心の旅の作品情報・感想・評価

「心の旅」に投稿された感想・評価

記憶喪失という悲劇ではあるけど、そのやり直しの過程で新たに見つけるものもあることを教えてくれる作品。出番は少なめだけどリハビリ担当のブラッドリーがいいヤツでな…。ラスト付近はもう少し尺が欲しかったかも。
厳しすぎる父が事故により記憶と知能を失い、取り戻していく物語です。
「I can read!」
娘に文字の読み方を教わって、読めた時の喜びのシーンが印象的で好きでした。あとはリッツとオレンジジュース。
介護士が出てきてから物語の雰囲気が変わり面白くなりました。本当に大切なものに気付く過程がユーモアを交えて描かれており、重たくなりすぎずに観賞でき良い作品だと思いました。
nekoya

nekoyaの感想・評価

-
こういうの好きなんだなってわかってきた。あとハリソン・フォードすげえ。
食パン

食パンの感想・評価

2.5
北海道旅行や3日間高熱ダウンで気が付いた。『人生には映画を観るよりもやるべきことが沢山ある』これから映画観るペース1日1本だけにしよう。そんな名言残したハリソン氏の映画観よう。

堅物で仕事人間の弁護士が、事故後目覚めたら記憶喪失に…系人間ドラマ。家族や文字まで忘れてしまい、家庭省みず仕事人間だった男が無知な家族人間になって、娘から単語の発音を教わり読めるようになるシーンの喜び様なんてのは、大人になって忘れていた何かを思い出させるんですか。平凡な映画だが、歳食ってからまた観たいと思わせる少しの温もりとビル・ナンの好演があった。
marica

maricaの感想・評価

3.0
ゆったりとヒューマンドラマが続くのかと思いきや終盤での展開の早さ!笑 ヘンリーは荒治療によって人間らしい人間に治ったということなのかな。いかにも90年代初頭っぽいBGM。サラの髪型、レイチェルのファッションも可愛いです。
リハビリトレーナーの突出したキャラクターとそれを演じるビル・ナンの演技のおかげで前半は非常に面白い。しかし、彼がほぼ登場しなくなる中盤以降は一気に無個性な映画へと後退してしまう。

主人公が本来の自分を取り戻す過程で起こるエピソードは目新しさが無く、その一方で経済的面など現実的な側面からは目を背けてしまっているように見える。マイク・ニコルズ監督作品とは思えないほど後半は平坦な映画になってしまった。
花花

花花の感想・評価

3.0
目覚めてからの回復具合が早すぎやしないか?そこがちょっと解せないけど、そんな事もあるのだろうか?

あと担当がブラッドレーで良かったね。

チャーリーにさよならを言うところ、笑った。日本人、定番の眼鏡にお辞儀。

バディはすごくいい演技してます、特に最後。

アネット・ベニングはとても魅力的。可愛い。

思ったとおりに話が進んでゆく。
ハラハラドキドキもなく、とんでもない悪人が出て来ることも無く、裏切られる様な展開も涙が出る程の感動もなかった(私の場合)。

物足りない感もあるけれど、ゆる〜っと観れる、ハートウォーミングな映画。
リハビリおもしろかったー!
多分、自分でも気づかないうちにゆっくりじっくり、ずる賢くなって、
当たり前が当たり前になって幸せに気づけないまま沼にハマるってよくありそうなこと、、
なにもなくても純粋でいたいね〜
ラストが無理矢理感あったよ残念
na

naの感想・評価

4.0
何も解決しない映画が好きな皆さん〜〜!!心の旅を観てくれ〜〜〜!!!と言う気持ち。
土曜の午後に観たい映画。

さいごに、アマプラのあらすじがとても良かったので引用します。
‪ヘンリー・ターナーは成功しているが、妻や娘が犠牲になっても必ず勝つことを選ぶ冷酷なニューヨークの弁護士だ。しかし一発の銃弾を受け、今までの記憶を全て失ってしまった。そして今、ヘンリー・ターナーはまさに全く見知らぬ自分自身の本当の姿を知ろうとしているのだ。‬
namimaro

namimaroの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

好き。
ハリソンフォード演じる、凄腕弁護士が撃たれ記憶や日常の動作ができなくなってしまう。
リハビリに励み回復していくが、過去の自分をなかなか思い出せない。だけでなく、無機質だった家族への態度の変化、過去のひどい裁判の資料を見て違和感…と人柄が完全に変わってしまう。
記憶を取り戻せず悩む中で、リバビリ担当の仲良い男に、悲観的にならなくて良いことを教わる。
最後、妻の不倫を知ってしまい責めるが、何と自分も不倫を以前していたことを知り、色々考え直して仲直り。弁護士事務所を辞め、愛娘も寄宿舎から連れ戻して丸く収まる。
…と書いていくと、マジメな話のようだけど、コミカルで明るい雰囲気。娘がジュースをこぼした時、自分もこぼすシーンが好き。
現実はなかなかこういかないだろうけど、良い気持ちになれる映画でした!
>|