そして父になるの作品情報・感想・評価・動画配信

そして父になる2013年製作の映画)

上映日:2013年09月28日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「そして父になる」に投稿された感想・評価

tori

toriの感想・評価

3.5
「赤ん坊の取違が起きた場合、100%親は生物学的な子供との交換を選択する」 発覚した時点の子供の年齢にもよるだろうが素直に頷けなかった

福山演じるお父さんのエリート養成子育て
大リーグボール養成ギブスを付けられた星飛雄馬を柱の陰で見守る
明子姉ちゃんをふと思い出した
シロ

シロの感想・評価

2.3
もし当事者になったらどうしようと思った。6年間育てた子を引き離せれるのか、血の繋がってない子だとしても。それとも血の繋がりのある子を引き取るのか。そして相手の家族にちゃんと自分の意見が言えるのか。色々考えさせられた。
みちる

みちるの感想・評価

4.8
二つの家族について、とてもかんがえさせられ考えさせられる。
二回観てる
アダチ

アダチの感想・評価

3.6
終わり方がすごく是枝さん的。
で、結果どうなったの?とかそう言う話ではない映画なんだね。

色んな想いや概念を超越するのが親子っていう関係性なんだろうな。

リリーさん家みたいな家族になりたいし、真木よう子みたいなサバサバでエロいお母さんになりたい。
Akiii

Akiiiの感想・評価

3.4
他の人も言ってたが、観てる人に解釈を委ねるシーンがいくつか。邦画をあまり観ないのでわからないのだが、リアリティの追求なのか何かの示唆なのか判然せず難しかったかな?
ストーリーの感想を述べると、これは結局どの選択をするのかな、いずれにせよつらいだろうなとつい思ってしまった。小学校に上がる直前、っていう取り換えるなら今がラストチャンス!みたいなのがさらにきついよね。例えば物心つかない赤ちゃんだったり、逆に18くらいの育ち上がった子供ならまだ良かったのかな..どちらにしろ私には解答が出せなかった。

このレビューはネタバレを含みます

是枝監督は人間模様描きの神かよ…
尖ったことをしてるわけでもないし、新しいことでもないんだけど、なんか妙にリアルでグサッとくる。
ただのお涙頂戴でもないんだよ…どうだ見たか新しいだろって感じでもないの…あるあるの最上級って感じ。
テンポもゆっくりで、1のことから10考えちゃう私にはぴったり。
逆にテンポ良い映画は巻き戻しちゃうから。
他の方のレビューを見てて思ったけど、嫌に感情的になる部分がなかったのが私に合ってるんだと思う。是枝監督の他の作品にも言えるけど。
福山雅治役の父親の成長期。
もし自分の子が取り違えがあったらどういう選択をするんだろう...と一考できる話
キャストも内容もザ是枝作品という感じ。
どっち選んだとしても将来「あの時ああしてれば…」ってなるんだろなと思った。
ラストは絶妙なところで終わってて良い。
色々と考えさせられた
本当の気持ちがなかなか言えないのは大人ばかりじゃなくて子どもも同じなんだと思った
きょこ

きょこの感想・評価

3.4
映画としては好き。そんなの考えなくてもわかるじゃん!ってずっと思って観る。
>|