世界から猫が消えたならの作品情報・感想・評価

世界から猫が消えたなら2015年製作の映画)

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:103分

3.6

あらすじ

これは、余命わずかな僕に起きた、やさしい「愛」の物語。 余命わずかの30歳郵便配達員の前に、自分と同じ姿をした悪魔が現れた。 世界から電話、映画、時計、そして、猫が消える…? もしも、大切なものを一つ消すこととひきかえに、一日の命をもらえるとしたら。 もし僕が「余命わずか」と宣告されたなら・・・ 僕は30歳の郵便配達員。愛猫・キャベツと一緒にふたりぐらし。ある日の午後。あまりに…

これは、余命わずかな僕に起きた、やさしい「愛」の物語。 余命わずかの30歳郵便配達員の前に、自分と同じ姿をした悪魔が現れた。 世界から電話、映画、時計、そして、猫が消える…? もしも、大切なものを一つ消すこととひきかえに、一日の命をもらえるとしたら。 もし僕が「余命わずか」と宣告されたなら・・・ 僕は30歳の郵便配達員。愛猫・キャベツと一緒にふたりぐらし。ある日の午後。あまりにひどい頭痛がするので病院にいってみたら、脳に腫瘍ができて、余命わずかと宣告されてしまった。l そんな僕の目の前に「悪魔」が現れたなら・・・ 僕が、もうすぐ死ぬ?そんなこと簡単に受け入れられるはずがない。ショックで呆然とする僕の前に、ひとりの男が現れた。その男は、なんと僕だった。いや、違う。僕と同じ姿形をした(僕より指がちょっとだけ長い)悪魔だ。うろたえる僕に悪魔がささやいた。「世界からものを一つ消せば、一日の命をあげる」。ただし消すものは、僕にとって大切なものじゃなきゃダメらしい。 世界から「電話」が消えたなら・・・ 悪魔との取引きで、僕は、世界から電話を消してしまった。電話が無い世界も、それはそれで悪くないかも?なんて軽く考えたけど、とんでもない。いまは別れてしまったけど大好きだった彼女とは、一本の間違い電話がきっかけで出会った。だから電話と一緒に、僕と彼女との大切な思い出もぜんぶ消えてしまった。電話がなくなった世界では、僕は彼女と出会わない。もちろん恋もしない。 世界から「映画」が消えたなら・・・ 次に、世界から映画を消してしまった僕は、たった一人の親友を失ってしまった。彼の名前はタツヤ。大学時代に知り合って、すぐに意気投合した。人見知りでちょっと変わってるけど、優しい心を持っている。映画マニアで、いつも僕に映画をすすめてくれていた。もう彼と映画の話をすることはない。 世界から「時計」が消えたなら・・・ 僕の実家は時計屋さん。すっかり寄りつかなくなってしまったが、家族の思い出がいっぱいつまってる。数年前に母を亡くしてから、父とはうまく折り合えなくなってしまった。無口で不器用な父。今もあの家で、誰かの時計を修理しながら暮らしているのかな。そしてもうひとつ、時計で思い出すことといえば、彼女との海外旅行。アルゼンチン~ブラジルの旅。とびきり楽しかった思い出と、偶然の出会い。そして思い出すのもつらいほどの悲しい出来事。僕と彼女はこの旅行から帰った後、別れてしまったんだ。 そして、世界から「猫」が消える・・・!? 僕は、これまで二匹の猫と一緒に暮らしてきた。僕が子供の頃に拾ってきたレタス。そしてレタスの死後、家にやってきたキャベツ。二匹とも子猫のときから我が家で育った、大切な家族の一員だ。生前の母はキャベツをとても可愛がっていて、自分が死ぬってときにも、僕がちゃんとお世話をできるか心配していたくらい。母は、優しくてあったかい人だった。いつだって僕の一番の理解者でいてくれた。キャベツはそんな母のかわりに、僕を見守ってくれている(ような気がする)。もしも世界から猫を消してしまうと、キャベツは消えてしまう。母と猫と一緒に笑いあった日々の記憶とともに…。それは僕にとって、まさに最後の選択だ。僕は生きるために、世界から猫を消してしまうのだろうか。

「世界から猫が消えたなら」に投稿された感想・評価

Yu

Yuの感想・評価

3.5
原作より分かりにくいけど、ラストのお父さんの演技にすべて持っていかれたかんじ。
大切な人との間には、必ず大切なものが生まれるよね。
美しい映画でした。泣いた。

音楽、小林武史なのね。この人のメロディは心の琴線に触れる
海

海の感想・評価

3.7
始まりから終わりまで泣きっぱなしでした。
シリアスな映画はしばらく気分ではなかったので、久しぶりに鑑賞しました。

この世界から1つ何かを消すことで1日命を延ばせる。
いらないものはないのかもしれない。
自分の生きてきた証には、数えきれないほどの何かと関わってきている。
そのすべてが今の自分を作っている。

たくさんの人に会いたくなった。
昔の思い出を思い返したくなった。

映画に最後の1本なんて存在しない。
その映画を見た感想を伝えられる相手がいることが幸せなんだ。
いつまでも幸せを見失わなわずに生きていきたいです。
とらみ

とらみの感想・評価

3.0
アルゼンチンのパートだけ良かった
あとはこのシーンで感動するためにこのシーンを用意してますよ、的なのがちょっと苦手
BGMも使いすぎな気がした
この監督合わないなと思ったけど犬のえいがにも参加してた監督さんなのか
あれは目が溶けるほど泣けたけどどのお話撮った人なんだろう
あーきっとこの監督さん犬派なんだ
猫の良さがあんまり出てなかったかな
chikichiki

chikichikiの感想・評価

2.0
泣いたけどそんなに印象には残っていない。
猫飼いたくなった
Fuka

Fukaの感想・評価

3.8
何かが、誰かが消えてしまえばそれはもう〝同じ世界〟には二度と戻らない、どれだけ小さなものでも
緩やかなテンポで流れていく風景や人の心が心地よかった
つん

つんの感想・評価

3.7
評価は高め
が、もう観ないな。

心に刺さりまくってつらい。

言葉にもしづらい。
Saki

Sakiの感想・評価

4.2
自分が想像してる以上に何かと関わりながら生きている
3104

3104の感想・評価

3.8
映画だとすべてを語らないから、想像力が足りない自分には物足りなく感じた
さだを

さだをの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

ツタヤとキャベツのところでぼろぼろ泣いた
>|