四十九日のレシピの作品情報・感想・評価・動画配信

「四十九日のレシピ」に投稿された感想・評価

かぶ

かぶの感想・評価

3.8
マイブロークンマリコをみてタナダ監督作品を!!💕49日を"大宴会"で送り出すって素敵だな〜自分が死んだ時も悲しむよりかは笑顔でお酒飲んだり食べたりして送り出してもらいたい🍺
イモト役のまだ10代の二階堂ふみちゃんが可愛いすぎました・:*+.\(( °ω° ))/.:+カタコト日本語の岡田将生も登場!イモトとハルの掛け合いが面白かった笑

しかし叔母さんが残酷すぎませんか。49日の場で子供を産めない百合子に対しての言葉があまりにもひどすぎる。たとえ子供がいなくても、いないなりの楽しさや悲しみ、幸せがあるし今の時代でもあんなこと言う人や思う人がいたらつらい😂しかもあんな暴言吐いたくせに最後いきなり掌返したようにフラダンス踊りに来たのが謎すぎた笑ちょっと一回百合子に謝って!!!

#2022#216
M

Mの感想・評価

2.5
イモとハルが来て四十九日の準備をするまではまあまあ良かったのに…
本番のわざとらしさと珠子おばさんのウザさが際立ちそこから急激に萎えてしまった

レシピ本は暖かみがあって素敵だけど、動物園以外の親子のエピソードはなく関係性もいまいち謎だし、家族で暮らしてた期間の空白も多すぎるでしょ
あと、あの旦那さんクズ男でしかない


いろいろと残念だった
原作を読んだらまた変わるのかな
tamala

tamalaの感想・評価

3.6
ブクログより転記。
原作は静かによかったので、実写になったところを見てみたかったので。全体的な雰囲気はほぼ想像とおり、ゆったり切なくて暖かい話に仕上がっている。
最近よく見る二階堂ふみが原作とはイメージが違ったのだけど、この人はそれを別なものに上手に作り上げ、これもいいと思わせる。
しゅららぼんで見た岡田将生もがんばっていて好演、いいね。
アイ

アイの感想・評価

3.6
キャストが素晴らしい。主演の永作博美や石橋蓮司の親子も秀逸だけど、ゴスロリな二階堂ふみもよい。そして、淡路恵子の存在感。とにかくよいのよ(泣) 日本のジャンヌ・モロー!!!この映画、淡路恵子観るだけで映画料金分の価値あり! 後半、彼女に持ってかれます。

この作品でタナダユキ監督の名が一気に広まると思う。タナダ監督は回想シーンがすごく上手い。時間軸の移動が違和感なく、むしろ効果的。回想は安易に入れるべからずが基本だけれど、こう使えば超いいじゃん!って手本のよう。四十九日のレシピは、石橋蓮司が過去の自分と歩いて、追い抜かれていく回想がとてもよくて泣いた。
hanako

hanakoの感想・評価

3.6
伊吹有喜 原作
タナダユキ 監督2013年
黒沢久子 脚本
周防義和 音楽
安藤裕子「Aloha 'Oe」

永作博美 石橋蓮司 二階堂ふみ 岡田将生 淡路恵子

TSUTAYAレンタル20220630
aya8

aya8の感想・評価

-
この夫最低すぎるし、ころっと態度が変わった親戚のおばさん。
二人とも最後が良い人になってるけど、それまで傷つけておいて全部チャラにはならんけど。
とイライラしました。
まい

まいの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

四十九日のレシピをやり遂げることでお母さんの想いを知れたり、自分の問題をゆっくり整理していく過程は痛みもあるが感動した。
旦那さんや叔母とのケリのつけ方はどうも納得がいかないので、本を見返してみようと思う。他が素晴らしかっただけにそこだけ興醒めしてしまった。
ありがちなコメディタッチでもない。しっとりとした人生ドラマ。みんなそれぞれ大なり小なりいろいろあるよね。ほっこり。
じゅんP

じゅんPの感想・評価

2.6
クライマックスまでずっと、おかしな人たちが繰り広げるおかしなやり取りの妙味で突っ走ってたのに、急ハンドル切って力づくでいわゆる”普通”なハッピーエンドに着地しようとして足ぐねる、みたいな映画で、最終的な気持ちの置き所に困る。

母の豊かさ、奥深さが繋いだ人の縁にほだされ、空白が埋められていくという展開自体は良いんだけど、それが万能薬みたいに振りかざされて唐突に全部解決!って前に進み出すので、ちょっと着いていけなかった。

別にわかり合えない人がいたっていいし、すべてを許さなくても必ずしもその関係性がゼロになるわけじゃないのに。
紅日

紅日の感想・評価

3.7
二階堂ふみ良かったな〜!
一人の人がつなげてくれた友情や愛情が温かくて、幸せになれる映画だった
>|

あなたにおすすめの記事