奇跡の2000マイルの作品情報・感想・評価

奇跡の2000マイル2013年製作の映画)

Tracks

上映日:2015年07月18日

製作国:

上映時間:112分

3.5

あらすじ

砂埃が舞うオーストラリア中央部の町アリス・スプリングス。うまくいかない人生に変化を求め、家族や友だちから離れて、たったひとり都会からこの町にやってきた24歳の女性ロビン。彼女がこの地を訪れた目的は、とてつもなく広大な西部の砂漠地帯を踏破し、インド洋を目指す冒険の旅に出ること。町のパブで働きながら牧場でラクダの調教を学び、旅の準備を整えたロビンは、荷物持ちとなる4頭のラクダと、いつも心の支えになっ…

砂埃が舞うオーストラリア中央部の町アリス・スプリングス。うまくいかない人生に変化を求め、家族や友だちから離れて、たったひとり都会からこの町にやってきた24歳の女性ロビン。彼女がこの地を訪れた目的は、とてつもなく広大な西部の砂漠地帯を踏破し、インド洋を目指す冒険の旅に出ること。町のパブで働きながら牧場でラクダの調教を学び、旅の準備を整えたロビンは、荷物持ちとなる4頭のラクダと、いつも心の支えになってくれる愛犬を引き連れて、いよいよ町を出発。圧倒的な大自然のなかを、自らの足でしっかりと大地を踏みしめて一歩ずつ前進していく。やがてこの波乱に満ちた旅の道程で、ロビンは一生の宝物になるような出会いと経験を重ねていくのだった…。

「奇跡の2000マイル」に投稿された感想・評価

zak

zakの感想・評価

3.7
実を言うとロードムービーめっちゃ好きなんですよね。
大人になるにつれて、どんどん現実という荷物(のような物)は増えていって、現実逃避(旅)したいなぁとか思ってもなかなか難しくなっちゃいますよね。
そんな時せめて映画の中だけでも、旅の気分に浸らせてくれよっていう想いから夜な夜なロードムービーを観る訳です(笑)

で、この映画はそんな中でも割とハード目でしたね。
主人公が旅に出る前にお金を稼ぎ、ラクダを調教して準備期間をしっかり設けた描写なんか好感持てたし、何より過酷で壮大な景色には感動すら覚えましたね。

だがしかしですよ!
主人公が旅に出た理由や目的もはっきりせず、そのへんの心理描写がイマイチで、ただ苦しく辛い旅になってしまいましたね。
観てるコッチが思わず眉間にシワですよ。
でも旅に出る理由なんていらないと言われれば、そんな悪くないとか思えたり。
まあ非常に惜しい映画だなとは思いましたね。

やっぱ旅に出る理由はトラウマ克服とか自分探しとかじゃなくて、個人的には未知なる新しい世界との出会いにワクワクドキドキしたい!っていうのが理想ですね。
お前少年かよ!っていうツッコミは置いといて、まああくまで理想なんでね。(笑)
(演者は頑張ってますよ)
あのね、この終わり方は無いんじゃない…大事なのはこの後でしょ。この苛酷な旅を終えて彼女の生活や考え方が変化したのか、どういう生き方をしたかが重要じゃないの。このままじゃ現実逃避した女性が他人を拒み犬一匹とラクダ三頭連れて砂漠を横断しました(他人を拒むくせに沢山の人の協力のおかげで横断)後に本書いて売れましたってだけの話じゃん。何を伝えたいのよ…凄いな~で終わってるじゃん。
umeshio

umeshioの感想・評価

-
20160411
こういう人生に疑問もって旅する映画って大好きなのだけど、これはイマイチ自分の中で消化しきれなかったというか、ぶっちゃけ言うと好きじゃなかった…苦しい。犬とラクダが死ぬ映画。映画とわかってても動物が死ぬ映画は悲しい。イントゥザワイルドは凄く好きで大切な映画なんだけれど、こっちを好きになれなかったのは何故なんだろ?って思うと多分主人公が好きになれなかったからだろうと思う。似てるんだけどな。一人になりたくて始めた旅だろうけど、人の助けがないとやり抜けないのが人生なんだなあ、やっぱり。生きてくって難しいね。 WOWOW
こんな旅するんじゃなかった、そう言っていたけれど、きっと目の前に広がる到達地点の海を見たらその気持ちも晴れやかになったんじゃないかな。じゃないと犬。報われないよな。
rina

rinaの感想・評価

3.6
現実生活を捨てて、ラクダと愛犬のディギティと、海を目指して砂漠を旅する話で
アリススプリングスがスタート地点、エアーズロックやっぱ行きたくなる~〜
旅めっちゃしたくなるなあ
ついこの前、事前準備の大切さを大学で聞かされて、それがロビンと重なった
荷物の準備とかじゃなくて、ちゃんとしたやつ🐫ロビンは何ヶ月もきちんと準備をして旅に出たわけだから、やりきれた!!
ミアワシコウスカやっぱりとてもキュート
Sweetie

