エイブのキッチンストーリーの作品情報・感想・評価

「エイブのキッチンストーリー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

映画を観た後、直前にトレーラーを観てみた。トレーラーがこの映画の全てを伝えていると思った。この映画で、家族関係、親子関係、パレスチナ、イスラエル問題、フュージョン料理、異文化家族の板挟みのなかにいるエイブの葛藤、など盛り沢山にどこに焦点をおいてこのレビューを書こうか、なかなか決まらない。

Jorge Drexler - Milonga del Moro Judío この曲が好きだった。よかったら、コピペして聞いて。ユダヤ人でウルグアイ生まれの音楽家、医者

でも、このブラジルの監督(今は伴侶とロザンジェルスに住んでいる)の初めての英語の映画、これは何を言い表したかったのか?なぜ、この映画を作りたかったのか? それに。焦点を当てて自分の意見を書いてみる。

この『世界各地の味を掛け合わせた「フュージョン料理」を作るブラジル人シェフのチコと出会う』という文を解説から引用する。

チコはエイブ考えに同意し助け、エイブはユダヤ/パレスチナの両方の家族の心境を変えていった。ここに大切な役割を果たすのが、ブラジルバイーア州からきた、露天のフュージョン(融合)料理を営むチコ。チコはエイブに料理を教えただけでなく、家族が仲良くなるための秘訣を料理を通して教えた。それに、エイブの話を聞いて信じてくれた。(逃げるな、それに、向かいなさい。エイブ自身そのままでいなさいーチコのエイブに対するこのアドバイスはいいね。)

フュージョン料理はいろんな形で、進出していると思うが、固定観念があって頑固な両親や祖父母に伝統的な食材を使っていても、融合料理は理解されるのは難しい。それがよく出ているのを言語から探すことができる。エイブの呼び方もアラブでのとヘブライ語とでは違う。かれはエイブが好きだと言ってるからここで、エイブ、(それが題)と使うが、行方不明になったと思ってエイブを探すために名前を呼んでいるが、ここでも、料理だけでなく、アラブでとヘブライ語とで呼び合っている家族がコメディータッチになっている。ここで明らかに呼び合ってる声がフュージョン(日本語で融合)している。

それに、二つの文化からの融合の賜物であるのが(祖父はネガティブにエイブの前でいった)エイブのはずだ。エイブは二つの文化の料理を作って、感謝祭のテーブルに出す。基本的に二つの文化を大切にした融合料理の創作は仲違いしている家族の間で、エイブに生きる力をあたえている。結果は悲惨で、それぞれの家族の文化に簡単に受け入れられなかった。その後、エイブの自己逃避の結果、家族全員がエイブの作ったパレスチナとユダヤの融合料理を平らげた。最終的にはエイブの自己逃避がこの家族たちを一つにまとめたわけだが。融合料理はこのなかなおりの結果の過程になっている。

社会がグローバル化され、人間が生きていく上にいいことも、悪いことも、テーブルの上に出して話し合うことが必要になってくると。逃げてはだめだと。融合料理を作ることによって、お互いの文化の良さを一つの料理にすることができるのであって、この概念が世界の人々が生きやすくするために必要だと伝えていると思う。伝統を大切にして守る気持ちはもちろん大切だと思うが。

好きなシーン
両親が感謝祭にどう家族を招待しようか話している時、エイブがパレスチナ料理とユダヤ料理の融合料理を感謝祭に考えだすシーンが好き。急に起き上がって、家族が一緒に楽しく過ごすようなことを検索すると、『東西Divan オーケストラ』の『フィガロ結婚』がひっかかってくる。これを聞きながら感謝祭の献立をたてる。ユダヤのパン、ハッラーにパレスチナのフムスをぬったりして、融合料理を考える。(このオーケストラはスペインに住んでいる、ユダヤ人、エジプト人やパレスチナ人など中東の融合楽団員で作られている。指揮者ダニエルバレンボイムがつくった)
あんこ

あんこの感想・評価

4.5
おじいちゃんおばあちゃ、お父さんお母さん、それぞれ違う生き方を教えてくれるけどエイブくん四方八方ふさがり!多様性の現代にきっといる子供!そして、エイブくんは唯一の居場所は料理をすること…!

エイブくんの宗教の違いなど複雑な家庭背景と多国の味を合わせたフュージョン料理が見事フュージョンした映画!料理を通して社会問題も教えてくれる!

エイブくんが料理と人間として成長していくのは感動!エイブくんの俺のフルコースどんな味か味わいたくなる!

そして、見たことない料理の数々に食欲と好奇心かりたてられる!

エイブくんと大人のシェフ・チコとの出会いも良い!チコとの交流はもっとみたかった!

ストレンジャーシングスのウィルでお馴染みノア・シュナップくん初主演!かわいらしさと演技にも満たされ満腹!

エイブくんしかできない、エイブくんしかいないんだよ!

料理映画はやっぱり良いね!

