007/私を愛したスパイの作品情報・感想・評価

「007/私を愛したスパイ」に投稿された感想・評価

本作の主題歌は昔から好きだけど、それ以外は良くなかった。

中学の時の記録としてロジャームーア版ではオクトパシーが一番かな。。。
やーせ

やーせの感想・評価

3.8
ムーア版ボンドの三作目

アルプス行ったら、カイロに行っちゃう何かと忙しそうなロジャー・ムーアが戦艦ポチョムキンを探す話。
少なくとも今のところ見たムーア版ボンドの中では一番良かったです。
多分ユア・アイズ・オンリーよりは良かった。
良かった所
キャラクターはジョーズっていう、悪役が良かったです。
でかくて強いんだけど、少しドシで愛嬌があったなって思う。
悪かった点
ラストが少し急だなって感じた。
あとボンドガールの演技が結構腑に落ちなかった。
あとボンドガールはロシア人なのに英語喋っていたのには少し違和感感じた。
でも別に見て良かったし、一番いいムーア映画が観れたなって感じ。
相変わらずサメプールが出るんですが、今作は二重の意味でジョーズに食われちゃっているんですよね。UFOキャッチャーからのサメ踊り食いは絵面の破壊力が尋常じゃないです。
ロシアのスパイ、トリプルXが名前や衣装含めただのやべーやつなんですが、彼女を演じているバーバラ・バックってリンゴ・スターの奥さんなんですねぇー。単なるアホかと思いましたが、もうバカに出来ないです。
いつものようにガジェットが多様です。サイドカー型爆弾もだいぶアレですが、水陸両用ボンド・カー(対空ロケット付き)がクール過ぎますね。
冒頭のスキーからのスカイダイブはいつ観てもしびれます。007を象徴するシーンの一つだと思います。でもユニオンジャックのパラシュートはスパイ失格では…?たまには忍びの心を思い出して欲しい。核ミサイルの相打ちで問題が解決されたかに見えますが、結局核爆発が起きている(しかも二ヶ所で)ので、世界は救われていない気がしますが気のせいですね。全編に渡ってギャグも冴えまくりで、声をあげて笑うところが沢山ある、大変良いコメディ映画です。
odo

odoの感想・評価

4.0
ロジャー・ムーア出演作の中では、シリーズ中これが一番よかった。ジョークも冴えてるし、スケコマシ度も高い。ロータス・エスプリは海に潜るわ、大男のジョーズはサメに噛みついちゃうわで、見所満載。
今までの過去作10本の中じゃ最大スケールではあるけれど、派手なだけで話の印象は薄め。
でも例の銀歯の敵キャラは処理の仕方含めて良かった。
ぽいど

ぽいどの感想・評価

4.6
多分ムーアボンドの中では人気のある作品なのかな? かなり綺麗にまとまってて面白かった。敵国スパイであるボンドガールとの危険な駆け引きや反則技としか思えない万能なボンドカーなどなど…リアリティをこれでもかと度外視した漫画っぽい演出が魅力的だった。後発する007映画や他のスパイ映画がこの映画をもとにしているのが伝わってきた。ってか潜水艦が舞台になる映画ってハズレがないですよね??
morishi

morishiの感想・評価

3.5
よかったガジェット
・オープニングのイギリス国旗が描かれているパラシュート
・ボンドカー ロータスが水中に潜るシーン
・腕時計から出てくるテープのメッセージ

ロシアヒロインのスパイ、ジョーズのしつこさがよかったなー
諸々詰め込んでる感じ。

@三日月座
桜花

桜花の感想・評価

-
エジプトのシーンではアラビアのロレンスへのオマージュが多数。テーマソングをほぼパクったようなBGMも。メタルギア・ソリッド3のタバコ型麻酔ガス銃の元ネタは多分コレ。
hiroki

hirokiの感想・評価

-
シリーズ10作目にしてセルフパロディと化して緊張感のカケラもないがエジプトやサルディーニャを旅行してる新婚さんの珍道中を見ている気分にはなる。海底都市の発展のために現代文明を絶滅しようとする悪役クルト・ユルゲンスは眼下の敵からのキャスティングだろうがこのメガロマニアックな老人についていく何百人の部下戦闘員ってのは何なんだろうか。キャロライン・マンローの爆死が勿体ない
TBN

TBNの感想・評価

3.4
ボンドガールが今まで見た中でベスト3に入るくらいの美しかったです!

アクションが多めだったのと、撮影方法が進化してきたことで迫力がありました
>|