そして父になるの作品情報・感想・評価・動画配信

そして父になる2013年製作の映画)

上映日:2013年09月28日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「そして父になる」に投稿された感想・評価

この題材で暗くなりすぎず押し付けがましすぎず程よくしっとりさせるのすごい
YusukeMori

YusukeMoriの感想・評価

3.5

久々に見たらいい。
リリーフランキーと真木よう子、いい。

×
福山雅治の無理矢理な子供の相手の違和感。
Yoshishun

Yoshishunの感想・評価

4.0
“血か、時間か“

もし6年間育て続けた我が子が、血の繋がってない他人の子だったら――
カンヌ国際映画祭にてスピルバーグが審査員特別賞に選んだ、家族をテーマにした人間ドラマ。

突然我が子が取り違えられた他人の子だったことがわかったら、という地獄のような展開だが、仕事一筋で完璧人間に育て上げようとする毒親を主軸として描いている。成功にしか縁のないまさに勝ち組ともいえる父だが、唯一不満を抱いていたのが息子の存在である。自分のように完璧にこなせないことに不信感を抱いていたが、自分の子ではないことが発覚した瞬間、「やっぱりか」と口を滑らす。たったこの一言で彼の思い描く理想の息子像とかけ離れていたこと、そして育ててきた時間よりも血を優先する父親であることがわかる。

この不自然な台詞をはじめ、どこか子どもを愛しているというより、ただの息子という冷めた態度を取る。終いには相手の親の気持ちをも考えず、血の繋がっている息子、血は繋がっていないがずっと育ててきた息子の両者を引き取るなどと言い出す。

血の繋がっている本当の息子、血は繋がっていないが6年間育て続けた他人の息子。どちらを愛すべきか、そもそも愛せるのか。そしてどちらも愛してはだめなのか。
その葛藤の果に、仕事一筋な父は、本当の意味で父になる。子どもの取違というハードな内容なのに、何故「そして父になる」という父目線のタイトルなのか。終盤を見れば納得がいく。

肝心の取り違える原因がかなり胸糞に語られていたり、子供の「なんで?」という純粋無垢な問いかけがかなり心臓を抉ってきたりと、生半可な気持ちでは観れない本作。是枝和裕監督は「海街diary」が微妙だったので苦手意識があったが、これは現実に起こりうる問題と親と子の絆という普遍的なテーマに共感しやすかった。
福山雅治が苦手なので食わず嫌い……にならずに観てみた。
福山雅治が意外に良かった、というか、いけ好かない役どころがハマっていた。

リリー・フランキーが、これまた良い。

俳優の好き嫌いはさておき、問いかけてくる映画だった。
正解は無い。
これはよかった。
「親がちゃ」とかいう単語見た際に見たから余計に考えさせられた。
gemagema

gemagemaの感想・評価

3.5
過去鑑賞。
感動しましたね!
どうするべきなのが正解かわからないが、個人的には育った家庭が1番なのではと考えてしまう!
ささ

ささの感想・評価

3.3
正解が分からない

どちらの家族もそれぞれの愛情を持っていて、本当にどうすべきなのか正解がわからない。

早いうちにと言っても、家族にとって、親子にとって5年という月日の重さが大きすぎる。

現実にあってはいけないことだが、家族や親子について改めて考えさせられるいい映画でした。
ラダ

ラダの感想・評価

3.7
福山雅治が苦手なので避けていた作品を、是枝監督パロムドール受賞おめでとう!ってことで鑑賞。

非常に難しい題材を柱にして、家族のかたちを模索する。血とは何か。思い出とは何か。親とは?子とは?価値観によって異なるであろう答えはボカしつつも、彼らは家族のかたちを見つけたようだ。

そしてやはり、福山雅治は福山雅治。まあこれはしょうがない。
miho

mihoの感想・評価

3.8
取り違え発覚したらこんな感じなのね。
自分が親ならどうだろう、6歳で発覚は遅いなぁ。血のつながりよりも過ごした時間の濃さのが大事かな、たぶん。
Taihamachi

Taihamachiの感想・評価

3.9
最後の道のシーン。
父親側から寄り添って、道がひとつになるのほんまに良かった。
>|

あなたにおすすめの記事