なみのこえ 気仙沼の作品情報・感想・評価

なみのこえ 気仙沼2013年製作の映画)

上映日:2013年11月09日

製作国:

上映時間:109分

3.9

「なみのこえ 気仙沼」に投稿された感想・評価

わに

わにの感想・評価

-
漁師の方へのインタビューパートで差し込まれる、海をバックに向き合った2人が陰となって対面している超ド級のカットがありました。
mingo

mingoの感想・評価

4.0
舞台は表題の通り宮城県気仙沼。対話で言うと「親密さ」のインタビュー場面を思わせる構成を用いて前作の方法が更に押し進められ、関係性の深い人々が親密な空間で対話することで生まれる過去と未来の声。会話のはじまりからノーカットでみせるというシンプルな手法ながら話し手や聞き手の抑揚やテンションの変化から映っていない部分にも想いを馳せれるようになっているのも特筆したい。切り返しショットのズレは鑑賞者が不意に紛れ込む隙間となり、劇映画でもドキュメンタリーでも無い不思議な時間が流れる。「わかったように終わらせたくなかった」という監督2人の言葉が意味を成すように誠実な編集と撮り方に「こえ」が「みえてくる」。

濱口監督とお話しして最近良かった映画はベッケル「怪盗ルパン」とのこと。この情報はインターネットにもどの本にも載っていない
富井

富井の感想・評価

-
何かをパワーにしてふたたび動き出す
期待に応えること、看板、人に喜んでもらう喜び、励まし、子供の笑顔、ふたりの幸せ
可能性はたくさんあるなぁと少し明るい気持ちになった

津波を背にして危険の間近にいる人たちほどその瞬間は危機感が薄い、という話があったが、『廻り神楽』で見た映像からも感じた

割と多くの人が震災後すぐに「もう何かしなければ」という気持ちだったというのには驚いた

最後の女性の、「だって…」の後に続く言葉が発せられるのは大分先になるのかもしれない
現実なのかな
Nasagi

Nasagiの感想・評価

-
東北記録映画 ②(気仙沼編)
ちょっと順番が前後してしまったが、本作で3部作すべて鑑賞。
3.11当日の話は聞くけど、3.11の話だけを聞いて終わりにしない所がよかった。
そっから人それぞれに話が広がっていって、結婚してからの夫婦関係の話になったり、漁師としてのキャリアの話になったり…

「自分よりもっと辛い目に遭った人がたくさんいる」という「負い目」のようなものを抱えておられるなかで、彼ら・彼女らはなにを語ってくれるのか。

監督たちの発明なのかどうかはわからないが、この「斜めの対話」みたいな手法が生む効果はすごいなと思う。
出演者の方は、親しい相手がすぐそばで聞いているのを意識しながらもカメラに向かって説明、あるいは「演技」をし、それに対してまた相手が「なにいってんのよ」的にツッコミを入れたりするという。
対話なんだけどただの「対」話ではなく、お互いの1人語りにななめから干渉していく対話。

「語られなかったことに対して、語られたことを特権化してはならない」
梅田

梅田の感想・評価

-
東北記録映画三部作は、濱口竜介と酒井耕の共同監督作品なわけだけど、特にこの映画の最後の新婚夫婦の対話は…めっちゃ濱口竜介の劇映画っぽかった。カメラの前で緊張しているのか、もともと喋るのが得意ではないのか、気まずいくらいに会話が続かないふたり。これを面白い映画にしてしまえるのはすごいなぁと思った。
東北ドキュメンタリー三部作のひとつ。

「あのときの話はしたくない」という社長夫妻の会話が耳に残る。
「ハンドルを切ってあのとき右に曲がっていたら……」
みずからの過去の選択肢へ戻るそのリアリティある語り。
堊

堊の感想・評価

3.2
ラストの女、川嶋あい聞いてそうだなって思ったら流れ出したので笑った。これが一番面白い。
本当の「聴く」とは、これまでそのようなものがあるとすら思っていなかったような他人の心の疼き、心の震えに触れて、身じろぎできなくなることであり、そしてそれにとことん身を晒すこと。
ドキュメンタリーにおける会話内容の取捨選択は難しく、どうしても作者の恣意的な判断で会話がぶつ切りに編集されたりする。
その判断によって、本来の会話がもっていた独特の分脈や話し方の抑揚、話し手や聞き手のテンションの変化等が削がれ、会話が会話ではなく話された言葉「のみ」の単なる情報になってしまう問題がある。これでは「聞かれた言葉」というものがない。

この映画はそういった問題をクリアするために、会話の始まりからノーカットで見せるという一番素直な方法を取っている。
カットバックするとそこにカメラは無い。
こんな恐ろしい事を気づかせてくれた。
>|

あなたにおすすめの記事