アンナ・カレーニナの作品情報・感想・評価・動画配信

「アンナ・カレーニナ」に投稿された感想・評価

コバ

コバの感想・評価

3.5
ジョンカーニーのドラマでアンナ・カレーニナの本が出てきたので気になって。
キーラナイトレイこの時代の衣装似合いすぎ。
内容はどうしようもない女の話だった。
Junna

Junnaの感想・評価

3.5
ストーリはありがちだけど、仕掛けが満載で巧み

舞台と劇作と映画が組み合わさった仕掛けがかなり楽しめたのと、キーラナイトレイってほんとなんの役をやっても華がある

アンナは愛が欲しかっただけだけど欲張りすぎ
欲張りすぎると、バチがあたるよって
それだけの映画
mkomadori

mkomadoriの感想・評価

3.8
舞台みたいな演出や衣装、色彩が美しくて面白かった!

トルストイの名作、こういう話だったのね。わかりやすい展開だけど、不倫に走り不幸に終わるアンナと、つつましく暮らし幸福を得たリョーヴィンとの対比を教訓的に描いていたのか・・・影キャラのリョーヴィンが中途半端にちょくちょく出てくるしその辺はもうちょいキーラ・ナイトレイと同じくらいの大物俳優をおいて目立たせてもいい気がした。
『時代を駆け抜けた、美しくも激しい運命の愛が、現代によみがえる――。』

 Анна Каренина(1873-77)Лев Николаевич Толстой

1874年、帝政ロシア。政府高官カレーニンの妻で、社交界の華アンナ・カレーニナ。
夫との満たされぬ日々を過ごす彼女は、年下の将校ヴロンスキーと出会い、お互い恋に落ちてしまう。

舞わせたり降らせたり折らせたり、セリフ外での心情や状況が解り易い。演劇舞台、リズムに合わせたスタンプ押しや、当時には無かっただろうダンスの動きなど映像表現も面白い。
ストーリーの方はエピソードを詰め込み過ぎて、場面転換が多いから疲れてしまう。もう少し整理した方が良かったような。
アンナとの対比でリョーヴィンは重要な役回りだが、この内容だとバッサリ無くした方が解りやすくなる。
大好きですキーラナイトレイ様♡
今作は映画館で鑑賞し、久しぶりに借りて観ました。

古典名作アンナ・カレーニナを舞台仕立てにして、豪華絢爛、うずめく愛と欲。

政府高官の夫と可愛い息子を愛する良き淑女が若い軍人と恋に落ちてしまうのだけど、あれだね真面目な人程、恋に落ち盲目になってしまうのはなぜだろう?

最後恋人を信じられず、自ら命を絶ってしまうけれど、そのシーンだけでも観る価値があると思う。
キーラ・ナイトレイの無邪気な笑顔が可愛かった。
舞台装置のような演出や華やかな衣装は美しかったけれど、ストーリーが肌に合わなかった。

このレビューはネタバレを含みます

映像は綺麗で良かった。
ジュードロウもアーロンもステキだったのに主役の演技かなぁ。。。
Milkey

Milkeyの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

綺麗だった!初めてのロシア文学の映画!全然ロシア人出てなくて笑ったけどおもしろかった!
さらさら時が流れていく感じで、2つのストーリーが同時進行していくので飽きずに明るくみれました。
アーロンテイラージョンソンの仕草が美しい、、、
ブロックのシーンが可愛すぎて、
あと、最初のフランス語のシーン。ロシア人はフランス語を勉強してたとか忠実な映画だなぁと思ったら、そのシーンだけだったけど!ブロックも英語だしね!
chi24

chi24の感想・評価

3.4
美! 全く古臭くない!! 出会いの眩さ、抗えないスコア。アーロン・テイラー=ジョンソン♡
"なぜ私がこんな目に?" と夫が言うけれど…モテと結婚したから感。出会う前が幸せ…平安も失われ…狂気…それでも出会えて良かったンだと思う。青い壁紙も綺麗。フラれたモテと非モテの新婚は…厳しそう感
柴

柴の感想・評価

3.5
キーラナイトレイ主演のアンナカレーニナ鑑賞しました。
舞台のような演出に豪華な衣装。
画がとても綺麗でした。

ドーナルはリョーヴィン役。
アリシア演じるキティとブロックを使って気持ちを伝えて心通わせて行くシーンが素敵。

ジュードロウの静かな落ち着いた演技も流石でした。

ヴロンスキー役のアーロン・テイラー=ジョンソンがとてつもなく美しかった。青い瞳が宝石のよう。

キックアスのイメージが強かったからギャップ萌えw
>|