海月姫のネタバレレビュー・内容・結末

海月姫2014年製作の映画)

上映日:2014年12月27日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.2

あらすじ

オタク女子集団に突如降りかかった、史上最大のピンチ!彼女たちが仕掛けた大勝負とは!? 月海は、イラストレーターを志すクラゲオタク女子。小さい頃、亡き母と一緒に見たクラゲのようにひらひらのドレスが似合うお姫様になれる・・・こともなく、今やすっかり腐った女の子に。男子禁制のアパート“天水館”で、「男を必要としない人生」をモットーとする“尼〜ず”たちとオタク道を極めたそれなりに楽しい日々を送っていた…

オタク女子集団に突如降りかかった、史上最大のピンチ!彼女たちが仕掛けた大勝負とは!? 月海は、イラストレーターを志すクラゲオタク女子。小さい頃、亡き母と一緒に見たクラゲのようにひらひらのドレスが似合うお姫様になれる・・・こともなく、今やすっかり腐った女の子に。男子禁制のアパート“天水館”で、「男を必要としない人生」をモットーとする“尼〜ず”たちとオタク道を極めたそれなりに楽しい日々を送っていた。ゆるい日常は、女装美男子と童貞エリートの兄弟の出現によって揺るがされる。さらに、彼女たちの住まいであり心のより所でもある「天水館」=「聖地」が奪われる危機がぼっ発!!彼女たちは聖地を守れるのか?尼〜ずはバラバラになってしまうのか?そして、「男を必要としない人生」のゆくえは!?笑いと涙と萌えの【オタクすぎるシンデレラ・エンタテインメント】!

「海月姫」に投稿されたネタバレ・内容・結末

菅田将暉そんなに好きじゃなかったけどちょっと見直した(笑)瀬戸康史版クラコも見てみたいかも。

ファッションショーにめっちゃワクワクしたしドレス可愛いな~!ってなった。

いつのまにかノリノリで協力してる花森さんに笑った。片瀬那奈の敵役(適役)感が半端じゃなかった。
コミック途中まで先読み。内容は忠実だけど、始めの頃のはしょり具合がエゲツなくて映画スタートの人理解出来るか?っていう感じ。東村さんの漫画は恋愛模様ってよりもそれまでの過程とかを楽しむ感じだから、恋愛的要素はあるけど完結せず。どうなるのかコミック読み再開したいな〜って気持ちになった。
オタクニート住むシェアハウスから立ち退きをしなきゃいけないけど、そこを守るために自分たちでドレスを作って売って守る…って話なんだけど、みんな30くらいまでオタクニートだから何をするにも直ぐに逃げる。どうせ私なんかやっても出来ない。自分はこういう立ち位置にいる人間だ。そんなことばかり言って、何事も後ろ向き。そこに女装癖がある現総理大臣の次男が現れて、彼女たちを引っ張って前向きな道へと誘導していく。
せっかく女の子として産まれてきたのに
ザ・女の子って感じのふわふわでキラキラなお洋服を
一度も身に着けたことがない私。

デニムにジャケットというジェンダーレスファッションを
愛して生きてきた私にはあまりにも眩し過ぎる光景♡

自分が身に着けられない反動か
ザ・女の子ってファッションを眺めるのは大好きだ♬ 

でも結局ありのままの尼〜ずを見てる方が落ち着く✧
ダサくてウジウジで何から何まで不器用で。
天水館は居心地が良さそうだ♬

メイクすると目尻の印象がさらに際立つ菅田さん✧

池脇さんの使い方が贅沢でした♬
能年玲奈の可愛さと菅田将暉の役だけでも十分観てよかったと思える作品。こういった系統は勝手に苦手意識があったけれど、世界観にしっかりと入り込めた。ドラマも原作も知らないので比較はできないけど。
もどかしさもありながら、でもキュンとした。この感覚久しぶりだった。自分の好きなことをしている時が、人は1番輝く。メッセージ性だったり、なにか考えさせられるだけが映画じゃなくてただ純粋に楽しめて、ほっこりして、プラスな気持ちになれるのもまた映画の良さなんだと思った作品。とにかく能年玲奈がかわいい。
純粋に楽しめる映画だった。あの感じで、終盤、月海が通っていたペットショップが潰れたシーンが最高によかった。
菅田くんのかわいさと能年玲奈ちゃんのまっすぐさを堪能。あまーずもかなり良い。もこもこのクラゲのドレス衣装かわゆかったー
漫画読んでるとちょっと物足りないけど、ハセヒロがもう、、かなり萌える♡東村先生も結構出演されてましたね!
しかし月海ちゃんが殻を破り一歩踏み出す描写がドライヤーなのはちょっと?でした。
原作知らないけど楽しめました。
菅田将暉とくっついてほしかったな〜〜
 能年玲奈をはじめ、豪華出演者たちの振り切った演技が心地いい。

