そして父になるの作品情報・感想・評価・動画配信

そして父になる2013年製作の映画)

上映日:2013年09月28日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「そして父になる」に投稿された感想・評価

白波

白波の感想・評価

4.0
2013年9月劇場鑑賞
カンヌでの受賞により公開を前倒し、さらにそこから先行上映も行う等、国内での注目の高さが伺える本作。
私自身好きな監督なのでとても期待し、そして安心した心持ちで観に行きました。

作品のテーマは出生児の取り違え。
ですがそれはほんのきっかけであって、様々な視点で親と子のあり方を丁寧に描いています。
子供がいる人、男性に女性、各々に受けとめ方があって色々考えさせられる事と思います。
演出は過剰に高揚を煽るような事もなく、是枝監督らしくどこかドキュメンタリーを感じさせる作りがとても心地良かったです。
あと光と陰の使い分けがとてもうまく、今作でも効果的に使われていたと思いました。
キャストも風吹ジュン、國村隼、樹木希林、夏八木勲などが、僅かな出演ながらも脇をうまく支えていた印象です。
そして福山雅治を初めとするメインキャスト達も違和感がなく、とてもフィットしてました。

物語は“取り違え”の発覚をきっかけにして主人公周辺の歯車が擦れていき、様々な事がポロポロとこぼれていくようになります。
それに抗うように、見てこなかったものを見て、触れてこなかった事に触れ、また惑う。
終わりの無い苦悩と葛藤を延々と繰り返し、その果てにやっと見つける事が叶い、そして父になる。

この作品、人によっては淡々としていると感じるかもしれませんが、私にはとても優しくとても素敵な作品でした。
omin

ominの感想・評価

3.9
前も見た事あったけど、時を経てまた観た
カメラフォルダ見返すシーンからラストまで号泣
pandao3333

pandao3333の感想・評価

3.8
終始胸痛いし号泣した。子の将来の為に父親として稼ぎ、教育を尽くす事は大事だけど、子に愛を伝えるには正面から行動で示すことが大事って簡単なのに気づけない人って沢山いるんだろうな。
にしてもテーマが辛すぎ、しんどい。
はる

はるの感想・評価

4.7
かれこれ4回観てる。血の繋がりだけあっても、家族にはなれないと気付かされる作品。真木よう子さん演じる母親が、元気のないこどもに対してスキンシップをとる方法はわたしも真似して良く日常でする。
shotaro

shotaroの感想・評価

3.6
センスが本当に凄い。。。
他の映画ほど強烈なメッセージを直接ぶつけてこないけど、表現とか絵の撮り方が染みる。
愛しい映画
tsut

tsutの感想・評価

3.5
せつない映画
見てよかったとは思う
みると辛くなるのでもう一回は見たくないかなぁ
あさと

あさとの感想・評価

4.2
是枝監督が描く2つの家族の物語。是枝監督の得意なリアリズム、静かで淡々とした手法の良さがよく出ててよかった。

いけ好かないエリート役の福山雅治もピッタリだった。ある意味この主人公の成長物語にもなってるんだよね。一筋縄ではいかないストーリーになっていると思った。

是枝監督の真骨頂という感じだった。個人的には万引き家族よりこっちにパルムドールを贈ってほしかったな。
ソリ

ソリの感想・評価

3.7
思ったよりドキュメンタリーっぽくなかったなって思った。(是枝監督にドキュメンタリーのイメージがあったからかも知れないけど)
でもまあ感動した
ぺ

ぺの感想・評価

4.1
正解はない
不正解でもない。

親とは?
子とは?
家族とは?
そして社会問題への疑問定義

良きスルメ映画
haru

haruの感想・評価

3.4
苦しかった、そして自分の幸せを噛み締めた
多くは語られてないけど、観る人の心に静かに色んなことを問いかけてくる映画
家族のありかた、幸せのあり方、大人とは、子供とは、血縁とは、時間の共有とは、考えさせられる
>|