ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスの作品情報・感想・評価

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス2017年製作の映画)

Guardians of the Galaxy Vol. 2

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:136分

4.2

あらすじ

“スター・ロード”ことピーター・クイルをリーダーに、凶暴なアライグマのロケット、マッチョな破壊王ドラックス、ツンデレ暗殺者ガモーラなど、たまたま出会ったノリで結成された宇宙の“はみ出し者”チーム、<ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー>。小遣い稼ぎに請けた仕事をきっかけに、強大な力を持つ“黄金の惑星”の指導者アイーシャ率いる無敵艦隊から総攻撃を受け、彼らの宇宙船ミラノ号は壊滅寸前に…。間一髪、ガー…

“スター・ロード”ことピーター・クイルをリーダーに、凶暴なアライグマのロケット、マッチョな破壊王ドラックス、ツンデレ暗殺者ガモーラなど、たまたま出会ったノリで結成された宇宙の“はみ出し者”チーム、<ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー>。小遣い稼ぎに請けた仕事をきっかけに、強大な力を持つ“黄金の惑星”の指導者アイーシャ率いる無敵艦隊から総攻撃を受け、彼らの宇宙船ミラノ号は壊滅寸前に…。間一髪、ガーディアンズを救ったのは“ピーターの父親”と名乗る謎の男エゴと、触れただけで相手の感情が分かる能力を持つマンティスだった。仲間からの忠告にも関わらずエゴに魅了されていくピーターの姿を見て、次第にチームの絆に亀裂が…。そこへ“ピーター育ての親”ヨンドゥが率いる宇宙海賊の襲撃や、さらに銀河全体を脅かす恐るべき陰謀が交錯していく。はたして、ピーターの出生に隠された衝撃の真実とは? そして、彼らは絆を取り戻し、銀河を救うことが出来るのか? その運命の鍵を握るのは、チーム一小さくてキュートな、ガーディアンズの最終兵“木”グルートだった…。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

・宇宙のはみだしもの「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が今度はチームリーダーのピーターの父親を名乗る男の星で繰り広げるスペースオペラ作品の第2弾
・今回は自分を犠牲にしてチームを救う男気溢れるヨンドゥーが主役
・オープニングのベビーグルートがダンスしてる背景で怪獣と立ち回るシーンだけをずっと見ていたいほど好き
・というかグルートの全てのシーンが超カワイイ~
・船内でスローモーションのなか矢を操って次々と敵を倒すヨンドゥーもしびれた
・母の形見のソニーウォークマンも出てきて70~80年代の音楽も相変わらずナイス
・第3弾もあるみたいで楽しみ
371

371の感想・評価

3.2
sfのわりに面白かった
当時は高校生でTジョイ京都で500円で観れたから観た
Aim

Aimの感想・評価

4.0
ピーターの表情や言動が「うわ、人間味があるなぁ」「人間っぽいなぁ」って見てる"人間"に自然とそう思わせるのがすごい。かといって他人事に思える訳でもなく、その「人間臭さ」に心惹かれる。すごく共感ができて仲間意識的魅力を感じる。あぁ、それでこそピーターだよねって思える気持ちよさがある。

1もそうだったけど、小ネタやギャグにクスッてした後 それが細かい伏線になってて本当に飽きない。ただウケ狙いでお笑い要素を入れてるんじゃなくて、ひたすらにセンスに溢れてる。1よりパワーアップしてると思う。

テンポ感、ストーリー、音楽、キャラクター、どれをとっても一流な映画。とにかくおもしろく、見やすい。
愛について語られる場面が多いけど決して安っぽくならず、何よりキャラクター全員がそれぞれ愛への信念を持っているから 大切で儚く、アツい想いが感じられる。

グルートが可愛すぎて愛くるしすぎてイジメられるとこで心臓がギュッてなる…胸ポケにずっと入れてたい
インフィニティウォーでどう活躍するのかたのしみ。
G

Gの感想・評価

4.4
1作目を越える2作目ってあんまり無いと思うのだけど、GotGは2作目の方がよかった。シリアスとギャグの匙加減も最高で、サムくない。ヨンドゥ…。
だいき

だいきの感想・評価

4.5
スターウォーズ好きは無条件に好きでしょうこれ。キャラは良いのに活かしきれてなかった1作目と比べてこの2作目はストーリーも面白いしテンポも良いしキャラが活きてて本当に完成度高い。ヨンドゥの戦闘シーンがとにかくカッコいい。ロケットとグルートのコンビは完全にハンソロとチューバッカだし。欲しかった部分ことごとく回収してくれて大満足。
今回も冒頭のMr. Blue Skyからズルい 要所のジョージハリスンもサムクックもシルバーも…。

音楽をAOR風味のオールディーズにするだけで、こんなに緊迫から倦怠のムードに振れるのか、と劇中何度も思った。夜更けの脱獄(どうせ通過点に過ぎない)で全然観客を緊張させず、ギャグに使ってしまうところなんかにそういう気だるいムードは現れている。

裏切りに次ぐ裏切り、という展開はならず者チームにありがちだが、疑似家族である彼らの場合、血縁によって引かれた自明な紐帯の糸を、自分たちで引き直す最中にあるわけで、利害でつるむだけのやくざとは違った切実さが滲む。それでも「オレたち、家族じゃないわけ?」なんて湿っぽいセリフに耐えられない連中、自分の人生ごとジョークにしてしまう連中に光をあてるのが、ガーディアンズのいいところ。今回の裏主人公こと、あるいはメリーポピンズことヨンドゥが暗闇に引いた赤線は脳裏に残る。
シンジ

シンジの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

なかなか面白かったけど、一作目ほどの感動はなかったです💦

子供のグルートが可愛くて、最後爆弾を持って大活躍

そしてゲームにハマる

だからアベンジャーズ/インフィニティウォーでゲームしてるのかぁーって謎は解けました
ひびき

ひびきの感想・評価

5.0
音楽ももっと最高に!!ギャグもストーリーももっともっと最高に!!!!
Qwcyc131

Qwcyc131の感想・評価

4.4
1話を見たのはいつだったかな?キャラは面白かったが、ストーリーに感情移入出来ずあまり良い印象でなかったが、今回はいい。
キャラ先行であるのは変わらないが、よりキャラがパワーアップしている。
特にアライグマとグルートは効いてる。最高のキャラだね。
本当に素晴らしい作品だと思う。笑いと感動どちらも振り切れる。
>|