彼女の人生は間違いじゃないの作品情報・感想・評価

彼女の人生は間違いじゃない2017年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

震災後、恋人と上手く付き合えなくなったみゆきは、週末、高速バスに乗り東京へと向かう。渋谷でデリヘルのアルバイトをするために。行き詰った魂の彷徨。福島と東京を行き来する日々に、みゆきが見た光とは──?

「彼女の人生は間違いじゃない」に投稿された感想・評価

久々の駄作 
 
福島を題材にした作品をけなすのは心苦しいですが一本の映画としての感想ですのでご了承ください
 
スローペースな作品なのに登場人物はやたら多くて全く感情移入できません(特に自殺未遂の妻と汚染水仕事の夫は最悪) 
とりあえず良いシーン沢山とってあとで繋ぎ合わせたような作品
沢山の資料を集め良い感じに繋ぎあわせる、まさに女子大生の卒業論文みたいな作品でした


今日映画はしご三本目(ダンケルク、ポケモン、今作)なので集中力がかけてたのかもしれません、、
 
何故主人公がデリヘルをはじめたか理由はあったんでしょうか?

あと高良健吾右折車線で直進してた
東京では普通ですか?w

ビーンズ超立っててそこだけ良かったです
本当に申し訳ありません
 
ハル

ハルの感想・評価

3.8
ご飯を食べているシーンがよかった。
Kinakosan

Kinakosanの感想・評価

2.8
さよなら歌舞伎町が良かったので、観に行きました。

主演の女優の方が良かったです。

話はかなりずんっと心にくるタイプですが、、、。

一見すると自暴自棄のようにも見えるけど、本当に傷ついている時は、誰かに優しくされても、何か違うし、自分をどうしたいのか、自分でも持て余しているような、そんな感じがしました。

もう少し彼女の心がわかればと思いましたが、そういう映画じゃないのかもしれません。

タイトルがとてもいいなと思いました。
竹犬

竹犬の感想・評価

3.5
塚口サンサン劇場にて。
福島から週末毎に東京に出てきてデリヘルをやる女性を中心とした震災後の福島と福島で苦しむ人々を描いたお話し。
正直「デリヘル」というキーワードに引っかかって不純な動機で観にいったのですが、想像以上に重い話で、未だ癒えない傷を抱えた人々。なんとかかんとか折り合いつけてる人もいれば持て余してる人もいる。
彼女がなぜデリヘルなんかで働くのか。傷を抱えてるからなのだろうけど、そこまでは私は読み取れなかった。
関西にいると福島は遠い存在だけども映画を通じて感じる事が出来て良かった。
GEN

GENの感想・評価

3.2
自分が知らない世界が世の中には沢山あるんだってことを気づかせてくれた。
震災が背景になっていて、当事者にしかわからない心情であったり、身に降りかかる試練と必死になって闘っている姿には胸に響くものがあった。日本が目を向けなければならない問題がここにはあってこの先生きていく中でも人それぞれに降りかかってくるものはあって誰1人いつも変わらない生活が送れるわけではない。だからこそ当たり前の日々を見つめ直す良い機会になった。何を伝えたいのかと見終えた後思ったが時間が経つにつれてこのような考えを持った。
抹茶

抹茶の感想・評価

3.5
廣木監督の少し系統がちがう映画なだけに期待してた。勝手に想像していた世界観とは少しちがったけど普通に良かった。ただ物足りなさと伝わりきらなさにもやもやして終わった。女性の裸をもっと大切にしてほしいなとも思った。光石研さんはいつも良い役をしてる。彼女の人生は間違ってないのかな本当に。
mura

muraの感想・評価

4.3
彼女の人生は間違いじゃない…何としてもそう言いたかったんだ。優しさがあふれるタイトルだなと。

女子高校生妄想恋愛映画の巨匠と位置づけられても、譲れず撮りたいものがあって、そのために小説まで書いて、そこに高良健吾に蓮佛美沙子、柄本時生とゆかりの俳優たちも集って…いやぁ、廣木隆一の強い思いを感じる。いいな。

福島県いわき市の仮設住宅に住む女。母は津波で行方不明、父は農業をあきらめてパチンコの毎日。女は平日は市役所に勤め、土日だけ東京へ。デリヘルで働くために。生きている実感が欲しくて…

