さよなら子供たちの作品情報・感想・評価

「さよなら子供たち」に投稿された感想・評価

フランス語の授業で観ました。
寄宿学校という特殊で神聖な空間と、
荒々しい戦時中の外の世界との対比が印象的です。
子供たちももちろんだけど、先生がまたいい。
kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.0
▪️Title
「さよなら子供たち」
原題「Au Revoir Les Enfants」
▪️Release Date
1988/12/17
▪️Production Country
フランス・西ドイツ合作
🏆Main Awards
1988 第13回セザール賞
1987 第44回 ヴェネツィア国際映画祭 金獅子
賞など。
▪️Appreciation Record
2019-081 再鑑賞
▪️My Review
淡々と進んでいく中に強烈なメッセージが込められている、とても深い作品です。
ヌーベルヴァーグの巨匠ルイ・マルの半自伝映画と言われる作品です。日本ではミニシアター中心の小規模な公開でした。しかも今やレンタルも終了してるんですね。30年前の映画とは言え、これはきっと誰もが感動する名作なのに語り繋がれてないことは残念です。
淡々と進むストーリー展開ながら、ラストの展開で思い知らされます。未来を知っている我々から見れば、1944年1月と言えば、パリ解放(1944年8月)まであとわずか、という時期。もう少しでユダヤ人も逃げ隠れせずにすむ時代がやってくる―――しかし、その「あとわずか」というところで、ゲシュタポが学校に。しかも、校内の誰もが知る或る人物の密告によって・・・ジャンらユダヤ人の生徒と彼らを匿っていた神父は、生徒達の眼の前で連行され、そのまま帰らぬ人となります。
これは、戦場も収容所も映さない、それでいて非常に残酷な反戦映画といっても過言ではないですよね。
シークエンスは学校の一冬というひとつにまとめられ、各シーンはそれとなく示唆していくというタイプの構築性の緩やかなものです。これはガスパール・マネス演じる主人公の体験という視点ではなく、40年後の主人公による回想とあの時代の解釈という視点を採用しているからで、この手法が鑑賞後に大きな余韻を残すんですよね。
しそて、出演者の見事な演技。ガスパール・マネスは利発だが年齢並みに幼い少年を演じて好い。ラファエル・フェジトは人に言えない問題を抱えている少年を好演。フランシーヌ・ラセットとフィリップ=モリエ・ジェヌーの大人勢も浮かずにきちんと溶け込んでいます。
また、この時代背景を上手く演出するために学校で映画の上映会。『チャップリンの移民』が流されるのも興味深いですね。
深イイ作品です。是非!!
▪️Overview
ナチス占領下のフランスのカトリック寄宿舎で生活する少年たちの心の交流を、製作・監督・脚本を担当した「アラモ・ベイ」のルイ・マルの強い自伝的要素のもとで描いてゆく。撮影は「デジャヴュ」のレナート・ベルタが担当。音楽はシューベルトとカミーユ・サン・サーンスのクラシックを使用。出演はガスパール・マネッス、ラファエル・フェジト、フランシーヌ・ラセットほか。
悲惨な史実を伝える作品だが、意外と目をつぶりたくなるような暴力的なシーンはない。
むしろ、映像としては美しい。

ほんの半世紀前には、こういうこと、いや、もっと悲惨なことが当たり前のように起こっていたってことが痛感できる。
この映画は、純真な子供たちがメインになっているだけに、そのことがなおさら強調されて感じられる。

戦争の昭和、天災の平成を乗り越え、令和は世界的に戦争のない時代、天災に強い時代になって欲しいと切に願う。
ずっと観たかったシリーズ
これは辛い
チャップリンのシーンがとても良い
犬

犬の感想・評価

3.8
竹馬

ナチス占領下のフランスのカトリック寄宿舎で生活する少年たちの心の交流をルイ・マル監督の強い自伝的要素のもとで描いたドラマ

悲しげ
雰囲気がありました

教え
なかなか凄かったです

イジメ

時代を感じる
ユダヤ人はホント大変ですね

あの涙は忘れない
ラード泥棒!!!って言葉を初めて聞いて笑ってしまった。でも実はこのシーンが本作のものがたりの転換点になっていた。

第2次世界大戦中のフランスの学校。社会的な意義もありながらノスタルジーにも浸れる。
学校という空間が、外側の世界が全く見えないようにしていても、徐々に戦争が介入してくる。
ラストに題名の意味が。
まる

まるの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

「いつか捕まったよ」とボネがジュリアンに言うシーンが切なすぎた。子どもがこんな風に悟り、生きることに怯えていた時代が本当にあったなんて。
ボネはジュリアンのような関係の友達がいて、校長がいて、少しだけでも幸せだったのかな。だといいな。

レストランに居たドイツ兵は、人としてちゃんと意見を言い、フランス人のコックの青年や看護のシスターは密告をした。
ドイツ人が全て悪いわけでも、フランス人が全て良いわけでもないんだよなあ〜。戦争がそうさせたんだ。
まりの

まりのの感想・評価

3.7
ナチス・ドイツの占領下にあるフランスの寄宿学校が舞台。

戦争とユダヤ人の迫害、少年たちの無表情さが心に痛い。
ジュリアンとボネのピアノのシーンが好き。
nika

nikaの感想・評価

-
いくつもの男子校生活のシーンと共に丁寧に積み重ねられた、ジュリアンとボネの関係とか、時々忍びよる不安の影とか、それでも皆でチャップリンの映画見て笑う幸せとか、竹馬とか、本の貸しあいっことか、そんなものが最後全て連れ去られてしまったラストと、「あの1月の朝を、生涯忘れることはないだろう」という言葉。
「語らずして語る」ってこういうことなんだなと。
>|