メアリーの総ての作品情報・感想・評価・動画配信

「メアリーの総て」に投稿された感想・評価

Yu

Yuの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

「事実は小説より奇なり」を体現する作品。客観的な視点から淡々と時間が流れていくにもかかわらず、ストーリーに引き込まれる。
駆け落ちした主人公カップルに同項する異母妹(史実通り)の存在がアクセントになっていて良い。
ワク

ワクの感想・評価

3.5
エルファニング可愛すぎ

女の絶望は怒り憎しみに変わりやすいので創作にはうってつけだね自由恋愛。言い訳を思想のせいにするのは吐き気する、自分と対峙しろ
⚠️キスシーン、行為シーンあり
親とは見ない方がいい。

実話を元にしたヒューマンドラマ
独特のぐだぐだしたつまらなさがあるかなと思ったけど、そういうの少なくて最後まで楽しめた。

フランケンシュタインを描いたメアリー・シェリーの話。
若くして恋に落ちた詩人パーシーと駆け落ちした主人公が一時の恋心で決めてしまったことへの絶望や後悔を本にする。

パーシーが思った通りクズだけど、クズなりに最後だけは良かった。

時代の、性別による苦難も描かれていた。
生々しくて好き…

フランケンシュタイン=怪物ってイメージだったけど、メアリーがどういう意図でフランケンシュタインを生み出したのかと思うと、その目線で読んでみたくなる。
メアリー・シェリーの概要をググってみたら、このストーリーのまんまでびっくりした。
ラストだけはハッピーエンドでまとめられてたけど。
好

好の感想・評価

3.4

クズすぎる。
皮肉にも、パーシーやパイロンのような存在がいなかったら物語は生まれなかったのだけれども…

性別格差があるのは悔しい。
昔よりは少なくなってきているが、ネットとか見ると生き辛さは垣間見える。
男尊女卑とか女尊男卑、女性だから男性だからという性別で括り縛り付ける考えは持ちたくない。


この作品では、表現されてはいないが男性を下げ女性を大袈裟、無理やりに持ち上げる作品を観ることがある。
女性、男性に着目してストーリーを進めるのは、観ていても違和感はないが「取って付けたような感じ」が出ると残念だ。

自分がひねくれているからか?それとも、然ういう考えが何処かにあるからなのか???
クズ男やった
男女間の孤独から生まれた小説とは知らんかった
りさ

りさの感想・評価

3.5
フランケンシュタインを勘違いしてる人が多いけど本当に良い小説で大好き。
メアリー可愛すぎる
るみる

るみるの感想・評価

3.8
詩的な表現が多く、出来事ではなく心の動きを中心に描かれている独特な世界観。

『フランケンシュタイン』がどうやって生み出されたのかが、よくわかる。

フランケンシュタインが観たくなる。
vesper

vesperの感想・評価

4.5
NTLの「フランケンシュタイン」を鑑賞したばかりなのですごく感情移入出来た。原作読んでからの方がしっくり来ると思う。(と言いつつも私が観たものはダニー・ボイル演出だったのでアレンジしてるかもしれないけど)

フランケンシュタインがこのような背景があったから生まれた物語なのかと深く理解が出来た。

メアリーが現実逃避からパーシーとくっついたのが苦難の始まり。こいつは絶対に地雷だからやめとけーと思いましたけどあんな家庭環境も地獄だから逃げたくなるのもすごくわかる。
義理の妹クレアも寂しさゆえに遊び人とくっつくのですが色々あったけど強く生きていくぜと二人して覚醒したところは良かった。

他人の思考と言葉は振り払えは名言。

これだけネット社会で情報過多だとそれって本当に私の考えなの?流されてやしないか?と改めて思うことはあるあるなので胸に刻むとする。

女性に対する見下した感じ、ドクターのストーリーなど悔し涙の多い作品でした。
ずっと盛り上がりがなくてちょっと退屈。
でもノンフィクションで最後のシーンでちょっとだけ盛り上がる。

今回の教訓は、悲劇も小説にしたらいい話?
kirly

kirlyの感想・評価

3.3
フランケンシュタイン誕生まで積み重なっていく半生は壮絶だと思うんだけど、それが少し弱く感じた。
内容はよくまとまっていて、キーとなる人物のそれぞれの立場もわかりやすい。

2版目のところで涙し、ポリドリのラストで絶句した。
>|