世界から猫が消えたならの作品情報・感想・評価

世界から猫が消えたなら2015年製作の映画)

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:103分

3.6

あらすじ

「世界から猫が消えたなら」に投稿された感想・評価

miku

mikuの感想・評価

5.0
この映画は何回見ても
涙がこぼれてしまう
大切な家族
大切な友達
大切な思い出
当たり前のようにみえて
当たり前なんかじゃないね
感謝の気持ち忘れちゃだめだ☺︎
あさひ

あさひの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

やっぱり濱田岳はいい演技しますね。
宮崎あおいは優等生〜感がどうしても抜けない。
お父さん、もう少し愛情を表現するのを頑張って欲しかった。
感動映画だとは思いますが、泣き所がいまいちわかりませんでした。
冒頭の映像と音楽が一番よかった。

なによりも猫がお利口すぎる。

このレビューはネタバレを含みます





記録用、メモ










脳腫瘍、余命僅かな主人公
目の前に自分と同じ人(死神?)が現れ
世界から何かを消す代わりに
1日生き延び伸びれると言われる

電話からはじまり
時計
映画
ネコ
となるが

お母さんからの手紙や
人との繋がりの大切さに気づいて
ネコは消さず
函館に住んでいたので、所々キュンとした。母校が使われてたし。佐藤健にはああいう線の細い役が似合うな。濱田岳、宮崎あおい、奥田瑛二、原田美枝子、それぞれ、あーいい俳優だなぁ、と感じられた映画。
鰹

鰹の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

邦題がずっと気になってた映画!静かな絵が好きだと思いながら見ていたので、後ろの音楽が時々ちょっと邪魔だった。ロケ地は函館?北海道行ったことないなぁ。行きたいなぁ。
なんとなくボケっと見てたけど、
「君みたいな映画だ。熱くなくて戦わなくて重くなくて軽くもない、だけど心に響くセリフがある。」ってとこでウオオオとなった。前後シーンあわせて好き!
mika

mikaの感想・評価

3.5
佐藤健くんにぴったりの映画だった。音楽も映像も俳優陣の表情や声もゆる〜くて、テーマとしては重いはずが 愛おしくまとまっていた。

海辺でお母さんとお話するシーン、泣く姿が素晴らしかった。本物みたい。
佐藤健くん、ただイケメンなだけじゃなくて、演技もピカイチなんだとこの映画で知りました!

電話や映画 時計や猫と、消すもののスケールが大きくてわかりやすかったが、例えで出てきたトランプやルービックキューブですら、それを仕事にしていたり 生きがいだったり 誰かの大事なものである可能性があって、世界から消えて良いものは一つもないんだと感じた。


名作のセリフがたくさん出てくるから、ああああわかる〜ってなる要素があったり、本線とは違う部分でも楽しめた。
ジャム

ジャムの感想・評価

4.0
忘れていた大切にしなければいけないものを教えてくれました。人との繋がりはそれぞれだし失ってみてどれだけ大事なものだったか気づかされどんなものでも引き換えの代償は大きいものだなと。
人との繋がりは大切にしたい。
マー

マーの感想・評価

5.0
今まで観た中で一番良い映画。生きるとは何か、命とは何か考えさせられ、自然と涙が出てきた。
‪佐藤健とねこの親和性。そこに宮崎あおいと濱田岳が現れもう好感度最大値!という映画でした世界から猫が消えたなら。佐藤健のねこへの接し方ね。ねこの名前レタスとキャベツね。かわいい〜世界から猫消さない一択〜〜〜〜。あと佐藤健が飛んだり公衆電話?が急に爆発するからアクション映画としても👍‬
個人的には旅館のお布団で寝てる佐藤健の脇の間に寝てるキャベツ一等賞。
はっぽ

はっぽの感想・評価

3.7
ゆったりとした時間が流れる優しい映画であった。電話、映画、時計、そして猫と、自分の人生と引き換えに失っていくもの。失ってからその大切さに気づくのだが、はっきりと言葉で説明せずに、顔の表情や人との会話でその事を伝える映像ならではの手法がとても良かった。当たり前にいつまでも会えると思っている家族や大切な友達、ペットに会いたくなる。そうした生き急いでいる今の人生を少しだけ見つめ直してくれる作品だった。
>|