そして父になるの作品情報・感想・評価

「そして父になる」に投稿された感想・評価

うに

うにの感想・評価

3.6

【そして父になる】

福山雅治さんを嫌いになってしまいそうなほど役者陣の演技がすごい。

カメラを見返すシーンで
涙が流れてきた。

みる年齢によって、感じ方が変わってくると思うので、これからも何回も見直すと思います。
今、高校生の私にはまだわからない深い思いがわかると思います。
自分だったら。。。と思わせる作品。
ラストの逃げる子供を話しながら追いかけるシーンは泣いてまうわ。
西川監督の「永い言い訳」と雰囲気が似てると思った。
ましゃと対照的な父リリーフランキーってチョイスずるい ぐう正解
友里

友里の感想・評価

3.6
家族の定義ってなんだろ
親になったら違う視点で何かわかるのかなぁ
是枝監督の雰囲気がやっぱり好き
sena

senaの感想・評価

3.3
福山雅治の嫌な父っぷりがいい。是枝ワールドはやはり家が人を描いているところが好き。
KIRYU

KIRYUの感想・評価

4.0
瀧本さんと是枝監督のお話が聞ける機会があったので、予習のために鑑賞。

本当の子供じゃないとわかって崩れてしまった親子関係がこれをきっかけに本当の家族の在り方を考える事に繋がるのが皮肉な話。向き合ってるつもりでも見えてないことってあるんだろうな。

撮影が瀧本さんなだけあって、構図、光と影の使い方や固定しないで動き続けるアングルなどにこだわりを感じた。
手塚

手塚の感想・評価

3.8
ゴタゴタした話なのに、この映画はサッパリしていてきれいなもんだな
たなか

たなかの感想・評価

1.9
尾野真知子以外リアリティのなさすぎるキャラ達で現実味がない こういうテーマなのに
真木よう子が肝っ玉母ちゃんみたいなキャラだけどそれにしてはエロが凄い滲み出てた

このレビューはネタバレを含みます

父と子が違う道を歩いて、結局一つの道で一緒になるところいいよね。
ありがちな物語だったけど、心が苦しくなった。人は血筋もあるかもしれないけど、やっぱり環境によってパーソナリティが形成されていくから親の責任は重い。月日が経つに連れて重い悩みが増えていきそうな2つの家族はどう乗り越えていくのだろうか。
>|