そして父になるの作品情報・感想・評価

そして父になる2013年製作の映画)

上映日:2013年09月28日

製作国:

上映時間:121分

3.6

「そして父になる」に投稿された感想・評価

福山雅治がやった父親役が、最後まで自分本位で成長しないあり様に、リアルを感じたぜ。。。
Marhythm

Marhythmの感想・評価

3.5
レンタルでも何度か借りてたのに観れずに返し、ようやく観られた。
なんか…すべての登場人物に共感ポイントがあって。
どれがしあわせなんだろうとふと考えてみてた。けど、どれも人生なんだなと思った。
U-NEXTにて

物語の最後の方で音楽ってそんなに流れてなかったのではと気付いた。
本当にそうなのかは確かめてない。
そう思ってた矢先にエンディングの音楽が流れ始めたのだ。
ドキュメントタッチに描かれて、いつのまにか引き込まれていった。

これは実話なのだろうか?

俺自身、子供の頃に思った事がある。
俺には本当はパイロットの父とスチュワーデスの母親がいて、そのうち迎えに来てくれるのだろうと・・・
当時、ドラマかアニメかドキュメント番組かは忘れたが、テレビで見た記憶がある。
それを見て思ったのだろうと今に思う。

俺は恥ずかしながら自分の誕生日を親に祝ってもらった記憶がない。

こんな事を思うと親に申し訳ない。親を思う気持ちと、自分を思う気持ちとなんだか交錯して悩ましい。

この物語のゴールは何なんだろう。結局、二つの家族は、どうなったのだろうか?

観た人、それぞれの心の中で描いて良いのだろうか・・・
ひなの

ひなのの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

とてもとてもしんどい。
万引き家族を見た後に見ました。

「やっぱり」の言葉、奥さんと同じくわたしも忘れられなかった。
「やっぱりって何」そう思うよね。

これって家族は悪くない。
悪くないのに、苦しむのは2つの家族で、
しかも、大きすぎる罪を時効で逃れてしまう女をずるいと思うのは至極当然。

なんで「ずるい」と思ってしまう自分をまた無意識に責めてしまうのか、
母って本当に「母である自覚」がすごくて、時々行きすぎちゃうんだよね。

自分の身に置き換えて考えたら、どうするだろう。と考えさせられた。
本当の子どものこと、可愛いと思うだろうな。
だからといって、今まで育ててきた子が自分の子供じゃないとは思わないと思う。血が繋がってなくても、自分の子供と思って育てたらそうなんだよ、無条件の愛はあるんだよ。
33

33の感想・評価

-
2度目の鑑賞

今思えば、豪華な出演者だなー

吉田羊さんは声で気づいた!
福山雅治の「とりあえず手元に置いてみて」ってなんなんだよって腹が立った

血が親子を決めるのか、月日が親子を決めるのか。
こういう題材の作品が多いからこそ、見る時見る作品で自分の考えも変わってしまって、難しいなあと思う

是枝監督は家族を描くのがうまいなあ…子役の演出がすごい
さえ

さえの感想・評価

-
見終わった後に、タイトルに納得した。

福山雅治が本当にはまり役。

子供を取り替えて過ごしたときに、福山雅治は自分のことを「お父さんと呼びなさい」って言ってたけど、真木よう子は自分のことを「おばさんが」って言ってた所が印象的。
ま

まの感想・評価

3.5
福山雅治がなあ〜〜なんかなあ〜〜という映画でしたごめんなさい
たろ

たろの感想・評価

3.5
育てた子供か、血の繋がった子供か。本当の家族、子育てとは。是枝監督ほんとにこの手の家族題材がうますぎるんだよなぁ。良かったです。

福山雅治が銃撃ごっこでバンバンやってるシーンでギャァァァ☺️ってなったのは私だけではないはずです。あそこのシーン理想の家庭というか理想の福山雅治すぎる
ほんといそうな家族像親子像描くのが上手だなと改めて思ったが、肝心の福山雅治がイマイチだったなあわたし的には。
>|