THE DEPTHSの作品情報・感想・評価

「THE DEPTHS」に投稿された感想・評価

こんな映画も撮ってたのね、という驚き。
製作の座組の特殊さも相まって、とりあえず何でもチャレンジしてみまっせという若き濱口竜介のトライ&エラー精神を強く感じた。

上質な映画だと思うし、鑑賞中はとても引き込まれるのだが、なるほどこの方向性に濱口竜介のストロングポイントや作家としての未来はないかも、という感想に着地した。まあ後出しなので当然なんですが...

濱口作品に師匠の黒沢清からの影響を感じることってそれほどないのだが、この作品にはけっこう感じた。(一番は「寝ても覚めても」だけど)

このレビューはネタバレを含みます

荒く、各部署への配慮が目につく。主演の石田法嗣は素晴らしいのだが、三角関係などの感情の動きが明らかに描けていないのでどこか痛々しい。写真や絵などの芸術表現を映像化することに極めて難しさを感じる
ゾ

ゾの感想・評価

-
16:9より比率が横長め?カメラの画面とのギャップを作るためなのかな
sakikd

sakikdの感想・評価

-
ドライブ・マイ・カーに繋がっているテーマ(女のいない男たち)
婚約者も一瞬つながり合えたリュウも友人も全てを失いスルギがベッドに倒れ込み泣き伏す場面のやるせなさ
そこからまた食っていかなければならないというぺファンの言葉の残響
おもしろかった、タクシーでロータリーをUターンするとこ最高

トレインスポッティングのレントンが恋しくなった
さっ

さっの感想・評価

-
清順みたいなハーフミラーのアジト。ヤクザがちゃんと怖くて好きだったので監督の暴力映画もいつか見てみたい
st

stの感想・評価

-
表(舞台)と裏(社会)、(モノクロ)ネガと(カラー)ポジ、幸と不幸、日韓・男女・公私。物語序盤からあらゆる二項対立が呈示される。無論、物語は単純な二元論の先へと向かう。総じて映像的に表現されるはリュウの内面の変化と成長。男娼として成り上がるが(→染髪)、木村との別れを経て再考し(→木村の車と反対方向のタクシーに乗る)、モデルとしての覚悟を決める(→剃頭)ものの、えも言えぬ葛藤の末(→鼻血)、韓国へ渡ることを決意(→モノレール=同一ルートに同乗)したはずが、違う道を生きることを選ぶ(→別々のタクシーで道を分かつ)。「まるで、より強い刺激を求める動物のよう」というぺファンの言葉通り選択を塗り替え続けるリュウだが、選択のたびに彼は成長する。男娼とモデル。彼の思考はそれらの往復のみならず、それとは別の「何か」と向かう。何枚もの写真が彼の変化の過程を捉え続けてきた。最後にシャッターを切った写真には彼の姿はなく、ファインダーには「どこか」へと続く車道が映るばかりである。

撮影監督ヤン・グニョンが操るカメラは時折ハッとする瞬間を切り抜く(タクシーを俯瞰で捉えたいくつかの長回し、リュウがスタジオに戻ってきた時の真上からのショット、etc…)。村上淳のマジックミラーはキム・ギドク『悪い男』オマージュ? あと坊主リュウが完全にトレインスポッティングで笑った。『天国はまだ遠い』に次いで好きな濱口作品。ラスト超好き。
浦川

浦川の感想・評価

2.2
濱口作品の中でも異色の立ち位置の作品だと思う。
暴力・犯罪・性描写。
アンハッピーアワー。
釜

釜の感想・評価

4.2
出会いと別れ、それぞれの場面でカメラのシャッターを押す描写が良かった。
ネ土ワ

ネ土ワの感想・評価

3.6
リュウを本当にモデルにしたいだけだと思って観てたからワケわからんくなってしまった。
見終わって納得、、、にしても濃厚でした。

マジックミラー割りが印象的でした
>|

あなたにおすすめの記事