不気味なものの肌に触れるの作品情報・感想・評価

不気味なものの肌に触れる2013年製作の映画)

上映日:2014年03月01日

製作国:

上映時間:54分

3.6

あらすじ

「不気味なものの肌に触れる」に投稿された感想・評価

oss

ossの感想・評価

3.1
互いの身体にぎりぎりまで近付くけど決して触れないまま動き続けるコンテンポラリーダンスのような踊りを学ぶ高校生の染谷将太の話。
ダンスパートナーの石田法嗣、石田の恋人の水越朝弓。

そのダンスは『ハッピーアワー』第一部ワークショップの互いに背中を合わせたまま一斉に立ち上がるという同じ目的を目指すゲームと対照的。
触れず離れず続く関係性。
触れることによって起きてしまう事件。
予定されているという続編を見たい。

このレビューはネタバレを含みます

ボーリング場にあったあのなんちゃらかんちゃら(魚)のガチャガチャの機械は美術部で作ったのだろうか…ガラケー懐かしい。赤の白のボタンのやつとか、画面をスライドさせるやつとか、シャッター音とか。ボーリング場もいい感じに古くていい。
それなりに田舎っぽい町並みなのにコンテンポラリーダンスみたいな舞踊の先生いるのおもしろいな。
YusukeSBM

YusukeSBMの感想・評価

4.0
ボウリング場で球(頭)を投げる動作と河で水面に網を掬い入れる動作を繋げて「境界線」に意味をもたせるマッチカットが最高。このテーマだと、観たあとは確かにボウリング以外考えられないあたり、やっぱり痺れる。触れる、距離、侵入、底知れぬもの、
taka

takaの感想・評価

3.9
濱口竜介作品2本立て
「偶然と想像」のオムニバス形式が大変素晴らしかったので短編(中編?)2本を

「不気味なものの肌に触れる」

わからないことが心地良い
説明は最小限というか殆ど無い

触れそうで触れないダンスのコンセプト
距離を取りたいという別れの理由
初めて聞く名前の生き物
兄弟、友人らの関係性
絶妙な匙加減の謎の数々
なので好奇心をくすぐられっぱなし

音楽はサティの「Je te veux」

特段興味を引く題材でもないのに強く引き込まれる魅力の根源は一体何なのだろう
若干の謎を残して終わるが、途中がずっと面白いので正直結末がどんなでも満足したはず

今作は構想中の長編映画「FLOODS」の前日譚でもある
久遠

久遠の感想・評価

4.1
高橋和由脚本むき出しの「理屈がドーッン!!!」な作品。ポンコツ頭の俺にとっちゃ親密さに並ぶ難度なのだよ。そのため、思春期に鑑賞していたならアンナ・カリーナを彷彿とさせる瀬戸夏美の尋常じゃない優美さにしか着目出来なかった筈だす...渋川清彦には一生濱口竜介作品に出続けてほしいし、瀬田と濱口がタッグを組み、観念的かつ爽やかな青春映画を作って欲しいものだなあと思う今日この頃。あと、ハマグチェのフリスビーを用いた運動に対する拘り超好き。
「触れる」「触れない」という動作をここまで気味悪くかつ緊張感を保って作品を構成できるという恐ろしさ
この作品もまた人の二面性を相反する動作に含意させた濱口の演出やその独特さが光る
何を考えてるかわからないじっとり黒い染谷将太の眼

to be continued
早稲田松竹で「永遠に君を愛す」と同時上映していた、
濱口竜介の短編映画。

はい、ビックリするくらいの駄作です。

こんなん濱口竜介じゃなくても撮れるやんか、という。
「らしさ」をまったく感じない。

逆に言うと、濱口竜介は、
「女性の残酷さ」を「会話劇」を通して描くのが得意な監督なのだなと
明確になりました。
この作品は、そのどちらでもない。
だからといってそういう「得意さ」をぶっ壊すような
何か新境地を見せているかというとそうでもない。

あと30年後くらいに濱口竜介を「振り返る」タイミングになったときに、
転機となった作品として評価されることは間違いと思う。
濱口竜介ですらブレて、ミスるんだなと妙な安心感を覚えたのも事実ではあります。
こ

この感想・評価

-
触覚的な映画でじめじめしている。監督の距離感覚がダイレクトに触覚的に映されていて、登場人物たちは触るか触らないかをやっている。こういう映画も撮るのか、と思った。フェティシズムが感じられて、川とか、ポリプテルスが繰り返し登場して、特定の動きに偏った重点が置かれている。後ろにうごめく何かを示唆しているかもしれない。あのダンスも、人との距離感を集中させてそのためだけの動きとして出力したものかもしれない。ずっと蒸し暑いような映し方をしていてよどんだ川の下流の雰囲気に似ている。何回か見たいと思った。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.7


不穏な関係性を見た。
「壮大なる予告編」だという今作、肉体的にも精神的にも核心に触れることを避けつつも身を寄せ合う人たちを描いていた。
独自の空気感も然り、演者さんの画力がとても魅力的。
関係的な距離を物理的に捉えたり、幼稚にも思える言い回しが好みだった。

ポリプテルス・エンドリケリー。
***
腹違いの兄弟。兄の恋人も弟を受け入れるが、弟はどこか孤独を抱える。同い年の仲間とのダンスに夢中になるほど、不穏なできごとが起きはじめた。
ヨウ

ヨウの感想・評価

3.2
濱口竜介で初めて合わない作品と出会っちまった。

盛り上がりが無さすぎて…
濱口作品特有の言い知れぬ没入とか恍惚とかが微塵も感じられなかった

とはいえこの雰囲気作りには感服致す。
黒沢清なんかもびっくりするような怖さがありますね。
この不気味さが進化すれば新たなる濱口スタイルが爆誕するのではないか、そんな可能性の予感。
>|

あなたにおすすめの記事