ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐの作品情報・感想・評価・動画配信

「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」に投稿された感想・評価

ロアー

ロアーの感想・評価

3.8
推しの映画を見てキャーキャーいう同時上映会、ついに第1回目が開催されました✨
1回目はジュード・ロウ、そしてコリン・ファースを推す上映会💕私もどっちも好きながらまだ観れてなかった作品なので、上映会で初見できるの楽しみにしてました😍

ジュード演じる作家トマス・ウルフとその編集者だったコリン演じるマックス・パーキンズの伝記映画。結論から言うと、帽子と乳首と前髪の映画だった😆

とにかくコリン演じるパーキンズが帽子を脱がない‼️食事中でもパジャマ姿でも脱がない‼️1人で観てたら、多分アレだけ存在感のある帽子について何も気づかずサラッと流しちゃってただろうから、帽子応援上映で観れて良かった😂
帽子描写が頑な過ぎて、実際のパーキンズが帽子人間だったのかと、居ても立ってもられず調べたら、全然帽子かぶってる写真なくて「史実と違った‼️」って誤った情報騒いでごめんなさい🙇‍♀️本当に家の中でも帽子被ってる人だったらしく、じゃあ何で外にいるときは逆に帽子脱いでるの〜⁉️という、パーキンズに対する不信感が芽生えました。

途中ジュードがセクシーすぎて、みんな妊娠したり赤ちゃん産まれたり女ホルが溢れまくったりのトークが楽し過ぎて、実は詳細ちょっと不明ながらニコール・キッドマン演じるトムの奥さんとパーキンズが最初の方からトムを巡ってバチバチ火花散らしててどういうこと?なってた😂奥さんそこまで病んじゃってるのにまだ家帰らないんかーい‼️という驚き😅とにかくトムとパーキンズがベッタリ過ぎて混乱したものの、屋上シーンのジュードの横顔が美しかったのは確信の持てる真実✨ハラリと額にかかったジュードのクルクルの”奇跡の前髪”がホント素敵😍私もジュードに肩口に甘えられたい💕ジュードの頭乗せられるくらい背が高くならなきゃ‼️顔小さ過ぎて乳首離れてるように見えるくらい小顔になって安定の肩幅作らなきゃ‼️(綺麗に前髪と乳首を説明できた😂)

そんな仲良しでも喧嘩したりはする訳で、パーキンズに一方的にプンプンしてる自己中トムを、ガイ・ピアーズ演じるスコット・フィッツジェラルドがしっかり正論で諭してくれてて、そのお陰で最後の手紙も生まれて、パーキンズの帽子も脱がせたのかと思うと、実はすごいぞフィッツジェラルド‼️😂

ところで、皆さんが「口笛〜‼️」ってなってる時、うっかりトイレ行ってて「口笛ってなんなんや〜‼️😫」ってなったので、もう一回その辺のシーンと、出会って0秒でキスするエロドロウのシーン見直そうと思います💕
Kota

Kotaの感想・評価

3.8
美しい言葉

言葉というのは、酷く不安定で1文字でもピースが合わない言葉だとハマらない。

この作品は、小説家という物語と言葉のプロ。そして編集者という黒子であり、整えるプロフェッショナルの関係を描いたお話。

もし、英語に対して理解が深かったら
もし、小説を作るという経験をしてたら
ボクの中にある価値は跳ね上がっていただろう。

何よりも、あの時代のハットとスーツの格好が大好きだからか、全員の言葉にムードとウェイトを感じた。

家庭を築いて団欒を選ぶか
全てを投げ打ってでも好きな道を深めるか

どっちが幸せか分からない
ただ、作り手の悩む苦しみは一生理解できないであろう。
yukoyuko

yukoyukoの感想・評価

3.2
静かだけど熱い作品だなと思いました。本を書く作業も大変だけど、それ以上に、作者の意図するところを汲みながら、より良い作品に仕上げていくという編集という作業は凄まじいのだなと実感しました。二人の関係も良かったです。
人間は登場人物じゃない、ってところ良かったな個人的に。
切ない。来世でもマブダチであれ。
やっぱコリンファースはええな〜ジュードロウも好きだから我得だった
touchy34

touchy34の感想・評価

3.5
確認はせずともいつもそこにある存在。
実話に基づいているというのがまた素敵です。
実際にいた作家が何人か登場するので、本を読んでいる人はよけい面白いと思う。
いろんなものを犠牲にしながら、傑作を生み出す為に、作家と編集者が真剣に一つのことに熱中する。二人の才能が素晴らしいと思いました。
今もこんな風に作られてる本てあるんでしょうか。
開明獣

開明獣の感想・評価

4.8
すべての小説を愛する人たちに捧げる。この作品は、そういう副題でもよかったかもしれない。

ハーレムの地下にあるジャズクラブで、紫煙たなびく中、バーボンをあおり、スイングするリズムに合わせてストンプする男たち。リズムから言葉を産む。第一次大戦と大恐慌の時代に現れたジャズエイジとロストジェネレーションは、偉大な作家たちを産み出していく。

