東京原発の作品情報・感想・評価

「東京原発」に投稿された感想・評価

確かに我々は原発について無関心すぎる。
トラック輸送の件は正直驚いたし、一歩間違えれば…
まずは原発について理解し、国民全員に議論を公開して可否するべき。
この知事の狙いは良いと思うが、最後の詰めが甘かったのが残念。
赤足

赤足の感想・評価

3.6
東京に原子力発電所を誘致しようとする都知事の意向に沿い、大量のプルトニウムを載せたトラックが東京に向かう。しかし、その途中で爆弾マニアの若者にトラックを乗っ取られてしまい…。

3.11と原発問題が起こる前だったから、作れた作品だったと言える。原発の無意味さや、当時から危険性を警告していたかの様な感じであった。内容も現実問題としたら、相当やばいのだが演出や登場人物などがコミカルに描かれており、設定は少しぶっ飛んでるが!話もしっかりして考えさてくれる内容で見やすかった。原発に関しては未だによく分からない人が多いかもしれないが、今からでも遅くないし、考える事もできる。是非とも今この作品を見て、原発について考えてほしいと思う一本である。
torakage

torakageの感想・評価

3.8
2002年の映画。東京に原発を誘致する都知事の真意とは。
コメディータッチの小品ながらシンゴジラなんかよりよっぽど中身がある。
そう、”事件”なんざすぐ忘れっちまうんだよね~。それどころかあの事故さえ忘れかけてるんじゃないかこの国は?
毛皮とグッチの教授のうさんくささと淡々と語る事実のギャップがたまらん(笑)ってか知らないことばかりだった!
最後の歌、イントロがイマジンじゃん?
Santa

Santaの感想・評価

3.6
会議討論が学芸会風、説教風、イデオロギー風なのが奇妙でした。エンタメ作品ではないのかな、、、
K

Kの感想・評価

4.0
中学生の時に、理科の授業で見たな。

ちょうど3.11の時だったから、controversy な感じの時に見たから、勉強になったよ。
riekon

riekonの感想・評価

3.0
3.11前にこのような作品が作られていたとは知らなかったです。
この作品を観て更に原発についての知識が増えたしとても考えさせられました。
後半の展開はハラハラしました。
普通のトラックにプルトニウムを積んで高速で輸送してるなんて知らなかったですよ!何かあったらどうするんだ…考えると怖い…。
Ham66

Ham66の感想・評価

2.6
東日本大震災の後に話題?になってて、鑑賞した気が、、、

記録

このレビューはネタバレを含みます


最後のセリフ、突き刺さりました。
私も忘れてしまっていたと思います。

「こんなことで世界一無関心な東京都民が、動くと思うか。人間は過去のことはすぐ忘れる。終わったことには関心がない。」

このレビューはネタバレを含みます

 東京都知事が「東京に原発を誘致する」と宣言しててんやわんやの職員たちの話。

 「原発を融資する」と冒頭で宣言して、部下たちが原発について議論するという舞台劇のような作品ですが、原発について最初は良いこと、そして専門家がやってきて原発の問題点を話していく。わかりやすく原発について勉強できる教材のような映画で単純に知らないことを知ることができる好奇心の面白さで引っ張ってよかったです。

 それに311を経験してしまうとどうしてもこの映画で言っている原発のメリットや問題点が皮肉に見えるという悲しい現実に何とも言えなくなりました。

 原発についての議論ともう1つの流れとしてトラックの運搬の流れがありますが、そちらはいきなり少年がカージャックしてというのは無理やりすぎて、それが映画としての見せ場になっていますが、そこで大騒ぎする主人公たちというのを見ても何の盛り上がりはなかったです。

 とはいえ、国が何回国民をだましてきたのか? やこの世に絶対はない、などのセリフが突き刺さる映画で、この映画を作った人たちは311を経験してどういう気持ちなのだろうと知りたくなる映画でした。
YosukeIdo

YosukeIdoの感想・評価

3.8
感想を以下ブログ「シネフィル倶楽部」にて掲載中。

■東京原発
http://ameblo.jp/cinefil-club/entry-11415388649.html
>|