サイレント・ウォーの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

サイレント・ウォー2012年製作の映画)

The Silent War

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:120分

3.4

あらすじ

中国共産党と国民党が争っていた頃、国民党は内戦に敗れ台湾へ逃れたものの、その残党はまだ深く暗躍していた。共産党は敵の動向を監視するために“701部隊”を秘密裏に設立し国民党の無線通信を傍受し解析を続けていた。しかしある日突然通信が途絶えてしまう。部隊の責任者である郭興中=通称、老鬼(ワン・シュエピン)は、新たな通信を探り出すため、聴覚に優れた人材を集めようと、コードネーム200号の諜報員、張学寧…

中国共産党と国民党が争っていた頃、国民党は内戦に敗れ台湾へ逃れたものの、その残党はまだ深く暗躍していた。共産党は敵の動向を監視するために“701部隊”を秘密裏に設立し国民党の無線通信を傍受し解析を続けていた。しかしある日突然通信が途絶えてしまう。部隊の責任者である郭興中=通称、老鬼(ワン・シュエピン)は、新たな通信を探り出すため、聴覚に優れた人材を集めようと、コードネーム200号の諜報員、張学寧 (ジョウ・シュン)に密命を与え、優れた能力を持つピアノ調律師の羅耳三(パル・シン)を捜させる。命令を受けて上海に向かった張は彼を捜し出すが、彼女はそこで助手である盲人の調律師・何兵(トニー・レオン)と出会う。彼は異常なまでに聴力が発達しており、それを見抜いた張は何兵を連れ部隊へと戻る。彼女は彼にモールス信号や通信技術を教え込み、やがて何兵は厳しい試験を経てみごと国民党の通信を発見する事に成功し、部隊の重要メンバーとなる。一方、張はコードネーム“重慶”と呼ばれている国民党の大物スパイを誘き出そうと罠を張るが、やがて抗争は混迷を極めていく。

「サイレント・ウォー」に投稿された感想・評価

GUMI

GUMIの感想・評価

3.3
インファナル·アフェア、傷だらけの男たちに携わったアラン·マック監督ということで…観終わってから知りましたがそう言われるとそんな質感だったような。

中国の共産党VS国民党のスパイ対決。
主演のトニたんは盲目でピアノの調律師をしていた。
が、ひょんなきっかけでその聴力を買われ共産党側の暗号解読部隊に入って大活躍するが···というようなお話。

盲目ながらジョークも飛ばすトニたんは思ったよりすごくチャーミング。それとお母さんのキャラには笑った。

部隊の女性とも上手くやっていて何だか前半はほっこりしてしまうけど、後半からこの部隊の任務やモールス信号ひとつひとつの重みをトニたん含め、観る側も思い知る。サイレント·ウォーってそういうことか、と。
終盤の共産党側と国民党側のコントラストは切ないけどスタイリッシュで魅入った。

総じて「大作」って感じではないけど、久々にトニたんらしい役だったな〜と思います。


あ、ポン菓子って中国にもあるんですね。
どこが発祥なんやろ…ググって来よ。
OASIS

OASISの感想・評価

3.0
共産党と国民党の衝突で内戦状態となった中国で、盲目の暗号解読のスペシャリストとスパイの攻防を描く映画。

トニー・レオン主演のサスペンス。
聴覚の発達した盲目の調律師という役柄を、目を閉じてニッコリと微笑む笑顔とやや刈り上げ過ぎな独特のヘアースタイルで演じるトニーから艶やかな色気が滲み出ている。
冒頭の点字風なクレジット演出や、街中を音だけを頼りに移動する主人公と追っ手のチェイスなどはビジュアル面で面白い。

スカウトされ、試験を受けさせられてモールス信号を見分ける技術を叩き込まれる主人公と、それに付き添う女諜報員とのロマンスが挟まれて、徐々に大物スパイである「重慶」なる存在が明らかになっていく。
「名探偵ゴッド・アイ」のアンディ・ラウよろしく爆食ぶりを見せ、数ある通信の中から怪しいものを探していくのだが、聴覚を利用しているというよりも頭が良い人が推理してるだけじゃないか?という演出に見えて盲目という設定が上手く機能していない印象を受けた。

「サイレント・ウォー」の名に相応しく、防音部屋に閉じこもって一歩も外へ出ない主人公と、「重慶」の正体に気付いた人物が辿る末路等それはそれは静かに事が進行する。
前半と比べ後半30分辺りからの追い上げが中々のもので、演説シーンが重なるクライマックスは、クラシックが流れる中大量の人が死んでいく様を徹底的に静かに描くという変わった作りでした。

