駆込み女と駆出し男の作品情報・感想・評価・動画配信

駆込み女と駆出し男2015年製作の映画)

上映日:2015年05月16日

製作国:

上映時間:143分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「駆込み女と駆出し男」に投稿された感想・評価

ほりそ

ほりその感想・評価

3.8
見終わった後に、良い映画だったなーと感じた。
要所で笑えるとこあったり泣けるところあったりと。大泉洋はやっぱり良いね。
時代劇ってのもあって、何言ってるか分からないとこあったけど、それも踏まえて良かった。
稲葉景

稲葉景の感想・評価

3.5
内容は面白いけど言葉と時代背景と設定が難しい。
頭が良い人に解説して貰いながら観るのがおすすめ!
placebo

placeboの感想・評価

4.0
時代劇って聞き慣れない言葉出てくるから苦手なんだけど鑑賞してみた😁離婚したい女性が駆け込むお寺の話で勉強になった😊大泉洋のキャラと駆け込み寺に来た女性達のエピソードが面白い作品だった💕

このレビューはネタバレを含みます

まず言いたいのは、映像がきれい。
東慶寺の部分はロケだろうが、前半の江戸市中の様子も、セットと感じさせない美しさでした。

東慶寺にお吟とじょごが駆け込むまでが、結構長かった(最初の部分で、じょごの事情は分かるけれど、お吟はどうして駆け込んだのか最後の方まで本当の理由が分からないので、ちょっとイライラした)のだけど、映像がきれいだったので許せました。

信次郎は医者の勉強をしながらも、本当は劇作家希望。
彼はお吟から駆け込んだ本当の理由を聞いていたけれど、
普通の男だったら、あの話を聞いてもきっと理解できないだろうが、
信次郎は、
「お吟さんは“粋”ではなく、“あだ”に生きようとしてるんだ(こうだったっけ?)」と、
ちゃんとお吟の気持ちを理解しているのがすごい。

あの妊娠騒動の辺りも、名医でも見抜けないだろうと思うのだが、
人の機微を見逃さない信次郎だから、あの治療もできたのだろう。
(実際『妊娠した男』という医者のノンフィクションの本を読むと、
暗示で出産させちゃうんですよ)

満島ひかりと堤真一の関係も良かった。
冒頭では、妾とはいえ、お吟はキビキビとお店を取り仕切っているし、イキイキしてるし、
絶対あれは嘘だろう、なんの問題があったの?
と不思議に思っていたが、そうきたか。女心って複雑なのね。

そして法秀尼様、かっこいい!
ありゃあ、公家ではなく絶対武家の出だなと思い、どこの出身の人かと帰ってからウィキって見てみたら、水戸徳川家の元姫様でした。
しかし、時代的には滝沢馬琴も出てくる「天保の改革」の頃なので、江戸時代後期の話ではあるのですが、
法秀尼のエピソードの本当のモデルは、豊臣秀頼の庶子である天秀尼だそうです。まあ、その方が水戸藩の姫よりはまだ有り得そうですもんね。

それにしても、男が嫌になってお寺に逃げ込んできた人がほとんどなのに、「若い男だよ~!」って、あんなに飢えてるか?w
尼さん達まで浮き足だってたし、あそこは笑うところなのかな。

東慶寺では、弓矢や薙刀を駆け込んできた女性たちに教えていたが、
お寺なのに何で武芸?と思っていたら、ちゃんとオチがありました。
でも本当は、東慶寺は独立性が高くて、寺社奉行が調停に出てくるような事態も最後の最後だそうなので、ここら辺も創作なのかな?

そしてじょご、どうして滝沢馬琴と…?と思ったけど、そこら辺はご愛嬌か。
本当に大泉洋さんが、北海道人とは思えぬ江戸っ子の軽妙な語り口で、惚れ惚れしました。
Haruka

Harukaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2022/04/29

大泉洋って大泉洋でしかないんだけど、
どの作品でも溶け込むからすごいよなぁ。

時代の背景とか言葉がわかりにくくて、
雰囲気で観てたとこもあって、
ぐーっと入り込む感じではなかったかな。
字幕出したいくらいだった。

じょごがどんどん意思表示していくようになって、強くなっていったように見えたけど、
あれは元々持ってる強さなんだろうな。
女もみんなそれぞれの強さがある。
まー

まーの感想・評価

3.5
こんな時代があったんだなあ…。
大泉洋のコミカルさがちょうどよく、最後までみることができた。
満島ひかりの妖艶さもとても合っていた。

ところどころセリフが早口で、わかりづらいところがあったのが残念。


このような時代に、強く生きようとする女性の姿をみた。
tokonacci

tokonacciの感想・評価

3.0
重いテーマにもなり得ると思うが、大泉洋を配することで、コミカルに描かれており、力を抜いて見ることができた。ちょっとテンポが良すぎると思った。
うどん

うどんの感想・評価

4.0
10回以上巻き戻した結果、
字幕付きでみることにして
ようやく理解することができた。

歴史に詳しくなく
原田監督の作品は字幕を付けるのが
良い策だなと。。

だがしかし面白かったです。
べん

べんの感想・評価

2.0
おそらくシネクイント渋谷にて。満島ひかりのお歯黒しか覚えてない。
相原

相原の感想・評価

5.0
めちゃくちゃ良かった!
どの人もとても魅力的。ちょっとした伏線回収も見事だし、どのキャラもぶれずストーリーに無理がない。
ちょくちょく笑うところもあって面白かったし、すっごい感動して泣いた。
悪いフラグかと思いきや良い方に転がっていく。良い意味で裏切られた!
お吟(満島ひかり)と堀切屋(堤真一)の二人はまさに今の意味で「粋」って感じでめちゃくちゃ良かったし、おみつたちの話もめちゃくちゃ泣いたし、じょご(戸田恵梨香)と信次郎(大泉洋)の二人も可愛くてめちゃくちゃ良かった!
また観たいと思う映画だった。
>|

あなたにおすすめの記事