不気味なものの肌に触れるの作品情報・感想・評価

不気味なものの肌に触れる2013年製作の映画)

上映日:2014年03月01日

製作国:

上映時間:54分

3.6

あらすじ

「不気味なものの肌に触れる」に投稿された感想・評価

Tyga

Tygaの感想・評価

3.5
コンセプトが明確に触れる/触れないで関係性を見せるところにあるので、最後のコンテンポラリーダンスの撮り方は正しいのかもしれないが、説明?感が強いな。

人は誰かの「水」たり得るのかというのが言葉としてのこの作品のテーマで、そこに対しては今のところ否という感覚を受ける。相手を自由に動き回らせ、体内に取り込まれては吐き出されるような存在にはなれない。生物でしかない自分のその獰猛な心を抑えつけようと理性を身体に働かせた結果の手の甲の傷。

あつ森で何度も釣った「エンドリケリー」がこんな感じで使われているとは…。
こんなに癒されない〈ジュ・トゥ・ヴー〉は初めてですね…

意味深なエレメントがたくさん散りばめられている気がするんだけど、どうして”それ”なのかが分からず、不思議な作品だな…というのが素直な感想。
注意を向けてあと何回か見たら納得できるかもしれないけど、個人的にはそこまでして見たいような内容でもなく…
手の甲、痛いもん………
tetsu

tetsuの感想・評価

3.4
『スパイの妻』で、濱口監督作品を観たくなり、友人から借りた録画DVDで鑑賞。


[あらすじ]

不思議な踊りを練習する2人の男子高校生。
彼らの日常は、周囲を取り囲む不穏な空気によって、少しずつ崩れ去っていく。


[感想]

きたるべき長編『FLOODS』の前章とは聞いていたものの、思っていた何十倍もクリフハンガーな結末で、かなりモヤモヤした。笑

とはいえ、これまで観てきた監督作品と異なるダークな世界観は新鮮で、興味深い部分もあった。


[ダークな世界観]

濱口監督の作品と言えば、喜劇であれ、悲劇であれ、「軽快な人間劇」を描くのが特徴だと思っていたが、本作では、そんな要素が排され、不穏な空気感が漂っていた。

黒みが強い映像、くすんだ空、登場人物の不可解な行動。

これらを見ると、監督が師としている黒沢清監督のホラー作品群に近い印象があった。


[砂連尾理さんの存在感]

また、濱口監督の代表作『ハッピーアワー』に登場した重心ワークショップの原点・砂連尾理さんが本作から関わっていたことを知れたのも、大きな発見だった。

砂連尾理さんといえば、「身体」と「踊り」の関係性に着目し、高齢者やしょうがい者との表現を模索してきた人物。

鑑賞直前に『へんしんっ!』(砂連尾理さんが登場するドキュメンタリー映画)を観ていたのもあって、本作でも、彼独自の「体」と「踊り」の関係性を意識させるシーンがあったのは、興味深かった。


[おわりに]

濱口監督の著作『カメラの前で演じること』によると、2016年ごろには、脚本が完成予定と書かれていた本作の続編『FLOODS』。

いまだ、その企画は実現していないが、いつの日か、監督が納得した形で、本編を完成させることを楽しみにしている。
なり

なりの感想・評価

-
触れる/触れないという描写を通じて描かれるものがほんの少し多少は見えた気がしたものの、全体像をハッキリと浮かび上がらせる事も出来ず、なんなら何も分からず消化不良になっている

そもそもシナリオなんかを分かろうとする作品ではないんだろうな、というのはすぐに思ったけれど、じゃあ何を楽しめばいいのか、となった時に本作(というか恐らく監督の作家性由来)の独特の空気感が真っ先に襲ってくるのだけれど、それも自分には分からないモノだったのでくやしい。またリベンジしたいと思う
古代魚と移り変わる傷のテーマが、あり得なさすぎる(古代魚のチョイスは突飛なことをしたそうというのが伝わりすぎて…)が一貫してぶれなくて良かった どこかクセのある登場人物たちの中で秘密のありそうな二人が向かい合うシーンや身体を通してわかりあう(多分だけど分かり合えてない、思い込みによる勘違いな気もするけど)ラストがいい 川に閉じられた世界というのもまたいい
喫茶店で高校生二人の会話が通じ合ってないのに通じてるふりをしようもそれすらできてないところがよかった あの自分の言ってることすら分かってなさげな会話、良すぎでしょ
yasuka

yasukaの感想・評価

3.5
噛む。
思い出しただけで気持ち悪い。
でも染谷君はやっぱり
最高。
ぴぴぴ

ぴぴぴの感想・評価

3.5
個人的に滝口監督の作品で一番好きだし続きが観たい

川のメタファーがめちゃくちゃ効いてる
染谷将太のぬるっとした不気味な圧が素晴らしい
え

えの感想・評価

3.7
まさか観れるとは、、サンクスシアターありがとう、、


触れるものが怖いもの、何だろう
でもそれってやっぱり触れてみたいってところからきてるんだろうな
水と魚、か
okimee

okimeeの感想・評価

3.5
ミニシアター・エイド基金の特典として、配信されていた!
気になっていた。

ほへー。
FLOODSを見なあかんやんかー。

染谷くんやばい。
すいっと避けるのなんかすごい。
Yuki2Invy

Yuki2Invyの感想・評価

3.8
構想中の映画『FLOODS』の前日譚たる中編で、話の内容、描きたいモノ、と言う意味では率直に「途中」もいいところである。感じられるのは、コンテンポラリーダンスにせよ、ポリプテルス・エンドリケリにせよ、どこか大いに意味在りげな数々のモチーフの醸す芸術的な優れた雰囲気である。そして何より主演の染谷将太の放つ一種不気味、かつ空虚で孤独で文学的なオーラたるや。前述どおり「途中」の映画なので評価も何も無いのだが、単純に映像作品としてはかなり見入ってしまった。いつか来る本編に期待。
>|