ハイ・ライズの作品情報・感想・評価・動画配信

「ハイ・ライズ」に投稿された感想・評価

ジュリ

ジュリの感想・評価

3.0
断水、停電はビルの初期不良と説明されるけど、なぜゴミ回収されないの?ストライキ?


高層階と下層階のバトル映画ではないような。
伏線回収されずに終わるからこっちも暴動起きそうだったよ!!


トム・ヒドルストンを拝むだけに見終えました。
この設定でこの俳優陣なら面白いだろ!と思ったのに面白くない。
r

rの感想・評価

3.0
トムヒが見たくなり
タワーマンションのお話ということでおもしろいかもと観てみたけど
カオスすぎた
俳優と設定はいいのに、普通に豪華なサスペンスとかのストーリーで観たい
aiko

aikoの感想・評価

3.5
階級社会のヒエラルキーをテーマに展開する作品

テーマはスノーピアに似てる?
と、もしかしてちょとだけプラットホームにも?

崩壊してもなおそこにしがみつく、、
これって悲しいかな人間のサガ、、って違うよね、、
そこそんなに必要かな、そんなとこささっと飛び出して自由になればいいのに、、

とりあえずはちゃめちゃに飛びすぎてて後半はカオスで変態、でもそこがこの作品のよいところなんだと、、
映像はセンスよくザンシン、グロ描写も何だかアート感が、、

感性が足りない私にはちょっと合わなかったけど、、
じょり

じょりの感想・評価

2.5
トム・ヒドルストンのスーツ姿はとてもかっこいい!

タワマンの中でも格差がありそれをぶち壊してやるってのはわかるけど、停電になってからの方が退屈に感じたな〜。🤔

時間も少し長いかもね。オススメはできないな😂
Martha

Marthaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

賛否両論分かれるこの作品ですが、私はとても好きでした。
理想の生活を手に入れている筈の住人達がマンション内で繰り広げる争い事、そしてマンション内で全てを完結させようとしているから荒れ果てても絶対に外に出ようとは思わないのです。階層によって身分差が勝手に生まれ、上層階はリッチで下層階には家族が多いというのもまた人間社会の縮図にも見えます。
トムヒは役作りの為に実際の検死の様子を見に行ったりしたようですね。
各部屋にも個性があって、住人の心の闇や性格などが如実に現れている気がしました。ラングに関して言うならば、法医学者であり臨床心理学専攻とあって喧騒や他者との関わりを避ける為に越したのかな、とか姉を亡くした結果性依存に陥ってそこから離れたかったのかな、などと考えてしまいます。冒頭のシーンと最後のシーンを見る限り、孤独でいること或いは孤独を好むことを病んでいること、と捉えていたのかもしれません。だから彼は心の安寧を得た、あのとき既に他者は誰かを慮ったりするような状況でなく、誰かが自分に対して何かを思うことそのものを敬遠していたようにも見えます。
今現代にも階級社会は平等を謳いながら確かに存在していて、既得権益者がそれを脅かされたとき、そして下層階の住人達のように彼らがそれに気づいたとき、待っているのはあの惨劇かもしれないと考えさせられる作品でした。
mark36

mark36の感想・評価

2.6
色々とカオス過ぎた。

タワーマンション内がこんなにも酷くなっているのに出ていかないのは、住人達がタワーマンションというステータスにしがみついているから?

人にはオススメしようとは思わない映画。
ちぇん

ちぇんの感想・評価

2.9
トムヒ目当て。
唯一トムヒのシーンが至福である。

『スノーピアサー』や『プラットフォーム』とは違って、ちゃんと管理はされてない様子。
自然とできた階層って感じなのかな。

『スノーピアサー』のようなものをイメージしてたので、思ってたものとは違っててちょっと残念。

停電後のストーリーの処理が雑で、色んな意味で無法地帯。
なんじゃこりゃ!?
になること請けあいの本作。

今ならドバイにありそうな、40階建て高級タワーマンションが舞台。

マンション内にスーパー、プール、ジム…などがあり、
医者、芸能人などセレブが高層階、
TV局勤務の家族持ちなど(→ちょっと所得がイイくらいの感じだよね?)が低層階に入居している。

主人公の(おそらく大学教授)が25階に引っ越してきたところから、物語はスタートする。
主人公の部屋が25階なのも、階層が本作のキモなので、わりと重要。

登場人物の衣装、調度品、車などはオシャレで、70年代の雰囲気バッチリ。
見てて楽しいけど、肝心の物語が破綻しているというか…。

タワマンをイギリスの階層社会に見立てて、高層階vs低層階の住民の争いが、階級闘争ということになるのだろうけど、
誰もタワマンから出ていかないのは無理あるでしょう…。

せめて一日の話であれば、違った話になったかもしれないが、
戦争状態に突入した後も、普通に仕事へ行って帰ってくるのは??だった。

最上階の住民の名前がロイヤルなのは、王室がトップのイギリスらしくて◯。
ヒエラルキーをそのまま高層マンションに置き換えて、社会の縮図として見せるやり方は割とそのまんまだけど、面白い。

やろうとしていることは凄く面白いんだけど、一つの物語として見るとかなり無茶なお話。

崩壊が始まってからはかなり雑な印象。

それまでは凄く良かったからなんとなく勿体無さを感じた。

映像的にかなり面白かったから最後までまた退屈せずに観ることができる映画。

あと、音楽の使い方がやたらセンスがいい。
>|

あなたにおすすめの記事