公を務めた男の子は6か国語を操ったり武道の世界選手権3連覇だったり実際も天才らしい…
家を出る事になったすべての動機が男の子が抱える孤独で、それを癒すのは賞でも名誉でもなくてやっぱり家族だったっていうのがよかった。クライマックスでお母さんの言った「あなたは何も悪くない。悪い事はすべて、ただ起こっただけ。」という言葉で初めて主人公が涙を流していて、ただただ愛おしかった。
映画ってわりと観たそばから忘れていくものも多いし、ましてBGMなんて映画館出た瞬間に頭から吹っ飛ぶことがほとんどだけど、この映画のメインテーマがとっっっても好きで今でも口ずさめて、この音楽がまた聴きたくなったので観た。こういう映画も珍しい。

生まれるのが100年遅かったカウボーイ気性のお父さん、虫を愛するお母さん、アイドルになりたいお姉さん、自分とは正反対で、死んでしまった双子の弟、アメリカを西から東へ横断するロードムービーなんだけど、愛がない空っぽな家族だと思いつつ家出してきた割に家族の愛は思いもかけず深かった。

いつも弟にぐちぐち言ってる姉ちゃんが、その弟がいざテレビに出たとき「わたしの弟が映ってるの!8歳まで靴紐も結べなかったのに!」って感極まって友達に電話してるのを見て泣いてしまった。そして甲虫学者のお母さん(ヘレナ・ボナム=カーター)の異様な存在感。お父さんもナイス。いい家族。
しかし、スピヴェット少年は両親を見てなんでこのふたりは結婚したんだ…と常々疑問を抱いているが側から見たら愛しかないけどなこのふたり… 夢にあふれた映像、キャラ立ちすぎの家族たち、やたら親切な道中の人たち、ほんの少し生活を豊かにするスピヴェット少年のささやかでも偉大な科学。

スピヴェット少年の科学はほんの少し生活を豊かにすることだけに使われてるのがとてもいい。そしてスピヴェット少年の頭の良さは、世界をほんの少しだけすてきに見せている。欲張らない、生活に根ざした、血が通ったあたたかな科学。
家族を取り戻すお話。
TSが目的地に行くまでの風景がもの凄く綺麗で好きです。

弟と空想で話してるのも、川を見て鳥と同じ事しようとするTSもすごく可愛かったです。

でも、スピーチのTSは凄く引き込みながら、切なさを感じました。
理解されてない時もかわいそうだったけど認めたら認められたでかわいそうだったからハッピーエンドで良かった
主人公可愛いしナレーションの雰囲気も好き
弟の事故から家族の時が止まった。
力強く、そしてもの悲しくも澄んだ眼差しの少年が、
その事故は自分のせいだという罪悪感と、
本当は弟が僕の代わりにここに入ればいいんだ、僕は必要とされていないという孤独を振り切るかのように、スミソニアンに向かう前半は、
たくましくも切ないものでした。

最後、
やはり母親の偉大な愛情があり、
思い違いであった記憶が修正され、家族の深い愛情に包まれていた事がわかり、
少年の行動をキッカケに家族の時がまた動き出したエンディングは、とてもほんのりとした気持ちになりました。
かわいいし好きな部類
ただ途中の登場人物が匂わすわりに呆気なかったなとか、最後の突然の家族愛に置いていかれたような気持ち
ポップで鮮やかな挿絵を入れてくるところがおフランスの映像らしさだなって思った。
印象に残ったのは「愚かな人の定義とは自分の知能を超えたものは冗談にしてしまう人」って台詞と雀と松の木の話。
最後の殴るシーンはスカッとした!
私にも松の木が見つかるといいな。
>|