女をホテルに送迎するデリヘルの従業員(高良健吾)。この男が傷ついてデリヘルの面接に来た女に言った言葉…「おまえのことなんか守れないんだよ」。女はこれで男のことを信頼するようになる。必要なのは「がんばれふくしま」なんて言葉じゃないってことか。

接点はないものの、同じ市役所に勤める男(柄本時生)の話が出てくる。東京から来ている女子大生がその男に興味を示し、震災のことをいろいろと尋ねる。卒論のテーマにしたいと。

この人物が効いている。震災で傷ついた人たちに寄り添っているつもりで、自己満足に陥っているだけで。

そう、最近とくに激しいと思えるテレビのワイドショーのコメンテーターの偽善ぶりにそっくり。

なかなか皮肉が効いている。今の世の風潮に物申したいんだなと。でもそのなかで、廣木隆一はやっぱり傷ついた女に優しい。こういうのにホント弱い。

で、主役をつとめた瀧内公美。面接の場で服を脱いでいくシーンがいい。こういう女優がもっと報われるといいな。

(以下ネタバレ)
冒頭に除染がおこなわれる桜並木を背景とした1枚の写真。震災前のもの。そこに写りこむ親子3人。満面の笑顔で。このシーンにグッときた。
時間が空いたので見ようかなと、ふらり。

進んでる感があまり感じられないもどかしさや、もっと描いて欲しかったストーリーはあったけど(トイレで会う新潟の子とか)、こうやって人は少しずつ進んで行くものなのだなあと感じられるあたりが、リアルだった。

主役の人の無表情の中に見える冷たさというか覚悟というか闇というか病みというか、が圧巻だった。あとは、おっぱい。
MAKO

MAKOの感想・評価

3.8
原作、脚本、監督の廣木隆一さんは福島出身だそうです。 
劇中、立ち入り禁止区域のシーンが映されます。観ていてなんとも言えない気持ちになりました。人が住んでいないとこんなにも荒れるのかと。アスファルトの道路の端から伸び放題の草。家の庭も雑草が伸び、放置された車、半壊の家々。 
震災によって普通の日常が突然普通じゃなくなる。 家や仕事や大切な人たちをなくす。 

主人公のみゆきは、平日は市役所勤務して週末は父親に嘘をつき東京でデリヘル嬢をしている。 きっかけはスカウトマンから声をかけられたからだけど、何故デリヘル嬢をしようと思ったかは明らかにされていなかった。私もどうしてみゆきがデリヘル嬢をやっているのか正直分からなかった。でもそれをすることによって生きる張りを保っていたのかなとも思った。 
父親は震災で仕事ができず支援金をパチンコに費やしている。どうしようもない父親だけど優しさも持ち合わせていた。隣人の奥さんの自殺を防いだり、その奥さんのご主人から付き添いを頼まれて結局引き受けたり。 父親が津波にさらわれてまだ見つかっていない妻の洋服を海へ投げ入れるシーンは涙が出た。 
自殺を企てた奥さんはご主人の仕事のせいで精神を病んだり。 
震災によって人生を狂わされた人たちが出てきます。 それでも生きていかなければいけない。 

元カレと再会したみゆきはデリヘル嬢をしていることを告げます。普通なら言わないと思うけどみゆきは言いました。みゆきも言わない方がいいと思ったけどこの事をなしにはできないから言ったと。 
なんかこの気持ち、分かる気がした。 言わずにこの事をなしにすることは自分を否定していることじゃないかな。デリヘル嬢が良いとはみゆきも思っていない。 
人生に正解も間違いもない。 他人が人の人生を間違っているなんて言えない。 他人からは間違って見えるけど、本人にしたらちゃんと理由があると思うから。 
もう一つ、印象に残った台詞がありました。 同じ市役所に勤める男性(柄本時生)が、がんばれふくしまと書かれたビラを見て、頑張ってるよという台詞。 頑張れって、励ます言葉だけどむやみに使う言葉じゃない。頑張ってもどうにもならないこともあるから。 
う〜ん、この映画の感想すごく難しい。 どう伝えたらいいか分からない。 まだ書きたい事はあるけどまとまらないのでここで終わります。 
心に引っかかる映画でした。 
>|