そして父になるの作品情報・感想・評価・動画配信

そして父になる2013年製作の映画)

上映日:2013年09月28日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「そして父になる」に投稿された感想・評価

お寿司

お寿司の感想・評価

4.3
自分たちは一切悪くないし、これが不幸と周囲や、親が言えば、子どもにとってはもっと不幸になる。
三澄

三澄の感想・評価

3.8
再度見。映画自体良いけど、自分の家庭環境が福山側で複雑な気持ち。
とはいえ福山みたいな冷たい父ではないし、父母も仲良かったし、お金に不自由しなかったし、大切に育てられたしすごく恵まれているのだけれど…まあ母が福山家の父母ハイブリット型という感じ
リリーフランキーみたいな家で育ったらどんなんなってたかなとは思ってしまうな。真木よう子みたいな母親だったら、あんな適当さで育ってたらどうなってたんかなとか。あの適当さが羨ましいのよね。まあそれはそれで、大人になったら海よりも深くの阿部寛みたいにお金に困って母の年金盗みにいくようになってたかもしれないんで人生はわからないけど。
リリーフランキー側の家庭で育った人はどう思うのかな。
人生金や家族があっても幸せとは限らんわね
ぴうら

ぴうらの感想・評価

3.6
簡単には割り切れない
家族にとって血も一緒に過ごした時間も両方大事
ぷぷぷ

ぷぷぷの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

是枝作品はじゃあ後はみなさん各々好きに想像してくださいって投げて終わりのパターンが多い気がする。
ということで、スッキリ観たい人にはおすすめしません
どうしてこんなに素直に言葉が沈み込んでくるんですか?子供、小さいけど生きてるな…あまりにも小さい人すぎる
q434

q434の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

多忙で映画から離れ気味だった。
久々に腰据えてしっかり観た。
是枝選んで正解。観易い。

ケンタのカメラ。あんなん泣くわ。足からのショットとか天才やな。もしかして本当にケンタ役の子に撮らせたのかな。
実はケンタも才能あるんです、みたいなことは本当に全然大した問題じゃないのだけれど、分かり易いカタルシスでやっぱり良かった。こういうことを厭味なく仄めかす感じでできるのが是枝の凄いところだ。

福山雅治家は大体環境光が弱くて影が真っ暗。
対してリリーフランキーの家は全部が明るくて色彩豊か。

問題が発覚してからの状況説明のシーンは螺旋階段を登るのを俯瞰して撮る。正解の無い思考の振幅を表現すると共に説明的なシーンの間伸びを絵の面白さで魅せる役割も果たしている。

最後ケンタくんと話すシーン。上下分岐した平行な道を、高い方がケンタ、低い方が雅治。イニシアチブを表現しつつ、雅治が自認を果たすタイミングで道は合流する。先程まで見上げていたケンタが、雅治の横に並ぶと小さ過ぎて、抱きついてくれる姿に思わず安堵する。

作中一度も上手に弾けないピアノ。
しかし物語を脚色するのは美しいピアノの旋律。
彼らが下手でも彼らの世界の外側には上手にピアノを弾ける人がいる。その事実が世界の外を感じさせて、物語を良い意味で軽くしている気がする。

相変わらず美しい子供の撮り方。
子供は背中を撮ると良いと是枝監督自身がおっしゃっていたのを聞いたことがある。
今回は特にサービスショットだらけだった。

これは多分意図されていたことではないと思うけれど、樹木希林がWiiリモコン振っているシーン、一瞬だけれどとても嬉しかった。あれは実際に遊んでいたように見えた。
少なくともWii触ってから亡くなったのかと思うと、何故だか無性に込み上げてくるものがあった。共通点から地続きの存在だったことを感じ改めてその死を悼む、ということかしら。
是枝監督らしい映画で観終わった後にこちらに何か問いかけられた様な‥
☆5  殿堂入り
☆4.5 またレンタルするかも
☆4  テレビでしてたら見る
☆3.5 そこそこ
☆3  及第点  
ami

amiの感想・評価

4.2
力強くて、
どのシーンもグッとくる
親になって観たらまた視点が変わる気がする
none

noneの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

対比は都会と田舎、男と女、血縁と地縁
子供にとっては何が理想か?
「父」「母」とは何か?
私が親ならもっと塞ぎ込んで泣きじゃくっていると思うが案外淡々と進んでいった
「血が大事」→古い考え方なのか?(福山雅治の父が語る、福山雅治にもその考え方が根付いているのか)
「やっぱりそういうことか」
ひたすら看護師ゴミ→血の繋がっていない息子はきちんと「母」と認識している
自分の「母」に謝ろうとする
父の日のバラをあげるほど慶多は向こうに馴染んでいるのに、りゅうせいくんは…
父母間の溝
女ふたりがいちばん理性があってきちんと話せるんじゃないか?
リリー・フランキー、上手すぎてガチ嫌いになりそう
ウインクを返すようになった慶多
慰謝料を気にしつつも「父親」という立場にこだわりのあるリリー・フランキー
「向こうのおじさんもおばさんもみんな慶多のことか大好きだ」
「パパより?」
「…パパよりもだ」

子供目線の描写がもう少し欲しかった。
福山の父性が目覚めた時は泣いた。銃でバンバン打ち合ったり、カメラ見て泣いたり。
親になってから観たらまた泣いてしまいそう
>|

あなたにおすすめの記事