 尼~ずの面々は、馬場園梓以外エンドロールで名前を確認するまで誰一人分からなかった(笑)
あ〜〜〜〜(;´д`)イタタタタタ
キャスティングは最高だし途中まで漫画ならではのノリを頑張って表現してたと思って好感抱いてたのに。
途中で 決定的に 私が受け付けられないものが出てきてしまった。


SEKAI NO OWARI…!
曲がかかってマジで終わった。


日頃、自分が受け入れられない物でも そのものを好きな人がいるわけですからわざわざ批判することはないですが、でも、これはちょっとショックだった…。
『海月姫』は東村アキコ先生の名作の中でも好きな漫画。
オタク女子がお洒落からは距離を置き、自分の好きな世界にこもってるけど 勇気を出して仲間と力を合わせて 一歩踏み出して行く。
私はオタクなので共感&感動の連続なのですが、原作では東村アキコ先生のセンス爆発でギャグとモノローグの切なさ、騒がしいコマと 静謐な風景の描写、と相対するものが良いバランスで描かれ、飽きさせない、惹きつけられる。
東村アキコ節。個性たっぷり。絶妙なバランスでハイセンスなのだと私は思っていた。

それが、急にセカオワの曲かかって…
ちがう…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)ちがうんだよ…!状態。私の中のね、私の中の『海月姫』はセカオワと交わらない。
平たく言うと私、セカオワというアーティスト嫌いなんです。
全くもって受け付けないんです。
何が良いのかさっぱりわけわからんのです。
さぶいんですわ、あの団体。

それと、私の大好きな『海月姫』が交わったことで ガーンガーンで。
ショック。
後半は全然楽しめなかったです。
原作との相違点も増えていき、余計引きました。

花森さんベンツ以外運転するんだぁ…
尼ーずがあんな人混みの中 強制されてないのに選挙カーに自らのるかなあ?
あんなに凝った服作れるかなあ?とかね。

キャストが本当に本当にいいから残念。
映画を見ようと思ったのは今度フジでやるドラマのキャストを知ったから。
女装、ね。元の男性の姿の顔のまま整ってて「かわいさ」もあれば女装うまくいくの想像つく。
でも菅田将暉くんは、男の時は男の子らしくかっこいいのに女性になると「きれい」の要素も併せ持つ。本当に鯉淵蔵之介の実写そのもの。彼の堂々とした様、外見は強気でヘアメイクばっちりやる気満々スタイリングだけど 内面は勝気で男のまんまで、しっかり演じられてました。
長谷川博己も シュウシュウばっちり。
総理いないの残念。
尼ーずも完璧!
まややの実写はできるのか不安でしたが太田莉菜さんすごい、すごいよ。
能年玲奈ちゃんは月海そのもの。可愛い。本当に可愛い。
素晴らしいキャスティングに恵まれたのに、なんでこんな映画になっちゃったかな〜とは思いました。
表層的なものを救い集めて 昨今のクソとも呼べる日本映画の型に注ぎ込まれて…って感じの気分。

原作の『海月姫』、愛してくれてたのかな?スタッフの方々…。
てか、ドラマのこと愚痴るけど…なんで…シュウシュウ弟になっとんねん。工藤阿須加完璧ミスキャストやろ…。

ハリーポッターと賢者の石が映画化するまで、たくさんの監督がハリポタ映画の案を出したけど その中には舞台をアメリカに、とか原作の設定総無視のものもあったとか。
でもクリスコロンバス監督はイギリスを舞台にすること、キャストをイギリス人で固めることを主張(プロデューサーデイビッドヘイマンが言ってたかも、覚えてない)。彼が一作目の監督でよかった。
原作を良いと思ったのなら、忠実に実写したいんじゃないのかなぁ…

なんで原作の設定変えるの?
なんで変えるの?
ねぇ、なんで変えるの?💢

原作を愛して 尊敬して リスペクトした上で発展させる、加える、のであればうまくいく。逃げ恥とかそうではないでしょうか?

悲しいよ。
楽しいは楽しい。別に何も考えなくても観れる映画。それ以上でも以下でもない。


菅田将暉の演技と片瀬那奈のクソ女っぷりが素晴らしい。
そして篠原ともえは本当にキャスト見ないと分からなかった。
尼〜ずの5人はそれぞれに色んな過去がたぶんあるんだろうけど、その辺もう少し掘り下げて、それぞれの晴れ舞台があってもいいのかも。
いやまあそれでは遠回しに根暗批判になっちゃうから良くないんでしょうかね。
一皮脱いだ人もいるけど、最終的にはありのままでいいっていう終わりが良いのかもしれませんね。


...あんなにドライヤーいっぺんに使ったらブレーカー落ちませんかね笑
>|