イニシエーション・ラブの作品情報・感想・評価

イニシエーション・ラブ2015年製作の映画)

上映日:2015年05月23日

製作国:

3.3

あらすじ

<Side-A> 1980年代後半、バブル最盛期の静岡。就職活動中の大学生・鈴木は、友人に誘われ気乗りしないまま、合コンに参加。しかし、その席で、歯科助手のマユと運命的な出会いを果たす。奥手で恋愛経験がなかった鈴木だが、マユと出会って変わっていく。流行りのヘアスタイル、オシャレな洋服、マユに釣り合う男性になろうと自分を磨く鈴木だったが…。 <Side-B> 二人だけの甘い時間も束の間、就職…

<Side-A> 1980年代後半、バブル最盛期の静岡。就職活動中の大学生・鈴木は、友人に誘われ気乗りしないまま、合コンに参加。しかし、その席で、歯科助手のマユと運命的な出会いを果たす。奥手で恋愛経験がなかった鈴木だが、マユと出会って変わっていく。流行りのヘアスタイル、オシャレな洋服、マユに釣り合う男性になろうと自分を磨く鈴木だったが…。 <Side-B> 二人だけの甘い時間も束の間、就職した鈴木は東京本社へ転勤となり、静岡にマユを置いて上京することに。それでも距離は二人の愛にとって障害にならないと、週末ごとに東京と静岡を行き来する鈴木。しかし、東京本社の同僚・美弥子との出会いを経て、心が揺れ始める…。 最後の5分、全てが覆る。 あなたは必ず、2回観る。

「イニシエーション・ラブ」に投稿された感想・評価

Si

Siの感想・評価

3.8
映画館で公開時に観ましたが、騙されました。こういう話好きです。
これ、本当にすごい。

原作既読者だけど、あのトリックというか""ラスト2行の衝撃""は「本」という形式ならでは。

これをどう映像化できたのか気になっていたが、まさかあんな僅かで自然な改変で達成するとは…

他にも改変はあって、例えば原作にはない+αの「その後」そして「解説シーン」。確かに原作の鮮やかでキレの良いラストに比べれば野暮だけど、親切設計でもあると思う。
原作では、現に、読んでも分からなかったり間違った解釈してしまう読者も沢山いたようだし…

また、キャスティングも絶妙だと思う。あっちゃんの「マユ」はイメージにピッタリで、あの感じの主人公がコロッといきそうなのも頷ける。
後半の「美弥子」に関わるイベントも、木村文乃の圧倒的美しさがあるからこそ説得力が生まれてる。

賛否両論あってココの平均評価も低めだけど、少なくとも「映画化」という点では120点満点!!
ま

まの感想・評価

3.4
面白かった!あの時のあれはあーいう意味だったのね!って思い返して楽しむ作品かな🤔
原作が好きで、映像化できる?と思っていたけど、とてもよかった。前田敦子の雰囲気がとてもよかった。

このレビューはネタバレを含みます

原作より映画のほうがいいなんである?
全然こっちのが面白いし
よくできてる
あっちゃんがひたすらに可愛い。
服、髪型、水着。
確かに結末はびっくりだった。
あのあとどうなったんだろ?
ま

まの感想・評価

2.8
原作を読んでいたのであまり面白くなかった。
映画から見ていたらどう感じていたかはわからない。
YUUKI

YUUKIの感想・評価

3.5
2回目!とはならなかったけどおもしろかった。あっちゃんが可愛い
ぼん

ぼんの感想・評価

3.5
あっちゃん可愛い!
この映画ばかりは1人で観たことを後悔した。。
すず

すずの感想・評価

4.5
え?ってゆう展開で面白かったけど、思ったよりって感じやった。
>|