海月姫のネタバレレビュー・内容・結末

海月姫2014年製作の映画)

上映日:2014年12月27日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.2

あらすじ

「海月姫」に投稿されたネタバレ・内容・結末

この映画から何1つ学ぶことがなかったけど、菅田将暉の女装はマジで凄かった
能年ちゃんがハマり役だし、菅田くんはホント何でも出来ちゃう。片瀬那奈オモロイ。
ストーリーもギャグも面白いから飽きない。
セカオワの世界観もマッチしていて良い。

【印象に残ったシーン】
選挙カーのとこ
ドラマ版を先に見てからの、こっち。
全体的にドラマのほうが面白かったかな。
でも、菅田将暉の蔵子も可愛かったしなんといってもドレスのクオリティーは映画のほうが何倍も良かった!
原作のファンです。ようやく映画版見た。ドラマ版は未見です。

月海はのんさんがとっても可愛いためか、メガネ着用時でも普通に美少女でオタク干物女感があんまりなかった。
続いて蔵之介。菅田将暉のルックスは完璧。でも私服が漫画に寄せすぎ?なのか、現実で着られるとコミカル通り過ぎてあんまりおしゃれじゃない。そして声が男すぎて、ちょっとあれで女と勘違いするのは無謀かな、と思いました。地毛がもっと長ければよかった…(好みの問題)
尼〜ずのみなさまは漫画そっくりで素晴らしかった。とくにまやや。リナちゃん。

クラゲドレスのデザインは思ってたより良かった〜〜

脚本は、漫画のセリフとかをこのまま持ってきすぎてて浮いてる感じがあったとこが気になる。
そして1番気になったのは、蔵之介のキャラクターが固まりきっていないというか原作のイメージとはちょっとズレていて… 親子の問題をもっと描いてくれないと何故蔵之介がここまで行動してるのかの理由付が難しいなと。
終わり方も、続く?のか?と思わせるけどあっさりしすぎてるし、ロマンスにも傾かず…

漫画を実写にして成功するのは大変なことなんだなぁと実感した。
菅田将暉そんなに好きじゃなかったけどちょっと見直した(笑)瀬戸康史版クラコも見てみたいかも。

ファッションショーにめっちゃワクワクしたしドレス可愛いな~!ってなった。

いつのまにかノリノリで協力してる花森さんに笑った。片瀬那奈の敵役(適役)感が半端じゃなかった。
コミック途中まで先読み。内容は忠実だけど、始めの頃のはしょり具合がエゲツなくて映画スタートの人理解出来るか?っていう感じ。東村さんの漫画は恋愛模様ってよりもそれまでの過程とかを楽しむ感じだから、恋愛的要素はあるけど完結せず。どうなるのかコミック読み再開したいな〜って気持ちになった。
オタクニート住むシェアハウスから立ち退きをしなきゃいけないけど、そこを守るために自分たちでドレスを作って売って守る…って話なんだけど、みんな30くらいまでオタクニートだから何をするにも直ぐに逃げる。どうせ私なんかやっても出来ない。自分はこういう立ち位置にいる人間だ。そんなことばかり言って、何事も後ろ向き。そこに女装癖がある現総理大臣の次男が現れて、彼女たちを引っ張って前向きな道へと誘導していく。
せっかく女の子として産まれてきたのに
ザ・女の子って感じのふわふわでキラキラなお洋服を
一度も身に着けたことがない私。

デニムにジャケットというジェンダーレスファッションを
愛して生きてきた私にはあまりにも眩し過ぎる光景♡

自分が身に着けられない反動か
ザ・女の子ってファッションを眺めるのは大好きだ♬ 

でも結局ありのままの尼〜ずを見てる方が落ち着く✧
ダサくてウジウジで何から何まで不器用で。
天水館は居心地が良さそうだ♬

メイクすると目尻の印象がさらに際立つ菅田さん✧

池脇さんの使い方が贅沢でした♬
純粋に楽しめる映画だった。あの感じで、終盤、月海が通っていたペットショップが潰れたシーンが最高によかった。
菅田くんのかわいさと能年玲奈ちゃんのまっすぐさを堪能。あまーずもかなり良い。もこもこのクラゲのドレス衣装かわゆかったー
漫画読んでるとちょっと物足りないけど、ハセヒロがもう、、かなり萌える♡東村先生も結構出演されてましたね!
しかし月海ちゃんが殻を破り一歩踏み出す描写がドライヤーなのはちょっと?でした。
原作知らないけど楽しめました。
菅田将暉とくっついてほしかったな〜〜
>|