ウルティマ、ぼくに大地の教えをの作品情報・感想・評価

「ウルティマ、ぼくに大地の教えを」に投稿された感想・評価

大地の精霊と生きる物語。

寓話的でもあり。

厳しい自然の美しい風景と追いかけっこする子供。
てう

てうの感想・評価

3.3
癒しの力を持つと言われている祖母と孫の話。

フワフワしていて、でもちょっと緊迫感のある不思議な映画でした。
自然や町などの雰囲気が良かったです。
宗教概念を持っている前提として描かれている場面も多いので、宗教に馴染みのない日本では理解し辛い内容です。
スピリチュアルや不思議な雰囲気が好きな方でしたら、まだ見れるかもしれません。
日々起こる出来事や大人の会話で、揺れる少年の心情が良く伝わってきました。
おばあちゃんとの交流が好きです。
信じるって何だろう?神様って?
徐々に明かされる祖母の正体に注目です。
不思議な能力を持つおばあちゃんに教わりながら成長していく少年のお話
chiyo

chiyoの感想・評価

2.8
ふくろうが印象的
ちょと不思議な世界観
宗教的な。独特な。。。ちょっと感情移入は難しい