海街diaryの作品情報・感想・評価・動画配信

海街diary2015年製作の映画)

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「海街diary」に投稿された感想・評価

美しいものを美しいと思う気持ちを忘れかけていたことに気づかせてくれた映画。

死ぬまでに鎌倉で暮らしたいなぁ。
優しい鎌倉。誰かが鎌倉は時間の進みが違うと言っていた。この映画を観てあぁやはり鎌倉は鎌倉の時間があるのかもしれないと感じた。
いろいろな家系のがあり事情があれど家族はやはり家族。
いろいろなことを感じるすずが可愛くて愛おしい
マミ

マミの感想・評価

3.8
広瀬すずかわいい
海猫食堂のごはん美味しそう
さくや

さくやの感想・評価

4.6
ありがとうございます。
"もうすぐ死ぬという時に、美しいものを美しいと思えることが嬉しい"

いいな。そんな風に生きて死にたい。
ch

chの感想・評価

4.2
鎌倉の、縁側がある昔ながら一軒家で、4姉妹が一緒に暮らしながら時間をかけて家族になっていく。人と人の関係も、それぞれの悩みや秘密の思いも(まるで時間をかけて熟成される梅酒のように)ゆっくりと穏やかに変化していく。細やかな変化なんだけど、暮らしの様子、心情や人間模様がとても豊かに描かれていて本当に好き。梅酒や浴衣というこの家の、家族の、歴史みたいなものをすずが少しずつ受け継いでいくのがいい。大切な人の死、時間の流れ、物や習慣によって受け継がれて続いてゆく記憶や思い出。彼女たちが浜辺を喪服で歩くエンドロールが息をのむほど美しい。
A

Aの感想・評価

5.0
記録用
1989

1989の感想・評価

4.8
綾瀬はるかは長女が、長澤まさみは次女が、広瀬すずは末っ子がよく似合うが、広瀬すずが異母姉妹で、三女が夏帆で、いいバランスになっていると思いました。大竹しのぶが出てくるあたりから、4人の心のあやがそれぞれ細かく表現されるところが良くできている。広瀬すずの存在感が全編光ります。
>|