雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

己

己の感想・評価

2.5
失って初めてわかる大切さ

ーを更に拗らせた感じなのかね


静かに壊れてる感じは好きです
でも、理解というか、共感が追いつかなくて、ただ観終わる感じ。
きなこ

きなこの感想・評価

4.8
もっくんといい、
こういう不器用な生き方をする人、
大好きだなあ。
しろ

しろの感想・評価

4.0
まず、この作品を観て西川美和監督の「永い言い訳」を思い出しました。

妻を亡くしてから、涙も出ない無関心なディヴィスですが、カレンと出会って徐々に自分の行動や表情に変化が出てくる。

ディヴィスは、自分の感情にも無関心になってしまっている事に気付いてなかったんだろうね。

愛はあった。おろそかにしていただけ。

最後のメリーゴーランドのシーンがお気に入りです。
粛々とストーリーが進んでいく
うんうんと思ってるうちに話がおわる

終わってからようやく自分の気持ちが追いついてくる

「建て直すために、壊してる」


なるほど、
確かに修理するには分解が必要だ。
そして、再生には破壊が。

主人公が走り出して終わる映画、
気恥ずかしいけど、好きな映画が多い。

ま、知らんけど。
as

asの感想・評価

3.3
最後の最後で一気におもしろくなった。

妻を亡くしたのに涙が出ない、悲しくない。そうは言っててもきっと心の深いところで気づかないうちに相当なショックを受けていただろうし、
愛していなかった、そうは言ってもきっと心の深いところでとってもとっても愛していたんだろうなと。
一番最初の手紙に起こったことを書いている時点で妻への愛がなかったわけではないというのがわかりきっていた。本人は気づいていなかったけど。

いろんなものを分解して、いろんなものを破壊して、芯の部分にたどり着けたんだと思う。

カレンとカレンの息子との出会いも彼にとってとても大きなものだっただろう。
あゆか

あゆかの感想・評価

4.2
妻が死んでも涙が出ない、妻の死をすんなり受け入れてしまった、自分は妻を愛していなかったのかもしれない。
それに気づいたデイヴィスはDemolition(破壊)を通して自分の感情を整理していく。

ラブストーリーなのかと思って見たら、邦題のミスリードがすごい!って話は一旦置いておいて、本当に素晴らしいヒューマンドラマだった。

重苦しいストーリーを想像していたからデイヴィスの行動のぶっ飛び加減には思わず笑ってしまったし、ダンスシーンなんか最高だった。

「愛はあった。おろそかにしていただけ。」というようなセリフが全てだと思う。妻の妊娠を知るのも破壊行為の中だったし、デイヴィスにとって妻への愛という感情を思い出すきっかけになったのが、妻が自分を裏切っていたという事実だった、それだけ。難しいけどそういう単純ではない人間の感情の繊細さがよく描かれていた。
パケほ

パケほの感想・評価

3.7
失うことに気がつくまで時間がかかるのは凄くわかる。周りが悲しんでいる中で悲しいけど泣けない時にすごく冷たいような気がするけど、泣くことが重要なわけじゃない。そこは勘違いされたくないな。

内容としてはなんかモヤモヤする所も多い。気付くためにここまでもがいていたのに、ラストにかけて残念。夫が無感情であったけれども確かに愛していたことはわかった。でも、その感動で終わるのではなく知りたくないものを知ってこれから生きていくことになる。恋愛要素が強いものとして観ていたから正直疑問に思ってしまった。病気のこともとりあえず回収した?のかな。

子供との関係はよかったかなと。他人の子供と絡んでいくことで自分も成長していく。怪我で泣いた時に少しずつ変化していったのかと。(親に同情出来ないが。)
結局ここの家庭も片方の愛。

嫁さんはどこまで愛してたのか。
愛に気づけなかったことを示したかったのか?
なんか、スッキリしない。

旦那さんの変化を観ていく。

家を壊すシーンは良きです。やってみたい。
Shihon

Shihonの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

こじらせ男子が
心優しい紳士に成長する為には
こんなに大きな代償が必要なのか。

女性と男性で
感じ方や評価が分かれそう。

彼が右往左往しながら
自分の心を取り戻し
どう現実を受け止め
どう変化するのか。
前向きな成長物語りのように
捉えられたら楽なんだけど…


絶対に降ろせない十字架を
背負ってしまった彼が、
これから成長して良い人になれば
なるほど、自分の罪の重さを
深く感じ続けるのかと思うと、
重い。




女性として一つだけ腑に落ちないところ。

これだけ素敵なメモを残せるぐらいに
彼を愛していた奥さんなら、
内緒で浮気なんてしないよ〜‼️

で、あ、こりゃもうあかんわって
思ったら、
こじらせ男子はさっさと捨てて
新しい恋をスタートさせます。
女性はその辺、
男性が思ってるより
切り替えできる強さを秘めてます。
事柄に感情が追い付かない。そういうことって本当にあると思うんです。切ってすぐに血が流れるとは限らないので。妻を事故で亡くした主人公。最愛の人を失ったというのに痛くも痒くもないと言う。はじめこそ、無感情に見える彼の目にいつ悲しみの色が浮かぶのかを見守っていた。けれどそのうち浮かぶ疑念。本当に何も感じないままなのか。そんなわけがないし、最終的にはきちんと彼の悲しみは消化される。けれどあまりに破天荒というか、とっ散らかった男の言動行動にすっかり心が離れてしまった。痛みに直結しない絶望を感じとるのは難しいです。確かに、心も機械みたいに解体できたらいいのにね。バラバラにしてから治したい。
>|