ジャズエイジの寵児にして、繊細で壊れ物のようだったスコット・フィッジェラルド。極限まで刈り込まれた厳格な文体で新時代を切り拓いたアーネスト・ヘミングウェイ。ヨクナパトーファという架空の地方を舞台に文学的実験を繰り広げた南部の賢人、ウィリアム・フォークナー。綺羅星が如く煌めく巨匠達と同時代に活躍したトマス・ウルフ。4本の長編を遺して早逝した、天衣無縫、豪放磊落な天才の作品を、今では翻訳では処女作「天使よ故郷をみよ」(講談社学芸文庫)しか読むことが出来ないのは、残念である。しかも、その翻訳の出来がかなり酷く、光文社古典文庫で、新訳を出して欲しいものだ。

そのウルフを見出し、ヘミングウェイやフィッツジェラルドの編集者でもあった、マックス・パーキンズ。売れる本へと編んでいくその手法は、時に原作を歪めてしまったという批判を受けることもあった。もし、彼がジェイムズ・ジョイスやマルセル・プルーストの編集者であったなら、「ユリシーズ」や「失われた時を求めて」は生まれてこなかったかもしれない。

パーキンズに最初の原稿が持ち込まれ、出版が決まるまでウルフを支えたのは、アリーン・バーンスタインというユダヤ人の豪商の夫人であった。家庭に居場所を見いだせず、誰からも必要とされていないと感じていたアリーンはウルフと出会い、ウルフの才能を励まし献身的に愛する。その献身は執着へと変わり、アリーンはパーキンズにウルフを奪われたと感じて嫉妬する。一方、パーキンズは、文学へとその身を捧げた男であった。彼もまた家族を顧みず、文学への献身はいつしか執着へと変わっていく。だが、パーキンズは、アリーンを映し鏡とすることにより、自らの愚かさに気づく。この作品は、ウルフとパーキンズの交流が主だが、アリーンの役所は重要であり、ニコール・キッドマンが情念強く克己心のある女性を好演しており、彼女の演技も見所の一つとなっている。

ウルフの文章は散文にしては詩的で原文を読むには、英語を第二外国語とするものには骨が折れるのに楽しいという不思議な文体だ。彼は大地を踏みしめ、この地にある全てのものを描こうとする。言葉は奔流のように迸り、閃きは尽きることを知らない。まさに天才肌の作家であったと言えよう。そのウルフを非情にも不治の病が襲う。病院に駆けつけたパーキンズは、電話口で自分の夫人にこう話す。

“The plural of myriad is myriads”

「"無数"という言葉には複数形があるんだよ」

世の中には理解に苦しむことがある。そんなことを、ウルフが倒れた切迫した状況でも婉曲的に文学的に表現するパーキンズは、根っからの編集者であったのであろう。

コリン・ファース、ジュード・ロウ、ニコール・キッドマン、ローラ・リニー、ガイ・ピアース、主要な人物全員の演技が素晴らしく、作品を堪能出来る。最後には観るものを静かな感動に包んでくれる佳作だと思う。

パーキンズは、ウルフの死後、彼の遺言執行人を務め、その友情は終生変わることはなかった。

最後に書棚で積年の埃を被った"Looking homeward, angel"を紐解き、この映画の冒頭でも引用されていた部分を紹介して拙文の結びとしたい。

A stone, a leaf, an unfound door; of a stone, a leaf, a door. And of all the forgotten faces. Naked and alone we came into exile. In her dark womb we did not know our mother's face; from the prison of her flesh we come into the unspeakable and incommunicable prison of this earth.

一つの石、一枚の葉、まだみつからない扉。一つの石、一つの扉について。そして、すべての忘れられた顔たちについて。何一つ身につけず、たった一人で、私達は放浪の旅へと出る。暗い胎内で、私達は母の顔を知らない。母の肉体の牢獄から、私達は言葉にすることの出来ない、わかりようのない、この地上という牢獄へと降り立つ。
実話に基づくものがたり

新作を持ってきたと言った時のワクワクする気持ちが隠しきれないコリンの顔が印象的🥰✨✨

才能が溢れるジュードロウの文章を編集する作業の大変なこと大変な事💦

削除するって簡単そうで、難しい作業なんだと知った。ただ消すだけでなく、作者の想いを組みながら、文章を綺麗に繋げなければいけないし・・・編集って大変😳

2人で1つの作品を作り上げる時の子供の頃のように楽しそうな姿が印象的だった✨✨

好きなことを仕事にできるって幸せなことだな😊❤️
雰囲気と俳優さんたちがとても素敵でした
詩的な表現を理解する能力が足らなくて
この映画を存分に味わいきれなかった気がしました。。

天使よ故郷を見よ、かなり長編だなあ、、、
ミドリ

ミドリの感想・評価

3.5
まあちょっと二時間じゃ足りないよね、、
しかし世界恐慌の前のアメリカお洒落だな素敵
>|