eatrip (イートリップ)の作品情報・感想・評価・動画配信

「eatrip (イートリップ)」に投稿された感想・評価

Kaori

Kaoriの感想・評価

3.0
生きることは食べること
生きることは命が繋がること

そんなふうに感じた映画だった


小さい頃から、お米一粒残さずに食べなさいと言われ、それが当たり前になっていたけれど、恥ずかしながらそれがどうしてそうすべきなのかを誰かに説明する言葉を持ち合わせていなかった。
住職さんが言っていたとおり、お米一粒を作るのに農家さんのみならず、どれだけの人が心血注いで今目の前にあるのか、そしてお米一粒にも命が宿っていること、そういうことを理解して目の前の食事をするべきなんだと分かった。
MaiAndo

MaiAndoの感想・評価

3.8
こんなドキュメンタリーがあるのを知らなかった。食、食べることを多方面からインタビューした作品。ちょうどジャック・アタリの本を読み終えたばかりだったから、よりひとつひとつがスッと理解できたように思う。
AOI

AOIの感想・評価

3.6
【食に拘る人が色々語る、捌く、料理する】

冒頭にやや衝撃的な映像が流れるので構えたが、その後は「食」に携わる人々が、淡々と映し出され、そうかと思うと、語り始めたり、説明好きな人が出てきたり、なかなか自由な構成

このドキュメンタリーに限らず、食にこだわる人々は、美しい道具を使っている
道具好きなので、見た目の美しさもさることながら、その「機能美」に目を奪われる

気持ちの良い手捌きで調理をする様や、美味しそうに食べる人の姿は崇高ですらある
豪華キャストに数々の名言もご馳走様でした🙏
 
ドキュメンタリー好きなのに矛盾するが「食」は語りすぎないのがいい•••かなぁ
ayumi

ayumiの感想・評価

-
円卓は食事を共にする人の顔がよく見えるからいいな。食は生きる源。
kinalien

kinalienの感想・評価

3.9
都会から離れて 水も土も自由に使える世界で暮らす人は 私達よりも恵まれた生活をしている 豊かな暮らしをしているのかもしれない。 それは客観視すればきっと間違いなんだけど 中に入ってしまえば きっと田舎暮らしの方が幸せなんだろう。
人類は地球(自然)にとって害だと思っていたけれど、 害な人間(文化)と生態系になじむ人間(文化)がいるなと思った。そしてその馴染む人たちの1番の幸せは 食 なんだと思う。
人に良いと書いて、食
文明に依存しない生活
今見て聞きたかった
宇宙エネルギーの話が詰まってた
私の中ではやっぱりUAが一番
かっこいい女性だと思う
人に良いと書いて「食」ってたしかに…

最初の鶏のシーン(特に調理)びっくりした…🐔

色々な人の多様な生活、魅力的だった
「人生とは食べる旅」

私は自分で料理を作る。
でもその食材がどんな風に
どんな人に育てられたかまでは知らない。
知らないままに買う。
それが平気な人間は都会で暮らし、
平気ではいられない人が自給自足で暮らしていく、それだけ。
その言葉にとても納得した。

自分の口から体内に入り吸収され栄養になって自分の体を作るもの。
それを知らずに生きていること、
知ってしまったらきっと平気ではいられないだろう、
だから目を瞑る。
食べることだけに自分の時間を全て費やすことはできない。
だから楽をする。
それが裕福なことだと恵まれたことだと思っていたけど、
本当はそうじゃないのかも、
自分の体だけではなく、
そこから生まれる命、
子々孫々まで受け継がれるもの。
そこまで見据えたら、
人はとっても貧しくなっているんじゃないかと思った。

葉のついたままの果物野菜、
人の手で丁寧にこねられる小麦、
家族で円卓を囲み、大皿で分け合う食事。
美味しそうな食べ物とともに、
淡々と食について語る人たちが映されるだけの映画。

この地球で生まれたということ。
個々では意味を持たない。
人と食は同じ。
シンプルで美しい。

せめてもっと丁寧に料理しよう、そう思った。
ザン

ザンの感想・評価

3.1
UAってあんなことになってるのか。確かにデビュー当時から野性味あふれる感じだったからな。
出演者の面子に惹かれて観たが、食に関する割と当たり前の話を延々と語られ、例えばこれが各人とサシで飲みながら語り合う内容ならそれなりに面白い時間になるだろうが、一方的に淡々とそれを聞かされても眠くなるばかりというか…。途中で寝そうになっても最後まで頑張って観ると美味そうな食事シーンが出てきて少し元気が出るので、その勢いでなんか旨いモノでも食べに行くと良いのでは。
>|