滑走路の作品情報・感想・評価

「滑走路」に投稿された感想・評価

あんこ

あんこの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

歌人・萩原慎一郎さんの遺作となった歌集を映画化。萩原さんは32歳で亡くなられたとのこと。今の自分と歳が近かった。

職場での過労、学校でのいじめ、そして家族…色んな現実にもある問題に観てて心にグサグサ突き刺ささってつらかった。

でも自分の人生をどう生きるか考えたくなる映画でした。

自分の人生という滑走路、どう飛んでどう進むか考えたいです。

あんこぶつけたろ
カク

カクの感想・評価

3.9
助監督の先輩が劇場長編デビュー。
刺さりました、、、
大庭節はもちろんあり、賛否両論はあると思いますが、映画はこうだよな~と改めて思わせてくれる作品。
全ての役者が作品世界を理解している、
誰1人自分の芝居を見てくれ!なんて
アホな役者はいない。
的確、明解、こんだけ監督が腹さらけ出せば、嫌でも演出部は付いていく。
キュクロプスに出演していた俳優部も
ちゃんと愛ある配役として、滑走路の
世界に居た。
大庭組の俳優部、こういう関係性が
ええんよな~と羨ましく思う。
この映画を一言では表現出来ない、
映画を観終わって、心にある見落とした
くぼみを、立ち戻って見つける様な、
晩飯食ったら忘れる映画ではない。

ミッドナイティーズに続き、映画を観たと満足出来る作品です!
身内贔屓と思われますが、僕は結構作品に対しては辛辣です。
特に身内が良いの作ると悔しいんですが、ええモンは嘘つけないんで!