あの日の指輪を待つきみへの作品情報・感想・評価

「あの日の指輪を待つきみへ」に投稿された感想・評価

2008年7月7日、東商ホールでの試写会で鑑賞。

主演が、往年のスターであるシャーリー・マクレーンとクリストファー・プラマーということで楽しみにして観た。

戦争と指輪を主軸にした見応えのある物語であった。

終盤の空撮が印象的。
久々に観た名優にも共感できた映画。
余

余の感想・評価

3.7
記録
自分的には好き
自己中とか時間軸が長過ぎるとか色々あるだろうけど
時代背景とか考えるとこんな人いてもいんでない?って感じる
超絶いい子で聡明な主人公よりこういうのが人間らしいよね
rosa

rosaの感想・評価

3.5
「死ぬまで1人の人を愛することはできる?」
「無理じゃないわ。守れないだけ。約束する価値はあるわ。」
クソ映画ばかりだった、
ミーシャ・バートン。
いい映画出てるじゃないですか。
しかも、オールヌードまで!
riekon

riekonの感想・評価

3.0
皆んな可哀想だけどもなんだか観ていてイライラしましたね…。
お葬式の後の主人公の態度はないよ…
娘にはとても大事なお父さんだったんだからさあれじゃ娘が可哀想すぎる。
またS.マクレーンが上手だから嫌な気分倍増するし(笑)
50年は長いよ。
縛られすぎで息苦しい作品でした。
監督と主演二人にアカデミー賞受賞者を据えてギャラは奮発した割には働きがお粗末。
純愛ドラマにIRAの社会派ドラマを混ぜた意義が未だに理解不能。
ピート・ポスルスウェイトの演技だけは本物。
Evey

Eveyの感想・評価

2.0
ミーシャバートン懐かしい笑
正直、主人公が自己中心的で、娘の気持ちなんかこれっぽっちも考えてないことに腹が立った。純愛もいいけど、現実的に考えて、今まで支えてくれた夫をなんだと思っているのだろう。ただただ不憫で仕方がない。
にしで

にしでの感想・評価

3.2
とにかくキレイなミーシャ・バートンが観れて良かったんだけど、老いたエセル役のシャーリー・マクレーンとミーシャが似てなさすぎてちょっと無理がある。
あとどこまで実話を元にしてるのかわからないけどテロ(IRA)のくだりいらなくない??
大我

大我の感想・評価

3.9
あー泣いちゃったw

ちょっと展開凝り過ぎかなーとも思うけど
純粋な愛!それに限る!

何よりさー
見始めて気づいたけど
スティーヴアメルでとるがな!!!!!
パッケージで分かんなかった!
金髪とかまだイケイケ時代のオリバークィンじゃんw

オリバーの深い愛(オリバーではないがw)
男3人の友情と約束の誓い
彼女の永遠の愛

ぜーんぶ美しいよなー。

そこにキーパーソンとなる穴掘りオッサン。
オッサンから始まり、
オッサンを中心に
オッサンで終わる。

あの日のオッサンを待つ君へ
違う違う。
あの日の指輪を待つ君へ

すごく感動しました!
…指輪を贈る日は訪れるのかなー??



てかね、エンディングがいい曲すぎる!
なんか邦楽っぽい雰囲気があって日本人好きそうw
うーん。
主役のおばさん嫌。
旦那さんがかわいそう。
ハッピーでもバッドでもない終わりかた
>|