至高のエトワール パリ・オペラ座に生きての作品情報・感想・評価

至高のエトワール パリ・オペラ座に生きて2013年製作の映画)

Agnes Letestu – L'apogee d'une Etoile

上映日:2014年11月08日

製作国:

上映時間:93分

3.9

「至高のエトワール パリ・オペラ座に生きて」に投稿された感想・評価

MK666

MK666の感想・評価

-
ウリヤーナの次はこれ!
華やかな美しいアニエス
soyona

soyonaの感想・評価

3.8
バレエに凄く興味があるので勉強になりました!舞台衣装も綺麗だった。
アニエスさん体型も顔もダンスも綺麗すぎてうっとりしてただただ眺めた。自宅もとんでもなく素敵だった、、。犬も可愛いし。平和そのものだった。
隣のお姉さん(といっても私より若い別嬪さん)は長いこと嗚咽して、後半はガクッと寝たのが面白かった。泣くと疲れるよね。涙の理由は、ルテステュの美しさか、パリオペ引退を思い出して悲しかったのか何だか知らねど、私は美しさと強さと繊細さに目汗だったよ。
かおり

かおりの感想・評価

3.8
バレエを知らずとも、見終れば誰もがアニエスの人となりに魅了され、バレエってすごい!と思うに違いない贅沢なドキュメンタリー映画。
アニエスのすごいところは、誰よりもバレエを楽しんでいるところ。だから自然と笑顔になれるし周りの人を大切にできるのかなと思った。
やっぱり好きな気持ちが大事。
凛

凛の感想・評価

3.5
ため息が出るほど美しかった。あと元夫のジョゼ・マルティネスがかっこいい。笑
舞台で演じているシーンが多い!映像で観やすいが、やはり生で観たい。
パリ。オペラ座のエトワールのドキュメンタリー。

動きがとっても綺麗!
バレエは見たことないけど、完成度が映画でも伝わりました。
アニエスの美しさに惹き込まれた93分。ステキな人は人生も前向き。
KOMETTI

KOMETTIの感想・評価

5.0
アニエス・ルテステュさん、とっても綺麗♪♪
1971年生まれ(‼︎)…美しい体、姿勢、顔つき、肌、所作、話し方から内面の美しさや品が滲み出ていて、うっとり。
16年エトワールであり続けるのには、凄まじい鍛錬と精神力が必要だったのではないかと思う。そんな事を表に出さず、優雅にステージに立つ姿はプロ。感動。
コンテンポラリーも踊りこなしてしまう!作品ごとにガラッと変わる彼女に釘付けだった。
一緒に作品を創りあげた人達からも愛され、信頼されてる事が伝わってくる。
うっとりして、心が洗われる時間だった。
こういう人達が地球にいると思うと、自分も頑張れる。
今頃、歓びを感じながら踊っているのかなぁ。ワクワク♪♪

原題「Agnes Letestu – L'apogee d'une Etoile. 」
SaoriN

SaoriNの感想・評価

3.5
ドキュメンタリー映画って眠くなることが多いんだけど、これは別。アニエスがどれだけ周りの人に愛されているか、バレエに捧げているかが分かる。アニエスの踊りは本当に美しい。目線にドキドキさせられる。私は衣装や振りが美しいからクラシックが好きだけど、アニエスのコンテンポラリーはとても素敵だった。タップも。アデュー公演のフィナーレのシーンには思わず涙が出た。
最後に、映画のシーンで素敵だった言葉達。
「アニエスはバレエに使命感を持っているわ」「まだ踊り続けたいの。歓びがあるから続けられる」
>|