そして父になるの作品情報・感想・評価

そして父になる2013年製作の映画)

上映日:2013年09月28日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

「そして父になる」に投稿された感想・評価

初めての是枝監督作品。家族のあり方について考えさせられる一本。けっこう好みの作風だった

けど福山やっぱりお父さん感があんまり出てないかも
ハナ

ハナの感想・評価

4.5
家族にとって大切なのは血の繋がりなのか、一緒に過ごした時間なのか。すごく考えさせられる。
みお

みおの感想・評価

3.9
血の繋がりよりも大事なもの、6年間という時間、絆。
離れてから気づくものがある。
2つの家族は正反対だけど、2人の子どもがこの2つの家族を繋げたんだなあと思う。

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ良かった。
福山尾野ペアとリリー真木よう子ペアも凄く良いし、樹木希林も新さんも良かった。瀧さんもでてた笑
井浦新ってこんな感じでたまにめちゃチョイ役で出てるのなんで何だろう。
数年後に赤ん坊取り間違いに気づいた時どのような選択をするか?
本当の家族とは?幸せとは?
考えさせられる作品
Yu

Yuの感想・評価

3.6
子は親を選べない。
子にとって「いい親」も「悪い親」もない。絶対的な「親」だけ。
kairi

kairiの感想・評価

3.4
20180318
Wiiで遊ぶ樹木希林
タバコを吸う真木よう子
親子の縁とは血の繋がりじゃないということを改めて気付かせてくれる作品です。

2つの家族があった。
1つはお金もあり、子供の教育にも力を入れ、躾もしっかりとしているがどこか冷たい家庭。
もう1つはお世辞にもお金はないが、子供をのびのびと育て、子供との時間を大切にしている暖かい家庭。
※イメージです。

この正反対の2つの家庭に同じ病院で子供が生まれ、病院のミスで取り違えてしまう。
数年後、その事実が発覚し、親同士話して相手の子供(本当の自分の子供)を交換することに。

しかし、当然家庭環境や教育方針が違うので、うまく行くはずもなく。


どっちの家庭が正解という事ではない。
この映画で正解と言えることは、親子の縁・絆というのは血の繋がりで決まることではなく、
これまで一緒に過ごしてきた時間・思い出こそが、その証明・裏付けとなるということです。
そして、それに気付いた時こそ「そして、父となる」。タイトル回収です。
もちろん、この解釈も正しいかどうかはわかりません。

今時取り違えはないかと思いますが、何が大切なのか、自分が同じ立場になったらどうするのかを考えさせられる映画です。
さ

さの感想・評価

3.7
いや、家の中でキャンプって、まじでお金持ちすぎる、、、全部値札付いてる新品やし、、、
っていう鼻に付く男(父)の役にぴったりはまっていたのが福山雅治
ピストル代わりに持ったのがギターっていう点も笑った
>|