舞台よりすてきな生活の作品情報・感想・評価

「舞台よりすてきな生活」に投稿された感想・評価

MiYA

MiYAの感想・評価

2.0
「映画天国」より。スランプに陥った劇作家の話。この手の楽屋落ち作品にはウンザリしているので、見て損した気分。ケネス・ブラナー演じる主人公の偏屈な台詞回しをちょっと面白かったですけど。
はぐみ

はぐみの感想・評価

4.0
主人公夫妻がとても素敵。舞台がテーマだけあって、セリフが印象強いとても良い映画でした。
shiori

shioriの感想・評価

3.1
こども嫌いって不思議。ひとりの人間として接すれば、きっといいところもみつかって仲良くなれるのにね。もちろん基本的に合わないこともあるのかもしれないけど、こどもだからって毛嫌いしてたらもったいない。ピーターとエイミーがどんどん生き生きしていくのが観ててうれしい。そして、さいごはかなしい。エイミーはきっとほんとに素敵な女性になるよ。可能性は無限大。個人的にはメラニーの髪型がキュートでツボでした。そして、さいご犬が死んだのは勿論芝居ですよーってところ。
Rodic

Rodicの感想・評価

3.7
隣人の犬,後味悪いわ!って思ったけど,最後にフォローしてあって安心した.特に事件はないけど,この人達自体が面白かった.
子供嫌いの劇作家ピーターと、彼の家の向かいに越してきた足の不自由な女の子エイミーの奇妙な友情を描いた作品。

ちょっぴり大人びたエイミーと、子供のような純真さを垣間見せるピーターがお互いを受け入れる瞬間がとても微笑ましい。
ごじ子

ごじ子の感想・評価

2.5
R.レッドフォード色が濃い。淡々としながら密度高く退屈させない。晴れた休日に観たい大人の映画。字幕翻訳には不満が多い。理屈っぽい夫と負けない妻の台詞の応酬が、簡素化されすぎの翻訳で損なわれている。偽陽性を陰性と訳したら台無し。
Santa

Santaの感想・評価

3.5
ロバート・レッドフォード総指揮らしさ全開でした🌟 イギリス風皮肉とのんびり感が楽しめました。
邦題より、原題の方が余程良いと思います。
僕の尊敬してやまない監督、ケネス・プラナーが主演を務める今作。
笑いありのほのぼのコメディかと思いきや、笑うだけでなく最後に泣いてしまうとは…T_T

最近はあまりヒットがない演劇の脚本家、ピーター。彼は子供が大嫌いで夫婦間にも子供がいない。演劇の中で描いた子どもにリアリティがないと指摘され、隣に引っ越して来た足の不自由な少女と交流するのだが…。

隣の足が悪い少女役の子の演技にまず釘付けです。
ままごとをしていて劇作家に「演技が下手ね」と言い放ったり(笑)
随所随所で笑いもあり心がほっこりして観れますよ!
オススメです^_^
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.5
いつも不満ばかり言ってる劇作家の主人公が、下降していく人生からどう上向きに変わっていけるか、というところですね。子ども嫌いから変わっていく様が微笑ましかったです。伏線は分かりやすいし捻りもないんだけど、ブラナー、ライト、女の子、犬たちが皆良くて楽しめました。

このレビューはネタバレを含みます

こんなコミュニケーション出来る関係って最高だ♡

夫婦もだし義母との関係も素敵✧

言い合いも喧嘩も皮肉もユーモアのセンスも
なんか愛を感じる♬

子供は大人が思うよりずっと賢くて
深い哀しみや抑圧や悩みを抱えてること
ちゃーんと知ってる主人公に好感持てました✧

子供は本当に大変なのよ。
>|