一時だけ主人公の目が見える様になる瞬間があって、そこでの「思っていたよりも美しい」と言葉を口にするトニーの笑顔が映画の中で一番格好良いシーンだと思いました。あんな事言われたら女子は大洪水でしょうな...。

ドンパチが全く無い密室の中のスパイ映画ですが、こんな地味な題材で良くここまでサスペンス要素を膨らませれたなと感心する映画でした。
夕芸实

夕芸实の感想・評価

3.5
私が中国にいるときに見た映画!すごく臨場感があって、予想をひっくり返されるようなストーリーでとても面白いと思います!
erico

ericoの感想・評価

2.8
盲目のスパイが、並外れた聴覚で敵方のモールス信号による暗号を解読して…というストーリー。少々ロジックの弱さや哲学に欠ける感はあるけれど、聴覚というごく個人的な感覚、比較的地味な暗号解読というジャンルを、スリリングに美しく映像化しているので、飽きずに見ていられると思う。
トニーとジョウ・シュンが安易にくっつかず、それでも男と女としての気持ちも心の奥底に秘めている、このもやもやした関係が結構いい。鈍くくすんだ色調の上海と、クラシカルな装いが美しいジョウ・シュンというヴィジュアルはとっても好みだし、か、刈り上げ…と少し心配していたトニーは、特に序盤ものすごく可愛かった(拗ねるわむくれるわ、たまりません)。妻への愛とジョウ・シュンへのそれが破綻なく一人の人間のなかで成立するのも、彼の繊細な感情の演じ分けによるものでしょう。
あぶ氏

あぶ氏の感想・評価

4.0
国共内戦でのスパイ工作について描いており、中国の厳しい検閲の下でよく作れるな〜と思ったが、最終的に社会派寄りになりすぎず、人間ドラマの方に帰着する。車に積み込まれた大量の爆薬を見せといて、結局何も起きないのも、予算の問題というよりか、中国情勢を気にしての処置なのだろう。社会的な問題を扱った中国映画を観ていると、制作陣が本当にやりたい物語が他にあるような気がして、いやあるはずなんだけど、それでモヤモヤすることが多い。

このレビューはネタバレを含みます

共産党と国民党による中国内乱時代、盲目がゆえ耳の発達した男が敵のモールス探索に挑むスパイサスペンス。
冒頭で共産党員の仕事に対する徹底ぷりとジョウ・シュンの色気を、主人公の聴覚の高さと共産党のスパイ能力の高さを等、一つのシークエンスで二つのことを同時に演出してしまうスマートさが気持ち良い。

お互いを尊敬しあっているが故に一線を引いた関係性には映画に知的な印象を与えてくれる。
また粋なアレンジが加えられた「エリーぜのために」や、ジョウ・シュンのモダンは衣装も同じく知的な印象を与え、同時に映画に華やかさをプラスしていると感じた。
クライマックスの二つの式典と演説を重ねる演出には思わずグッときてしまう。

ただトニー・レオン演じる主人公の異常とも言える聴覚を使って、敵が使っている周波数を突き止めると言うロジックがいまいち「?」。
耳が良いから出来るって芸当でもないような印象を受けてしまいました。

敵味方の所属については特に気にならなかった。
だって、これ所属入れ換えたところで何も変わらないから。
あんまり敵がどっち味方がどっちって映画ではなく、人と人との絆や信念を描いた映画だと思いました。
G行為

G行為の感想・評価

3.5
インファナル~監督脚本コンビってんでワクテカ鑑賞。
しかし序盤の政治背景の設定説明と、モールス信号のリズムに少々眠気に誘われる…。
でも中盤以降からは無線傍受、暗号解読など、地味ながら諜報活動の行方にすっかり見入ってしまう展開に。
恋愛ストーリーとも言われているが、それ以上に人間ドラマやスパイサスペンスものとしての見せ方は流石。
しかしトニーさんは刈り上げてても目が見えなくても、やはり今回もしっかりモテ役だあね。
君子

君子の感想・評価

4.8
2014 4.12 シネマート心斎橋
2014 5.2 シネマート心斎橋
2014 6.19 元町映画館

予告やチラシの印象よりも笑える要素が濃くて楽しかった!
話の筋としては、共産党と国民党のスパイ合戦だけど、終わってみると実はラブストーリー、というか愛についてのお話なのかな、という感じ。

本当に日本で公開してくれてありがとう!
|<