時をかける少女の作品情報・感想・評価・動画配信

「時をかける少女」に投稿された感想・評価

浮き草

浮き草の感想・評価

4.2
アニメ版の主人公を真似た演出なのだろうか(声優としての仲里依紗はいまおもうと本当に素晴らしかった)。

ゴルトベルクが流れてる。

これもいいけど、アニメ版がリメイクとしてとてつもないというのがよくわかる。

このレビューはネタバレを含みます

結婚きっかけ系映画はパビリオン山椒魚しかりつまらなさげな傾向あるかも。
10点満点中4点。
karinto3

karinto3の感想・評価

3.3
アニメ版と設定違うとこもあったけど、よかった!全力で走る仲里依紗が最高!
ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

4.2
大林宣彦監督の1983年の同名作品を意識した谷口正晃監督の青春ファンタジー。

1983年版の設定や登場人物をモチーフにして、その子供の世代を中心に描いた作品。
前作のヒロインと同名の芳山和子に加え、堀川吾郎や深町一夫も登場する。
舞台は前作の尾道から世田谷に変更。
折角なので、完全な続編にした方が楽しめたと思う。

交通事故で意識不明の芳山和子が一時的に目覚め、深町一夫に会うためにタイムリープしようとする。
代わりに芳山の娘あかりが、1972年4月にタイムリープするつもりが間違って1974年2月17日にタイムスリップしてしまう。
そこで映画監督を目指す大学生と出会うのですが.....

終盤は涙です😭
「未来の桜を見る君に!」
まう

まうの感想・評価

3.6
今日は、マイミクさんからおススメされていた『時をかける少女』仲里依紗主演版を配信で鑑賞。原田知世主演版の記憶のあるうちに是非との言葉通りにして大正解でしたぴかぴか(新しい) 1970年代が物語の舞台ですが、70年代といえば私が小学生の頃。時代を表現するアイテムが心に刺さり懐かしくウルウル、切ない物語にも泣けました(^^
かわ

かわの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

テレビで原田知世の時かけを久しぶりに鑑賞したのでその流れでこれも観てみようと。深町くんやごろうちゃんもちゃんと出てくるから流れで見たことで思い出がいまに繋がるようでワクワクした。
主人公が「未来人」という設定も新鮮で、昭和の世界がまたいい味だしてる。二人の距離が縮まっていく姿は爽やかできゅんとした。
最後は苦しい、、けれど歴史をかえちゃだめならいまここに彼女がいる事は歴史を変えていることに入らないのかという疑問も残りましたとさ!
sorablue

sorablueの感想・評価

3.3
実写化はこういう感じかなという感想。昔バージョンの方が好きかな
大林宣彦監督による「尾道三部作」のひとつだった旧作は“昭和の香り”漂う青春小説の名作。原作小説の“その後”という設定で旧作の主人公・芳山和子の娘あかりが今回の主人公。
イマドキ感たっぷりに“現代の女のコ”あかりを演じる仲里依紗が素晴らしい♪原田知世に感じた瑞々しさとは質の異なる溌剌とした瑞々しさでスクリーンいっぱいにはじける。21世紀版における正真正銘「時をかける少女」。
下宿していた学生時代を思い出し、ノスタルジーに浸って心の琴線をわしづかみされた仲里依紗の疾走する姿も美しい21世紀を代表するジュブナイルの逸品!
まずアニメ版時をかける少女とこちら実写版と、主演が同じ仲里依紗というのがとても良い。映画で制服で走る女子高生ランキングではダントツ1位。
過去鑑賞。
時をかける少女て、アニメ含めて4作あるんですね。自分的に3作目。
>|