あんこぶつけたろか!
kotobuki

kotobukiの感想・評価

3.5
皆んなで食べる美味しいご飯。
それが
世界平和への一番近道。
否定は対立。
認め合えたら
ご飯ももっと美味しくなる!
CHEBUNBUN

CHEBUNBUNの感想・評価

2.7
【文化融合食で家族仲は救えるのか?】
第33回東京国際映画祭のシーズンがやって来ました。今年は、大人気ドラマ『ストレンジャー・シングス』のノア・シュナップ主演作が2本も上映されます。1本は『戦火の馬』で知られるマイケル・モーパーゴの同名小説の映画化『アーニャは、きっと来る』。そして、もう一つが今回紹介する『エイブのキッチンストーリー』である。ここ最近、『カセットテープ・ダイアリーズ』や『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』といった異国で生きる者を描いた秀作が多い気がする。本作はノア・シュナップ演じる、イスラエル人の母とパレスチナ人の父の間に生まれニューヨーク・ブルックリンで暮らす複雑な背景を持った料理好きな少年が、家族の仲を取り戻すためフュージョンフードに挑戦するという面白そうな内容だ。早速観てみました。

エイブ(ノア・シュナップ)は自分を持っている男の子だ。イスラエル人の母とパレスチナ人の父の間に生まれた彼は、家族からエイブラハムとかイブラヒムとかアヴィとか様々な名前で呼ばれているが、彼は「エイブ」という名前に自分のアイデンティティを収めて我が道を歩んでいる。そんな彼の趣味は料理だ。暇さえあれば料理をして家族に振舞っている。もちろん、SNSにもアップして彼は充実したライフを送っている。でも、彼は家族がいつも食卓で政治の話から喧嘩に発展してしまうのを悲しく思っている。自分に何かできることはないだろうか?そう思っていた矢先に魅力的なブラジル人シェフを見つける。チコは《フュージョン料理》というのを得意としていて、世界各国の料理文化を混ぜ合わせた代物を作っているのだという。早速、エイブは彼の屋台に話を伺いにいく。そこで出会ったブラジルとジャマイカの文化を融合させた揚げ料理アカラジェに感銘を受け、料理教室をサボり彼の店で修行をすることになるのだ。

「FUSIONをCONFUSIONするなかれ」

という言葉を胸に彼は雑用から始まり、彼に料理の極意を習得する。本作は、中高生の映画好きにオススメな作品だ。自分の好きを武器に積極的に大人の世界に入っていく。エイブは12歳。いきなり屋台のものをつまみ食いしたり、キッチン台にリュックサックを置こうとしたりとヒヤヒヤするほどに無礼を働くのだが、積極性を武器に料理を通じて大人の階段を登っていく様子は何かに挑戦する勇気を与えます。また、移民として生きる人々の問題というものも学べるので子ども向け映画として優秀な作品と言える。

ただ、映画として観た際に弱い部分もある。折角料理で家族の仲を癒す物語なのに、割と感情で解決しようとしてしまっているのが勿体無い。確かに、フュージョン料理をイスラエルとパレスチナの関係性に持ち込む危険な挑戦ではあるのだが、そこは料理で解決してこそだろうと思ったりした。

東京国際映画祭上映後2020年11月20日より一般公開されます。
ヨラ

ヨラの感想・評価

3.1
ノアくんがパレスチナとイスラエルのダブルという設定、インテリア、セウジョルジ(ひさしぶりだな)の主題歌はいいんだけど、のれないまま、さいご強引なまとめ〜ってかんじ
セリオ

セリオの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

君のバックグラウンドは何?に対しての「僕は、パレスチナムスリムとイスラエルジューイッシュのハーフで米国ブルックリン育ちだよ。複雑でしょ?」っていう自己紹介の典型文を持ってるエイブが愛くるしかった。

序盤は、ナポレオンダイナマイトを彷彿させるようなテイストのオープニングで心を掴まれ、その後は、ストレンジャーシングスのノアシュナップが美味しそうな料理を次から次へと作る話。ノアだからってミーハーな理由で観ちゃったんだけど、観てよかった。フード系の映画を見るのは何気に初めてで、こんなに良いものかと。料理と異文化の融合という王道サクセスストーリーは、ハッピーにしかならない。

チコがもう少しキーパーソンになってくると思ったけど、後半は料理というよりは、完全に家族の対立ばっかりで、前半と中盤のストーリーの毛色が変わってたような気がする。冒頭の異言語で歌われるバースデーソングとか面白かったけど、後半はややシリアスな空気がずっと続いてたから。
咲

咲の感想・評価

3.8
パキスタン系ムスリム家系の父と、イスラエル系ユダヤ家系の母の元に生まれた、料理が好きな少年の話。

STのウィルことNoah Schnappがひたすら料理をする。それだけでも観てて気持ちいい作品。自分のバックグラウンドの揺れに悩む姿がもどかしくて時折不憫だった。宗教を意識しない環境で生きてきたからかもしれないけど、親世代祖父母世代が押し付けるものではないんじゃないか…と感じてしまった。
「ジュリー&ジュリア」、「シェフ」とか好きな人はこれも好きだと思う!とにかく画面が食材や料理でカラフルで楽しいから。
SGR

SGRの感想・評価

3.8
「ストレンジャー・シングス 」のウィル役ノア・シュナップくん主演によるフード映画。映画館でかかってる唯一の新作だったから全くの情報なしで観たけど、なかなか良かった。

パキスタン系の父方とイスラエル系の母方の間に生まれた天才料理少年のエイブが、両親には有名フージョンシェフの下で一夏の修行を積み、フージョン料理で両家の不和を解決できるか…?といった内容。ちょっとラストは弱いしクラシックな展開だけど、設定だけで楽しめる一作。ブルックリンを舞台にした少年の一夏の冒険感も最高で、邦題をつけるとしたら『僕のサマーフードキャンプ』って感じ。(アベは子供向けフードキャンプに参加するフリをして修行に行く)