そして父になるの作品情報・感想・評価

そして父になる2013年製作の映画)

上映日:2013年09月28日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

「そして父になる」に投稿された感想・評価

アユ

アユの感想・評価

4.0
おばあちゃんとWiiやってるシーンかわいかった。
良多が喉を震わせて泣くシーンに涙、
Masaki

Masakiの感想・評価

3.2

是枝裕和監督作品。カンヌ国際映画祭審査員賞受賞。

申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤の中で、それぞれの家族が苦悩する。

エリートで父親というものを演じているかのように努める良多が子供の取り違いの事件、極端なまでに正反対の両家族との交流を通して、題名通り父になる話。
そのため子供の苦悩や、取り違えそのものには深く焦点を当てていない。

是枝作品あるあるで結論めいたラストには今回もならない。たまにならいいんだけど毎回毎回こういうのばかりだとなんだかなぁ。
毎回どちらが正しいとか間違っているとかを提示しないでこちら側に考えさせる作風なのはドキュメンタリー出身だからかな。

たまには白黒ハッキリしている作品も観てみたいな。

個人的に福山は毎回おんなじような演技でそんなに好きじゃないが、今回のキャスティングは凄い良かった。
父親に見えないような福山だからこそ、成長し父親になる良多という役にハマったんだと思う。
ちくわ

ちくわの感想・評価

4.5
福山雅治イケメン

過ごした時間が血よりも濃いか否か

今まで、仕事人間だった福山雅治が子供と接するにつれて変わっていく姿
子供から見た親の姿
子育てのやり方の違い、家族生活の違い
などなど

色々見所があったなぁ〜
Fjmr93

Fjmr93の感想・評価

3.3
長い。多産時代じゃないのに、たまたま同じ日に同じような体重で生まれ、ストレスフルな看護師にあたるってどんな確率、、、って思って入れ違いが現実的には思えず、引いてしまった。行き場がないので、見ててつらい。
でも入れ違いがなかったから、福山パパはずっと家庭を顧みなかっただろうから、それはそれでどうなのと考えさせられたってことは結構名作、、、?
r

rの感想・評価

3.9
最終的にどうなっていくんだろうなぁってずっと考えちゃう

キャストがみんな素敵
分かんないけどすごく子供欲しいなって思った
knkne

knkneの感想・評価

3.9
大人のプライドや欲に反比例するような子どもの無垢さ。
リリーフランキーを見る福山雅治の蔑んだ目。会話の一つ一つがリアルで温度もよく捉えてる。
やっぱりこの辺を切り取るのは是枝監督ならでは。

親の愛情と血縁、育ちの差、親子の距離感。
その家族にはそれぞれのルールも言葉も時間のかけ方も愛情の注ぎ方も表現も違う。
家族のあり方について深く考えさせられた。

ちなみにスピルバーグもこの作品を観て心底感動し今作のリメイク権を獲得したそうな。
YAMADA

YAMADAの感想・評価

4.0
何度観ても、考えさせられるなあ。
様々な形の家族があるよね。
細かくリアルだなーっていつも思う。
何が良くて悪いではないんだけど、今の自分が感じる事としたら、自分の事しか考えられないんだよね。。
見えないというか、見ようとしないというか。
第三者目線から自分を見る事って大切だな。



前橋の発音の仕方〜!っていつも思いながら見ちゃう。
リリーフランキーは合ってる(笑)
にしても、懐かしい光景の数々!
「血が繋がってるから本当の親に似てくる」なんてただの迷信だ。
後半のカメラのシーンからもうダメだったー
途中が長くて飽きてしまった。自分だったら考える間もなく今までの時間を大切にするだろうと思ってしまったので、入り込めず。映像の見せ方はさすがであると感じた。
なつな

なつなの感想・評価

4.0
関西弁でなんで?って言う演技自然すぎた。終盤自然と涙出てきて止まらなかった。将来子ども産みたいと思わされた
>|