きみはいい子の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「きみはいい子」に投稿された感想・評価

再見
ラストは賛否両論あると思うんだけど、結構好きなんだよなぁ
(2018年75本目)
(2018年通算163本目)
りさ子

りさ子の感想・評価

4.4
高良健吾はちゃめちゃに好きなのに、高良健吾が浮いて見えるのほんとなんでなんだろうな これは好きすぎる故ですか?

ラストの演出だけ好きじゃない
Rika

Rikaの感想・評価

4.2

なんか不思議な感覚だなって思ったら

"そこのみにて光輝く"と
同じ監督さん脚本さんのタッグ

あの映画を見たあとだからこそ
池脇千鶴さんのすごさを痛感した
振り幅ももちろんすごいし
なにより感情の表現力がずば抜けてる…

内容も途中すごくイライラして
大人と社会の哀れさが全面に出てたけど

こどもたちの演技がすごく良かった
"がんばって"もすごく良かった
わたしもそうだけど
こどもに気付かされることって本当に多い

抱きしめられた感想は
きっとみんなリアルなんだろうな
なんでかわかんないけど涙が止まらなかった

----こどもに優しくしたらこどもも優しくしてくれる。


おとなも一緒なのにな
みんながみんな思いやれたらいいのにな
なんやこのいい映画は。親が子供に手をあげるシーンは、ほんとうに腹がたつんだ。あれ。思い出すからかな。虐待されてたとかではないけど、叩かれたり、手をあげられた記憶は、バッチリとある。し、フラッシュバックして、それをした母親に対して腹が立ってしまう。なんか変な気持ちになる、映画だ。親がどんな酷いことしても子供はそれでもお母さん、お母さんって、健気にさ。抱きつくんだ。あーあ。最近多い虐待ニュースとか、みると本当に腹立つ。
って、感情揺さぶられる映画だったよ。
みなみ

みなみの感想・評価

3.1
子供の演技がすごい。先生に少しイライラする。抱きしめるという愛情表現は簡単だけど難しい。子育てしてたらもっと共感出来るんだろうな。
キャストのみなさんの演技が素晴らしすぎて一気に引き込まれます。

序盤の虐待シーン、長すぎぃぃい(涙汁)
ぱんじ

ぱんじの感想・評価

2.9
いつの時代の学校だよ。
今は学校の教師は生徒の家庭環境把握してるし、10年位前に実習行った時でさえ、家族、両親という言葉はNGだったんだけど。
そんで親に会っといてよくあんな宿題出せるな、担任が生徒追い詰めてるの気づかないのやばい鈍感で絶望する。
表現したいことはわかるし、共感しすぎて涙とまんなかったけど、ほんと担任が一番許せないと思ってしまった。
池脇千鶴と自閉症の子のターンはめちゃくちゃ痛くてしみて、凄いと思った。
虐待は繰り返される
それを繰り返してしまう親
乗り越える親
自分が悪い子だと思う子供

ずっと問題視されてきてる事なのに気付けない世の中

「子育て」のさまざまな問題が詰まった映画
周りがどう動くかで変わっていくものだとわかる映画
毎日誰かに抱きしめられる
簡単なことかもしれないけど人によって凄く難しいこと
でもそれで解決できる事柄は多い
keigo

keigoの感想・評価

4.5
虐待やネグレクトの問題を通して大人と子どもの加害被害関係に迫りながら、焦点を当てられているのはその先に一歩進めた時の風景。自分の日常も誰かの日常も、あんな風にもがきながら結局続いていくんだと思う。
久しぶりに邦画観賞です。これ、良い!!ラストのほうで泣きそうになりました。そして、池脇千鶴さん好きだわー。

もともと悪い子供ってのはいなくて、もとはみんないい子でなんですね。やはり、子供を歪ませるのは、まわりの環境や大人の影響なんでしょう。子供がつらい状況のとき、作品にも出てくる地域の大人達がセーフティネットになるのかなぁ。それにしても、大人を救わないと子供は救われないんでしょうね。

なんて、いろいろ考えさせられました。
子育てに疲れたときにもう一度見たいと思います。
>|