海月姫のネタバレレビュー・内容・結末

海月姫2014年製作の映画)

上映日:2014年12月27日

製作国:

上映時間:126分

3.3

あらすじ

オタク女子集団に突如降りかかった、史上最大のピンチ!彼女たちが仕掛けた大勝負とは!? 月海は、イラストレーターを志すクラゲオタク女子。小さい頃、亡き母と一緒に見たクラゲのようにひらひらのドレスが似合うお姫様になれる・・・こともなく、今やすっかり腐った女の子に。男子禁制のアパート“天水館”で、「男を必要としない人生」をモットーとする“尼〜ず”たちとオタク道を極めたそれなりに楽しい日々を送っていた…

オタク女子集団に突如降りかかった、史上最大のピンチ!彼女たちが仕掛けた大勝負とは!? 月海は、イラストレーターを志すクラゲオタク女子。小さい頃、亡き母と一緒に見たクラゲのようにひらひらのドレスが似合うお姫様になれる・・・こともなく、今やすっかり腐った女の子に。男子禁制のアパート“天水館”で、「男を必要としない人生」をモットーとする“尼〜ず”たちとオタク道を極めたそれなりに楽しい日々を送っていた。ゆるい日常は、女装美男子と童貞エリートの兄弟の出現によって揺るがされる。さらに、彼女たちの住まいであり心のより所でもある「天水館」=「聖地」が奪われる危機がぼっ発!!彼女たちは聖地を守れるのか?尼〜ずはバラバラになってしまうのか?そして、「男を必要としない人生」のゆくえは!?笑いと涙と萌えの【オタクすぎるシンデレラ・エンタテインメント】!

「海月姫」に投稿されたネタバレ・内容・結末

アニメを観て漫画を買っていたのが7年前ということに驚きだが、タイミングをずっと逃していた実写をやっと観ました。

原作を意識した配役やスムーズな進行など入り口としてとても良いと作品だと思います。
まさかの高評価。
自分の自信の無さとか逃げちゃうところとかキラキラ見えても実は居場所がないところとか。オタクを題材にしてるものは何か深いところで共感できる気がする。
にしても長谷川博己のコメディアンっぷり!吹き出し過ぎた。絶妙
そしてエンドロールのお兄さまお姉さま方のオフショットが、青春真っ只中の主人公と反対に余裕があってかっこよくてツボ。大人になるってやっぱいい
なんか感極まることあった。
最後の二人が見つめ合って、楽しかったですねに全てを込めるところすごい胸がぎゅーっとなった。倉子のような勢いのある子はやっぱり幸せになれるな。
 いろんなオタクが住む下宿先に女装美男子が現れて、住人たちわちゃわちゃしたり再計画で立ち退きさせられそうになるピンチを突破していく話。

 漫画のようなデフォルメされた人物たちがハイテンションなキャラクターで推し進める映画で無茶苦茶な展開が続きますが、見れちゃう120分でした。
 ただ120分の間に男禁止の下宿先に男がやってきちゃって、主人公がそれをみんなにバレないようにするハラハラなんかもあってないようなものだけど、そこで引っ張ったり。政治家の息子兄弟と主人公の恋愛もなんだか中途半端だし、立ち退き問題で揺れる住民たちがファッションショーで危機を突破するというクライマックスも何だか盛り上がらず、すべてが中途半端な印象でした。

 恋愛を知らない主人公が初恋をするドキドキなのか。主人公をなめてる相手役が恋をしちゃって戸惑うのか。恋愛を知らないお兄ちゃんが恋愛をしてどう動き始めるのか? と思ったらそこも動かないまま終わって、これだったら別にいらないキャラクターだったのではなかろうか? とか元も子もないことを思ったりもしました。
 オタク仲間たちもコメディリリーフとして描かれますが、彼女たちの活躍でピンチを乗り越えるという気持ちよさもあんまり感じられなかったです。そのため立ち退き問題をどうやって突破していく面白さで見ていくのもイマイチでした。

 とはいえ、のーねんちゃん可愛いし。女装男子がしだいに本当に可愛く見えてくる不思議な映画で面白かったです。
スコア100くらい入力したいくらい好きです。衣装や装飾品が堪らない……ファッションショーのシーンは何度も観たくなってしまいます。
原作は知らないけれども、普通に面白かったし、めちゃくちゃにときめいてしまった。

クライマックスのファッションショーに出てくるドレスどれもこれもめちゃくちゃ可愛かったし、最後にドレス着て出てくる能年玲奈心底可愛い。

エンドロールのラストで「増えてるー♡♡♡♡」ともなった。
菅田将暉の女装目当てで鑑賞。うーん、共感できそうな要素はいくつもあったけど、感情移入はあまりできず、もったいない感じ……。でも菅田将暉がひたすら美しかったのと、はせひろかっこよすぎてすてきだった◎菅田くんとはせひろのおかげで楽しめた!
後半のファッションショーは2人ともすてきだった(*´-`)
キラキラしてて可愛かった✨
女装も可愛かった!
くらげのドレスがほんっとに綺麗!
菅田将暉の足もとても綺麗だった。
まやや様好き
能年ちゃん、目当てで。眼鏡あり/なしでのギャップが見事。ファッションの良し悪しはよくわからないけど、きゃりーぱみゅぱみゅとかが着たら似合いそう。他の映画だと、オタクの特技を活用して、悪を討つ みたいなのがあったけど、そういう色合いは薄いみたい。元気をもらえる映画。
>|