海月姫(2014年製作の映画)

上映日:2014年12月27日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:126分
    監督
    川村泰祐
    脚本
    大野敏哉
    原作
    東村アキコ
    キャスト
    のん(能年玲奈)
    菅田将暉
    長谷川博己
    池脇千鶴
    太田莉菜
    馬場園梓
    篠原ともえ
    片瀬那奈
    速水もこみち
    平泉成
    中村倫也
    内野謙太
    あらすじ
    オタク女子集団に突如降りかかった、史上最大のピンチ!彼女たちが仕掛けた大勝負とは!? 月海は、イラストレーターを志すクラゲオタク女子。小さい頃、亡き母と一緒に見たクラゲのようにひらひらのドレスが似合うお姫様になれる・・・こともなく、今やすっかり腐った女の子に。男子禁制のアパート“天水館”で、「男を必要としない人生」をモットーとする“尼〜ず”たちとオタク道を極めたそれなりに楽しい日々を送っていた。ゆるい日常は、女装美男子と童貞エリートの兄弟の出現によって揺るがされる。さらに、彼女たちの住まいであり心のより所でもある「天水館」=「聖地」が奪われる危機がぼっ発!!彼女たちは聖地を守れるのか?尼〜ずはバラバラになってしまうのか?そして、「男を必要としない人生」のゆくえは!?笑いと涙と萌えの【オタクすぎるシンデレラ・エンタテインメント】!

    「海月姫」に投稿された感想・レビュー

    yuko
    yukoの感想・レビュー
    2017/03/14
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    漫画を先に読んでいたため、キャラとキャストの皆さんが合っていてとても楽しめました!
    月海ちゃん役の能年玲奈ちゃんがかわいくて、菅田将暉くんが美人で、ドレスがみんな綺麗で、見ていて楽しくなる映画です。
    演説を見事に邪魔した所と、最後のお兄さんが、土地開発中止を発表するシーンは、見ていてスカッとしました(*^_^*)
    漫画に忠実に描かれていましたが、やはり2時間ちょっとの映画に納めるのはキュッと凝縮されていて勿体無いですね‥月海ちゃんと兄弟の三角関係が、このキャストさんでもっと見たいと思いました(*^_^*)
    もしこ
    もしこの感想・レビュー
    2017/02/10
    4.2

    このレビューはネタバレを含みます

    菅田くんかわいい美しい!
    恋愛が結局どうなったのかがちょっと不完全燃焼。全体的に服とかもかわいくてよかった
    kenhayashida
    kenhayashidaの感想・レビュー
    2017/01/29
    3.9

    このレビューはネタバレを含みます

    もしかして自分もクラゲ界の姫になれるのではないだろうか
    shiori
    shioriの感想・レビュー
    2017/01/14
    3.1

    このレビューはネタバレを含みます

    菅田くんの女装がきれいでびっくりした。ファッションショーのシーンがキラキラしてきれいだったな。
    超尻合わせ監督
    超尻合わせ監督の感想・レビュー
    2017/01/10
    1.5

    このレビューはネタバレを含みます

    ありきたりな少女漫画ぽい設定
    女装がどうとか正直どうでも良いし、リアリティが無さ過ぎて冷めてしまう
    315
    315の感想・レビュー
    2017/01/09
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    水族館 丸い水槽 海月 親子

    のんちゃんが可愛すぎる。
    そして、まやや様の再現が完璧。
    花森さんも良かった。
    丸山医院
    丸山医院の感想・レビュー
    2017/01/08
    3.2

    このレビューはネタバレを含みます

    オタクファッションの能年玲奈が可愛い。
    エンドロールでビックリするキャスティング。
    そよ
    そよの感想・レビュー
    2016/12/31
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます


    個性的。
    それぞれのキャラが生き生きとしていて面白い。

    菅田将暉くんの女装は本当に凄かったと思う。アートという感じ…。

    どのクラゲのドレスも見ていて飽きる事が無くて、楽しかった。

    ファッションショーが終わった後のシーンで、のんちゃんがクラゲの衣装を着て、2人で空を眺めているところが最高。のんちゃんも菅田くんも綺麗で、ずっと眺めていられる感じだった。

    恋の結末(?)というかは、もうちょっとはっきり表現してもらえた方が嬉しかった気もするが、自分で想像出来るという点ではいいかもしれない。


    2014年12月27日に公開されてから2年が経って、やっと観ることが出来たこの映画。年納めとして最高だった。
    imusaya
    imusayaの感想・レビュー
    2016/12/29
    3.6

    このレビューはネタバレを含みます

    実写化については、キャストはわたし的にとても面白くてマッチしていたと思いました。そして、この映画がいいなと思うのはとにかくショーの後の月海と蔵之介のシーン!あのシーンあってこそのこの評価
    ぽん太
    ぽん太の感想・レビュー
    2016/12/08
    1.3

    このレビューはネタバレを含みます

    男女の感じ方の違いが非常に大きいと思います。男性としての感想ですが、全体的にキツイ映画です。
    菅田将暉の女装、とにかく声がそのままなのであれでは誰がどう見ても女装した男性としか見えません。
    俳優としてはイケメンだと思いますが、女装した外観はどうみてもただの女装した男性そのままです。彼が喋るたびに、流石にバレるだろう…と違和感いっぱいの気持ちになります。
    能年玲奈を始めオタクの方々、本当によく原作の再現をしていたと思いますが、原作を文字で読むのと違い、やはり実写では違和感がありキツくて仕方がありません。
    独特の言葉遣いで話すたびに違和感を感じ、映画が終わるまで慣れません。
    原作を忠実に再現した方が良い場合とアレンジした方が良い場合がありますが、後者な気がします。
    それぞれが非常に高いクオリティで原作の再現をしていますが、現実味がなく違和感を超えてのめり込む事が出来ず、映画が終わるまでずっと違和感を感じたままでした。
    ただ、ラストのファッションショーの終盤からの盛り上がりは良く爽快で、最後の13分程は楽しめました。
    原作、嫌いではありませんし、監督も出演者も皆本当によく作ったと思いますが、個人的にはもう2度と観ることはない映画だと思います。
    >|