そして父になるの作品情報・感想・評価

そして父になる2013年製作の映画)

上映日:2013年09月28日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

「そして父になる」に投稿された感想・評価

はるな

はるなの感想・評価

1.3
わたしはリリーさんの方みたいな家族作りたいし、あっちのパパの方がいい
そして父になってくれてもそれでも
父親の正解像、理想の家族像が綺麗事で描かれていないのがすごくいい。
個人的に福山の泣く演技が好きすぎる。泣かせたい男1位。
かすみ

かすみの感想・評価

3.6
子供の育て方も、暮らしも異なる二組の家族。福山雅治演じる父親も、実の子と触れることで、父親としての自分を見つめ直していく過程がとても印象的。
coco

cocoの感想・評価

4.3
よかった、というか、なんか感動?する場面がある。養子縁組のこととかも関連するかなあ。親とは、愛情とは、愛情の伝え方とは、幸せとは。きみはいい子にも少し似ていた。
kohta

kohtaの感想・評価

3.4
樹木希林、ありがとう。

「父親かて取り換えの効かん仕事やろ」
のシーンが印象的。
子役がほんとにうまい。わざとらしくない演技がすごい、、
尾野真千子はミスキャストな気がしたけど、それ以外はすごくリアルで、最後どうなったかもしっかり書かれてないところがなんだかよかった
jack

jackの感想・評価

5.0
憎たらしい父親役がはまってた。
樹木希林もリリーフランキーもいい味出してる最高
LIFE

LIFEの感想・評価

4.0
今回樹木希林さんのニュースをたくさん見て、樹木希林さんと是枝監督の作品を観たくなりました。

素晴らしい女優であり、人間である樹木希林さんをもっと見たいと一つずつ観ています。

以前観たことがあった「海街diary」をもう一度見直し、言葉が出ないほど様々な場面に心を動かされました。

「そして父になる」は、私の中で樹木希林さんと是枝監督のタッグを組んだ2作品目の映画です。

親になる難しさ
子供の気持ち
血縁か過ごした時間か
貧富の差
仕事
父親とは
母親とは

たくさん考えさせられました。
でも、そのすべてが無理やりに考えさせるものでなく、すべて日常の中から切りとって見せている。
役者さんたちの自然な姿もまた是枝監督の素晴しさなのだろうか。

母親の気持ちが痛いほど伝わってくる。
真木よう子さん、尾野真千子さんの子を思う母の葛藤

リリー・フランキーさんの温かい父親像

福山雅治さんの冷たく、冷静、寡黙な父親
でも、この役でさえも人間味があり温かく感じさせてくれる作品が素晴らしいです。
Mari

Mariの感想・評価

3.8
貧富の差と言うのか、年収の違い。お金さえあれば、幸せになれる訳では無いのだと思う、今の時代は。中村ゆりさんの役の様に、ストレスが溜まり、他人を羨ましがり、交換したり殺人になる人だっているんだ。ニュースで見る現実。群馬に住む家族は、食事も楽しそうだし、人生をとても豊かに映し、愛情深く過ごしている。例え大金が無いとしても。時間だと言う。今は、時間だ。私の尊敬する友人も言っていた。どれだけ時間をかけてもらえるか。時間は、平等だから。是枝監督は、社会のテーマを見逃さない。この時代をどう生きるべきかをドラマを通して提示してくれている。尾野真千子さんの母、樹木希林さんの台詞に、制服を着た息子に、王子様みたいと言う。その後、その言葉を知らないのにリリー・フランキーさんも、どこの王子様と言う。自然に。そこに、愛がある。
福山さんの役は、大きい高いカメラを息子にあげると言う。息子は、いらないと言う。息子は理解していた。仲良し~と子供は産まれる前から愛を知っているのか。根付いているのか。父の仕事を理解していたのか。愛を我慢していたのか。
生きる上で仕事も大切だが、家族を守るとは何か。誰かのために一生懸命になる。子育ての新しい提案だと思った。是枝監督は、国からの賞を貰わなかった。新聞で読んだが、それにより、自由が奪われるのではないかと記事には書いてあった。映画は、言いなりでは、本当の感動にはならないのだろう。人生を変える事になる位、影響の大きい芸術なのだと思う。最高の娯楽、文化なんだと教えて頂いたように思う。
TOT

TOTの感想・評価

3.7
二つの家族と二人の子供。
群馬と東京の距離と家族の違いが、血と時間を越えて、父性とは後天的に得られるものであるかを問う。
福山雅治の無機質さが違和として効いており、べらんめぇな地方の女を演じる真木よう子はいつだって輝いていることを再確認する。
>|