心の傷を癒すということ《劇場版》の作品情報・感想・評価・動画配信

「心の傷を癒すということ《劇場版》」に投稿された感想・評価

 神戸市のサイトでの無料配信が最終日だと友人の呟きで知り、『ニトラム』を見て帰った後に鑑賞したのだけど、『ニトラム』の彼が必要としていたであろう答えがちりばめられ過ぎていて、あたかも対になっているかのように感じ、個人的には考えをまとめるのに良いタイミングで見れたなと思った。

「苦しみや悲しみを表現することは、はしたないことではない」、それを教えてくれる人がいるか否か、その方法を知りえるまで自己と対峙し続けることのできる体力があるか否か、すべてひとりではどうにもできないこと。「心の傷を癒すということ」は「誰もひとりぼっちにさせない」ということ。物理的な意味だけではなく。
cuumma

cuummaの感想・評価

4.0
心の病気…今ではよく聞く言葉ですが、阪神淡路大震災の時にはまだタブー視されていました。

実在する主人公モデル:安医師は、自身も被災しながらも、被災者の心のケアに尽力する。
誰もが傷を負っている。それにそっと優しく寄り添う安先生の生き様が、私の心のヒダに染み込んでいくようで、安らぎました。
ゆづき

ゆづきの感想・評価

4.0
心って本当に難しい。
ひとりぼっちにすることなく寄り添ってくれた安先生は本当にすごい。
Julie

Julieの感想・評価

4.8
@パルシネマ

「弱いってええことやで。弱いからほかの人の弱いとこが分かって助け合える」

「人間は傷つきやすい。今後、日本の社会はこの人間の傷つきやすさをどう受け入れていくのだろうか。傷ついた人が心を癒すことのできる社会を選ぶのか。それとも傷ついた人を切り捨てていく厳しい社会を選ぶのか。」
の

のの感想・評価

3.5
ドラマを見逃し、映画版やるの!と観に行きましたが、やはりブツ切り編集に無理が……。「劇場版」ではなく「総集編」です。
当たり前といえば当たり前だけど、やはりドラマサイズで観るべきなんだと思います。。。
 
ドラマ版の完成度に期待して⭐︎3.5にしましたが、総集編としては中途半端すぎたので実際は2.5くらい。
ドラマ版も見て、映画版も見た。

映画は機会があったため、バリアフリー上映で見た。副音声がついて、字幕もついているものだ。

「誰もひとりぼっちにさせない」こと をより強く感じた。
Hinako

Hinakoの感想・評価

3.5
震災でみんな、ほんま大変な思いをしたんやなーってつくづく思った。精神的な被害もあったんやな。
tomoko

tomokoの感想・評価

-
◎◎
正確にはこれはドラマしか見てない。本当はドラマをおすすめしたい。
柄本佑さんを初めて認識した作品。本当にこんな人が居たんか?と思ったけど、実在のご本人のドキュメンタリーも残っていて、ほんまにこういう感じの人やったんやなぁ、と改めてしみじみする。
なんかなあ。安先生にはもっともっと長生きしてほしかったなぁ。
所々脚色している部分もありますが、実際の精神科医の半生を描いたほぼノンフィクションの本作。登場人物は安先生以外少しずつ名前を変えられていますが、ほとんど実在する人物で例えば、安先生の師匠である永野先生は文化功労者でもある中井久夫先生がモデルです。

震災において、「誰も、ひとりぼっちにさせへん」と献身的に被災者の心のケアに向き合った優しさ、そして無念の病死に涙が止まりませんでした。

私自身阪神大震災当時は幼かったのですが神戸という生まれ育った街への思い入れを差し引いても広く多くの人に見ていただきたい作品です。
おくと

おくとの感想・評価

3.8
心が軽くなる言葉をたくさん聞くことができた。
辛い言葉をかけられたとしてもただ憎むのではなく、裏側にあるその人の気持ちを汲み取ることが自分を癒やすことに繋がるのかなと思った。
>|

あなたにおすすめの記事