天才スピヴェットのネタバレレビュー・内容・結末

天才スピヴェット2013年製作の映画)

The Young and Prodigious T.S. Spivet

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家…

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家族だった―カウボーイのパパ、昆虫博士のママ、アイドルを夢見る姉、そして事故で亡くしてしまった弟。まだ少年のT.S.を目の当たりにし、ざわつく受賞式で彼のスピーチは人々の心を大きく揺さぶるのだった。

「天才スピヴェット」に投稿されたネタバレ・内容・結末

小さい頃って気づけないことが多いけど、親だっていろいろな想いを持ってるし色んなことを悩んで生きてるんだよな、、って思える映画でした。
逆に、いくら天才でも10歳の少年だって親が自分を愛してくれているのかを 態度や言動から推測してしまうことだってあるって思わせてくれました!
映像が面白かった。途中出てくる脇役達が面白かった!ホットドッグ屋のおばさん、いい人〜。天才君と家族、一見相性が良くないように見えるけど、実はバランスが取れてるのかなと感じる最後だった。
そばにいてくれるだけでいい。それが家族の在り方なのかなと思った。

子供→大人の境目は何なのか考えてしまった。大人になると作り笑いをしたり、名誉や評判を気にしたり、どれも社会には必要なことかもしれないけど、子供の頃の純粋さを忘れてはいけないなと思った。

1人1人のキャラが濃すぎる。でもそれがこの作品にはちょうど良い。笑える要素が多く楽しい作品でもあった。
旅してるシーンはずーっと胸が苦しかった
コミカルな天才少年の冒険みたいにあらすじに書いてあるけど全然そんな感じはしなくて
天才ゆえの孤独と言っちゃえばそうなのかもしれないけど、家族の中での疎外感、罪悪感、見捨てられ感、そういう苦しさがずっと付いて回った
だから唐突に家族仲良く大団円は違和感がすごくて、それまでの苦しい悲しい気持ちはこんなことで丸く収まるの?って感じ
主人公目線で言えば子供だからこそ単純なことで落ち込んだり気分が上がったりするっていうことならこれでいいのかもしれない

映画の中の演出やポップでカラフルなのはとても好みで良かった
あー好きだなと思った映画。
好きなポイント
・鮮やかな色彩
・自然豊かで長閑な西部田舎の田園風景
・全体的にレトロな小物
・個性豊かな家族
・貨物列車とヒッチハイクでの旅(貨物列車から見える風景がまた良い)
・旅の途中に出会う人々
・音楽

怪我をしてからのシーンが痛々しくて見ているのが結構キツかった。
お母さんがレイトンの死に対して向き合い、またスピヴェットを見てくれるようになって良かった。
お父さんも時代遅れでぶっきらぼうな人だけど、スピヴェットの事をちゃんと愛してるんだなというのが伝わってきた。
ご都合展開な部分は多少あれど、きれいなまとまり方で良かった。
随所に出てくるスピヴェットの観察や貨物列車で語られた童話に対する返しが好き。
凡庸さは"心のカビ"。
かわいい中でもスーツが似合ってインテリ系の外見をもつ子をよく選んだという素晴らしさ。大人っぽくて頭がいいギャップのなかで子どもらしさもある。
よくある家族のわだかまりのようなものを解決する能力。はじめてのおつかいのように優しくしっかり見守る親のすばらしさ。
天才の男の子の話だけではなくうまく家族というものが表現されている
素晴らしい。新年初のアタリ。

旅をする魅力に改めて気づかされる作品だった。
貨物列車からの田舎から都会までの景色の移り変わりが映像的魅力がある。そこで出会う人々とスペヴェットとのやりとり。

独特な物語運びも個性を感じて良い。

自然な家族の物語への発展も高評価。
10歳の天才少年が賞を受賞しワシントンD.C.まで1人で行く。最後に家族の元へ帰る。

朝方に出発して列車に揺られる冒険の旅、すごく好きな話。

一人称のモノローグが中心
独特な演出が印象的でした。

貨物列車でアメリカ大陸横断するなんて楽しそう!
途中で警備員に見つかりそうな時に、キャンピングカーの中のパネルに紛れているT.Sが可愛かったです笑
良い映画だった。
事故で亡くした弟を、自分のせいだと思い込む幼い少年の心中は計り知れない。家族愛。
>|