Sweetieの感想・評価

4.5
24歳の女性が愛犬と4頭のラクダと砂漠を2000マイル旅する話。実話に基づく作品。🐪🐫🌵✨
ロビンは旅を始めてからキャメル・レディと呼ばれるようになった。
地面がひび割れてたり、虫もたくさん飛んでいたり、何もかもリアルでかなり貴重な映像。
そんな中、甘えることなく、諦めることなくやり遂げる姿に勇気をもらえた🏜
ロビンが書いた’Tracks’っていう本とナショナルジオグラフィックの記事読んでみたくなった。
「1つの場所に行き詰まったら思い切って飛び出すこと」
「どこに行っても居場所がないものがいる。私もそうだった」
“Some nomads are at home everywhere. Others are at home nowhere, and I was one of them” by Robyn Davidson
リンゴ

リンゴの感想・評価

2.8
24歳でオーストラリアの砂漠踏破したそうです。
凄い…けど。

良いなぁ!
旅行きたい!
とはこの映画観てまっっったく思わなかったし
主人公の周りの人に対する態度がね。
自分的にあり得無いっ!

資金援助する代わりに写真を撮る事になったのに、あからさまに撮られるのを嫌がる
アボリジニの方々にお世話になったお礼も無し

言ってたとしてもあの態度。。
そんなにイライラするなら砂漠行くなっ(°Д°)


あとね、とにかく砂まみれ(泣)
後半ミアが真っ黒になってましたが
アレ日焼け?
もしや垢Σ(゜Д゜)??

女性ってトイレ事情もあるし
何日もお風呂入れないとか
本っ当に無理っ(しつこい)

目線がやっぱりズレてる~
JT

JTの感想・評価

3.5
実話を元にしたオーストラリアの砂漠での自分探しロードムービー
ラクダと犬が可愛い、砂漠と太陽が美しい
あと途中ちょっとだけ出てくる現地の案内人のおっちゃまが頼りになるうえに可愛くて好き

とにかく歩く映画なのでカタルシス的なところは多くないんだけど、ストイックな主人公の姿勢とか風景の美しさが大変素敵
旅いいよね……

これがアリなら邦画で上温湯隆さんの映画やろうぜ、と思ったのは秘密
あっちのほうがこっちよりシビアな旅ではあるけれど、あるだけに

それはそれとしてなんでこの原題からこの妙な邦題つけたのかしら
だれも止める人はいなかったのかしら
マーク2000本目。
ラクダと旅するミア・ワシコウスカ。
とにかく美しい大自然と彼女が画になる!
しかも脇で支えるのがアダム・ドライバーときたもんだ、いや控えめに言って最高。
エンドロールで映し出される原作者のロビンさんもミア・ワシコウスカに劣らぬ美人さんでした。
めきお

めきおの感想・評価

3.0
ロビンのオーストラリア横断物語。実話に基づいた映画。都会の暮らしにうんざりしていた主人公はオーストラリア横断でアボリジニを始め様々な出会いを通して心境の変化を迎えながら旅をする。カメラマンには最初はうんざりしつつ、俗っぽさを感じてた。旅を進めるうちに打ち解けていく様子が良かった。飼い犬を失うシーンはとても寂しく、昔失った飼い犬がフラッシュバックされる様子はつらいものがあった。様々な経験、困難を経て最後は目標を達成する姿、その道中のオーストラリアの原風景はとても尊く、美しい。
yoko45

yoko45の感想・評価

4.0
 ラクダと愛犬を連れオーストラリアの広大な砂漠を女性一人で・・実話(1977年)だそうです。実際に旅した本人は苦しかったでしょうが、荒涼とした大自然、でも美しいと感じる景色の中を旅する光景は絵になります。
 何故このように無謀な旅をしたのか理解しがたいですが、太陽と砂漠の世界、そこに身を投じたロビンを演じるミア・ワシコウスカに見入ってしまいます。
 最後の写真、ロビンとミア・ワシコウスカの容姿がとても似ていることに驚きました。
>|