ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスの作品情報・感想・評価

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス2017年製作の映画)

Guardians of the Galaxy Vol. 2

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:136分

4.2

あらすじ

“スター・ロード”ことピーター・クイルをリーダーに、凶暴なアライグマのロケット、マッチョな破壊王ドラックス、ツンデレ暗殺者ガモーラなど、たまたま出会ったノリで結成された宇宙の“はみ出し者”チーム、<ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー>。小遣い稼ぎに請けた仕事をきっかけに、強大な力を持つ“黄金の惑星”の指導者アイーシャ率いる無敵艦隊から総攻撃を受け、彼らの宇宙船ミラノ号は壊滅寸前に…。間一髪、ガー…

“スター・ロード”ことピーター・クイルをリーダーに、凶暴なアライグマのロケット、マッチョな破壊王ドラックス、ツンデレ暗殺者ガモーラなど、たまたま出会ったノリで結成された宇宙の“はみ出し者”チーム、<ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー>。小遣い稼ぎに請けた仕事をきっかけに、強大な力を持つ“黄金の惑星”の指導者アイーシャ率いる無敵艦隊から総攻撃を受け、彼らの宇宙船ミラノ号は壊滅寸前に…。間一髪、ガーディアンズを救ったのは“ピーターの父親”と名乗る謎の男エゴと、触れただけで相手の感情が分かる能力を持つマンティスだった。仲間からの忠告にも関わらずエゴに魅了されていくピーターの姿を見て、次第にチームの絆に亀裂が…。そこへ“ピーター育ての親”ヨンドゥが率いる宇宙海賊の襲撃や、さらに銀河全体を脅かす恐るべき陰謀が交錯していく。はたして、ピーターの出生に隠された衝撃の真実とは? そして、彼らは絆を取り戻し、銀河を救うことが出来るのか? その運命の鍵を握るのは、チーム一小さくてキュートな、ガーディアンズの最終兵“木”グルートだった…。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」に投稿された感想・評価

キャラクターがみんな良い!
みんな愛せちゃう!
ヨンドゥ大好きになっちゃうよね!
ars

arsの感想・評価

-
ヨンドゥ!!!!!!!!!!!!マーベルシリーズの中でも特に作風にカラーがあっていいですね アゲアゲ
そよ号

そよ号の感想・評価

5.0
カラオケでBlu-ray上映会しました

これは〜!!映画館で見ればよかった〜!!!あんなにみんながオススメしていた理由がわかりました
楽しくて面白くてポップでかわいくてかっこよくて熱くて切なくてホロリと泣けて娯楽映画として最高
みみ

みみの感想・評価

5.0
Mr Blue Skyのアクションシーンが大好きー!🚀
1作目の敵対心むき出しの頃から見てると、すっかりみんな家族のような絆で結ばれてて感動。

ネビュラ×ガモーラ
ガモーラ×ピーター
マンティス×ドラックス
ロケット×ヨンドゥ
ヨンドゥ×ピーター
とかの関係性でいろいろグッとくるシーンが多かったなあ。セリフひとつひとつが心にしみる…
私はマンティスドラックスの関係けっこう好きです 笑

てかチビグルートの表情可愛すぎでしょ〜

エンドロールのflashlightはずっと聴いてられるよ…
孫の手

孫の手の感想・評価

5.0
全ての面において「神作」でした。

コメディ面が強い印象でしたが(強かったけど)、それに劣らないアクションの躍動感と感動を兼ね備えた見飽きることのない作品でした。
泣いて鼻が詰まったのは久々でしたね😅
一度観るだけで3回も涙ブワァってなります。

とにかく最高でした。
Keengoo

Keengooの感想・評価

3.5
やっぱりガーディアンズがマーベルシリーズの中では一番面白い。ていうか唯一?
おふざけが過ぎててちゃんと伝わる笑いでデッドプールみたいにシラケない。
そしてそれぞれのキャラがかわいかったりカッコいいのが良い。
ただ前作観てから間空きすぎてほとんど覚えてなく、細かい設定とか関係がわからなかったのが残念。前作と続けて観たい。
笑いあり涙あり、周りにおススメしやすいmarvel映画シリーズの一つだと思います。
Dsuke

Dsukeの感想・評価

4.1
やっぱり音楽が良い。冒頭のグレード可愛さとバックのアクションシーンで完全に世界に引き込まれました。エンディングも音楽のおかげでしんみりではなく、感動的で何か清々しいというか「ホンマにええやつやった」と感動。
あちゃ

あちゃの感想・評価

4.3
音楽も話のテンポも最高。
とにかくベビーグルートがかわいい。
さと

さとの感想・評価

4.2
このシリーズ、はちゃめちゃに好きになってきたー。

好きにならずにいられない魅力的なキャラクター、細かい伏線、セリフの掛け合い、オープニングとエンドロールの演出、グッとくる選曲、巧みな脚本。全てに行き届いた監督のセンスに完全にノックアウトされました。
"エゴ"を倒して絆で宇宙を救う…。なるほどなぁ。

ストーリーは複雑過ぎないから子どもも楽しめる、でも大人向けの深いテーマも感じさせて、オタク心をくすぐるにくい演出もあって、大勢の人を満足させられるバランス。まさに笑えて泣ける最高のエンタメ。

私的にはとにかく全員好きだから個人別のエピソードが全部刺さってしまって最後は涙、涙…。
家族の絆を繋ぐメリー・ポピンズ…。
今のところマーベルでは一番好きな作品。映画って楽しいな〜と思わせてくれる良い出会いになりました!
>|