永遠に君を愛すの作品情報・感想・評価

永遠に君を愛す2009年製作の映画)

製作国:

上映時間:58分

3.7

あらすじ

「永遠に君を愛す」に投稿された感想・評価

本音と建前が併走してゆく結婚式。言外にある不穏さが、凡百な光景をドラマティックに仕立てあげる。

なお、この危うさに一役買っているのが、序盤の新婦のヴォイスウォーバーで、ここで彼女に罪を懺悔させることによって、それ以降、発せられる「愛」の言葉が二重の響きを持ちはじめてゆく。

このレビューはネタバレを含みます

『PASSION』をリミックスしたかのような配役と展開で楽しめたが、これ単体で一般料金はちょっと割に合わなかった。
めも

めもの感想・評価

4.2
「PASSION」を先に観ているせいか、河井さん岡部さんの配役が妙にしっくりくる。あと長岡亮介が出てきてびっくりした。こんなに笑う映画とは思わなかったな…かなり好きです
shuki

shukiの感想・評価

3.0
濱口脚本じゃないことを知らずに観たけど、余りのクリシェ連発に途中で気付いた。カメラも近すぎるし、シンプルに駄作。
濱口竜介は撮らなくても良いけど、書かないとだめだよ。
hasema

hasemaの感想・評価

3.8
ベタな設定ではあるのだけど、ずっと目が離せないところは流石。
最後の騒動は声を出して笑ってしまった。
映画館で見ることができたのはラッキー。
浮気した自分が悪いだろうに、タイミングがタイミングなせいで何故か被害者側に移行して物語が進む。これぞタイミングと会話の面白さであり、真面目さと不真面目さの往来は、ラストの描写で完全なるコメディへと昇華した印象。
深緑

深緑の感想・評価

3.5
これは「永遠に君を愛す」というより「永遠に君を諭す」ですね。

こんなにも叙情的にケーズデンキを撮った作品は初めて。
ドリフも喜んでいます。
大明

大明の感想・評価

4.0
序盤はもしかして『何食わぬ顔』や『PASSION』よりも濱口前夜な感じ??と思って見てたけど、中盤からやっぱり面白かった。

長岡亮介『大豆田〜』以前に俳優デビューしてたの知らなかったし、予備校役のクレジットに今泉力哉監督の名前が。『ドライブ・マイ・カー』の吉田大八監督の起用よりもこんなに早くに映画監督を俳優として起用してたんだな。

瀬田なつき監督作に俳優として出演したり、自身の作品に自ら出演したり、昔っから濱口監督、映画監督を出役にするの好きな印象。

全体的にテンポとか色味とかなんとなくNHKのドラマっぽかった。

三宅唱監督や濱口竜介監督から愛される河井青葉、俳優として最高すぎる。
しむら

しむらの感想・評価

3.0
めっちゃお腹痛くなった。
PASSIONの河井青葉がそのまま出てきたような、
え、こんなフツーの映画も撮れるんだ〜。『モダンラブ』(Amazon Prime)の1エピソードでもいいような。いやそれはないか〜。でも音楽の使い方とかそれに先んじてたとも。
岡部尚さんのキャラが最高。声出して笑った。
>|

あなたにおすすめの記事