007/ロシアより愛をこめての作品情報・感想・評価

007/ロシアより愛をこめて1963年製作の映画)

FROM RUSSIA WITH LOVE

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.6

「007/ロシアより愛をこめて」に投稿された感想・評価

前作よりツッコミどころ満載だけどアクションは増えてて良かった
この辺から敵の早く撃て問題が出てくる😅
ikedae

ikedaeの感想・評価

4.3
面白かった。
前作ドクター・ノオが脳天気な作品だったのに対し、本作はサスペンスあふれるスパイ物でとても良かった。
ヒロインが、ボンドを裏切るか裏切らないかよくわからないロシア娘。MとかQとかスペクターとかいろいろ登場。
寅さん

寅さんの感想・評価

3.0
訓練場は事故が多そうな作りで結構雑!

ローラそっくり、最後の方ボートで逃げてる時に風を見るため指を咥え、人差し指を宙に立てる時が激似なのでローラ好きにオススメ!

女の決闘がアマゾネス!
babylon

babylonの感想・評価

3.2
会って即女性と寝られるボンドさん。スペクターのボスの黒幕感とかテレビ映画のノリですね。Qの人こんな昔からあんま変わってない。エヴァンゲリオンで聞いたあの曲、この作品が元だったという発見も嬉しかった。”Takes The Lektor”、覚えておきます。
そーだ

そーだの感想・評価

3.9
〇〇より愛を込めてって今でもよくオマージュされますよね。ってわけで最近それが目についたので見ました
個人的に007の醍醐味って、Qの訳わかんない秘密兵器がここぞという時に活躍するところなんですけど、それが見れたので満足です。あの予備の弾薬は気になるけど
007シリーズはTVで見たりしてはいるけたど途中からだったり、タイトルを知らぬまま見てたりがほとんどなので

改めて観ていこうということで最近多めに鑑賞

この作品は
列車内の格闘、ロシア女とのラブロマンス、敵組織幹部とナイフソックス毒付き

が印象に残った

あと最後のベッドイン(ではないが)しつつフレームアウト時のボンドのしなやかな手の動き

シナリオはなかなか面白かった
アクションは時々かなりノタノタした感じが出ていたシーンがあったけど、年代かな
007シリーズの中でもトップクラスの面白さ!他の初期の作品に比べると馬鹿馬鹿しさは欠けるものの、印象に残るキャラクターたちや、この時代の映画とは思えないほどのスピーディーな展開とアクションは他に類を見ない。

アクションシーンの連続ながら、電車での敵とのやり取りなどの緩急ある展開のおかげでどんどん引き込まれていく。イギリスとソ連とスペクターという3つの組織の思惑が交錯する展開も非常に良くできている。そんなてんこ盛りの内容を2時間以内に綺麗にまとめ上げているのもまた素晴らしい。

キャラクターもまたすごく良い。敵キャラのグラントやローザなども非常に魅力的だが、何より今回のボンドガールであるタチアナが可愛すぎる。今のご時世から見れば女性蔑視的なキャラと言わざるを得ない気もするが、それでも彼女が魅力的なことには違いない。彼女が歴代のボンドガールの中でもダントツで人気なのも頷ける。

まだ007シリーズを全て観たわけではないが、間違いなくトップ3に入る面白さだ。『ゴールドフィンガー』とよく比べられるが、個人的には『ロシアより愛を込めて』の方が断然好き。確かに007のスタイルを確立したのは『ゴールドフィンガー』かもしれないが、007を歴史に残る映画シリーズにしたのは間違いなくこの作品だろう。
かみ

かみの感想・評価

3.4
007シリーズ2作目。
相変わらずボンドは女に弱い。
1作目からかなりスケールも上がり列車など派手なシーンが増えてた。
前作より派手になっていて、場面が変わることが多く楽しめる部分が沢山ありますね。
極上の娯楽作に仕上がっています。
ちょっと長いかなぁっと途中で思うけど、ラスト良かった。
chnhmn

chnhmnの感想・評価

4.0
シリーズ第2作目
一作目とは打って変わってシリアス路線!まだまだこのシリーズ見始めたばかりだけどこっちの方がずっと面白い。
>|