シェフ 三ツ星フードトラック始めましたのネタバレレビュー・内容・結末

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」に投稿されたネタバレ・内容・結末

前からずっと観たかった作品をやっと観た。
想像通りというか求めていた内容だった。
ツイッターの使い方や表現がとても効果的で良かった。
自分を信じて信念を持って努力し続けたからこその結果。主人公のちょっとした行動や立ち居振る舞い、セリフから学ばさせてもらえるというか、自分も肝に命じなきゃと思わされる。
アメリカの各地を旅する心地良さとその土地ならではの料理と音楽が小気味好い。
お店をやるにあたってオーナーとシェフの関係性やそれぞれの意見の擦り合せ、お客さまの求めるもの等をもう一度考えさせられた。
素直に楽しめるいい作品だった。
料理に関する映画は安らぐし心温まるから結構好きだ。

正直脚本や演出は物足りない部分もあるが、この荒削りな所も逆にストーリーとマッチしている感じがした。

子供の頃にあんな夏休みを過ごしてみたかった。
主人公がTwitterの使い方ミスって人生終わりかけるんだけど、息子がSNSを上手く使ってくれて大成功する話。
料理するシーンが全部めっちゃ美味しそうに撮ってて、めっちゃ食べたくなった。これしっかりレシピ考えてるし、こだわって撮ってるんだろうな~
SNSでのトラブルは考えさせられるものがある。最後に評論家と分かりあうのは映画だからっていうのもあるけど、ネットでは見えないところですれ違いもあるってことは伝わったかな。
あとロバートダウニーJrが出てきて笑った。2人が話してると完全にアイアンマンにしか見えなかった。しかも同じような性格してるしw
マーティンがとにかく有能すぎる
主人公の元嫁も彼女(?)のウェイターも超美人
絶対の悪い人は出てこなくて、人間関係がドロドロしてないのも気楽
料理も素敵だし、音楽も良いしフードトラックでの旅はワクワクさせられた
テンポも良くて始終楽しい映画
ちょいちょいセリフに下ネタ入るから家族と鑑賞とか気になる人は注意
いつフードトラックが始まるんだろうと思ったが、始まったあとは登り調子で気分良く観れる作品。結局、因縁のレビュアーと組んで店を出すんかい!というツッコミを入れたい。
アメリカでは、これくらい料理にこだわって提供してくれるお店はなかなか見つけられないので、あればぜひ行きたい。
吹替

3つ星にいたシェフが自分の作りたいものを食べてもらいたい、とサンドイッチの移動販売をやる。
作りたいって料理に出会えるの楽しそう。

喧嘩してお店辞めちゃって、奥さんと離婚してて可愛い息子と中々距離あるのかと思ってたら
手伝ってくれる男友達さいこう。

メガネのおじさん何やが、こだわりと熱意が
慕われるんやろな。

買ったはええけど整備必須のフードトラックで
シェフやからまぁ手際考えて、出てくるサンドイッチ本当に美味しそう。

息子と一緒に乗ってる時に厳しめに調理見守ってて、ちゃんとやり遂げるともう絆が家族って感じで。あの美人の奥さんも側にいるっていう。
幸せに終わる。

SNSで行く先々で人気のサンドイッチバン。

ちょっとアイアンマンには勝てんやろ。

ん?なんかカール見覚えある…と思ったらアイアンマンでずっとロバートダウニーJrの秘書やってた人やった。
しかもロバートダウニーJrも出てきた。
スカーレット・ヨハンソンも出てきたしめっちゃMARVELやった(笑)

と思ったら。
これ主演のジョン・ファヴローが作ってるんや!そしてアイアンマンシリーズの監督もこの人なん?!
てことはロバートダウニーJrもスカーレット・ヨハンソンも友情出演的な?笑

それはさておき…
三ツ星レストランの凄腕シェフがオーナーの口出しに合って自分の思うようなメニューを出せないことでもめてやめて屋台でサンド売り歩くっていう分かりやすいストーリーがすごく良かった。

色んなとこ食べ歩いてレビュー書いて有名になった批評家にボロくそ言われてバトルしたり…
離婚して離れて暮らしてる奥さんと息子との交流があったり…

ありきたりな内容やしかなりのご都合主義やけどそれが良かった!

カールが職を失った時に着いてきてくれたマーティン、神では???彼がいないと成り立たんかったよな。
三ツ星レストランの2番手に昇格したのにあっさりその座を捨てて。
それだけカールの料理の腕前と人柄に魅力があったってことかな。

スカーレット・ヨハンソンは私の知ってる感じよりも髪色暗くて前髪あったからか美人系より今作ではカワイイ系でそれもまた良かった!
元奥さん美しすぎ。目の保養。

息子は言わずもがな可愛すぎ。
ちょっと生意気でお茶目でsns使いこなしてる10歳。今どきの子って感じでいい。そんな息子が作ったロードムービーもめっちゃいいし。

写真とか動画で思い出を残すことの大切さも感じたな。
いちいち料理美味しそうでお腹すいた。
最後大団円過ぎて良かった、ありがとう!ていい気持ちで見終えた。
一流レストランの料理人カール・キャスパー(以下、キャスパー)はこれから来店する辛口料理評論家のミシェルに出すメニューについてオーナーと衝突する

オーナーには逆らえず今までと変わらないメニューを出したところ、ミシェルにブログで料理を酷評されたことからTwitterを息子パーシーに教えてもらい誰もが観れる状態で返信をし罵ってしまいキャスパーのTwitterは炎上してしまった…

その後も創造性に欠ける料理を作らせてくれないオーナーに嫌気がさし店を辞めて無職になる

マイアミへ向かったキャスパーは食べていたキューバサンドにひらめき元妻イネズから紹介されたイネズの前夫の支援を得てフードトラックを譲り受け息子のパーシーと2人でフードトラックを清掃改造をすることに…

応援に駆けつけたマーティンとパーシーとの3人で試作品を作って自信を取り戻し
サンドイッチの移動販売を始めることになった

またいままで厨房に入れることすらしなかった息子との気薄な関係も徐々に変化していき
人として大切なことを教えたりする時間もでき親子間の愛情が深まっていく

サウス・ビーチ、ニューオーリンズ、テキサスと成功を収め、息子は夏休みを終え学業のために一度元妻の元に戻ったがキャスパーは息子の気持ちに気づき放課後と週末に手伝いをさせることに

元妻も手伝っていたところに料理評論家のミシェルが現れてサンドイッチのおいしさに触れ今までのことを謝罪する

ミシェルが資金提供する形でミシェルのパートナーとしてキャスパーは自分のお店を持つことになった…




全て美味しそうな料理にお腹が鳴るし料理の作り方にもこだわりがあって観てて飽きません…
アメリカ各地の街並みや夜景、
素敵な音楽、特にカメラワークも最高でした。

今までは息子の相手を忙しいのを理由に大切にしてこなかったキャスパーだったが、これからは一緒にいる時間が増えると思うとこちらも嬉しくなったしイネズともよりを戻しそうで何よりである
とりあえず一生飯テロ。家庭と仕事の並行をちょっとしくじって家族の大切さを再確認する主人公がなんとも素敵。そんでもってほんとにホットサンドが食いたい!!!!
>|

あなたにおすすめの記事