• Filmarksトップ
  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の感想・評価

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

Fantastic Beasts and Where to Find Them

上映日:2016年11月23日

製作国:
  • イギリス
  • アメリカ
  • / 上映時間:133分
    監督
    デヴィッド・イェーツ
    脚本
    J・K・ローリング
    原作
    J・K・ローリング
    キャスト
    エディ・レッドメイン
    キャサリン・ウォーターストーン
    ダン・フォグラー
    コリン・ファレル
    エズラ・ミラー
    サマンサ・モートン
    アリソン・スドル
    ロン・パールマン
    ジェンマ・チャン
    ジョン・ヴォイト
    カルメン・イジョゴ
    あらすじ
    本作は、ハリー・ポッターと同じあの魔法世界の新しい物語を綴る。今度の主人公は、彼らが通っていたホグワーツ魔法魔術学校で学んだ魔法使いニュート・スキャマンダー。誰よりも優秀だが、おっちょこちょいな魔法動物をこよなく愛する変わり者で、世界中の魔法動物を収集するために、どんなものでも入ってしまうという不思議な魔法のトランクを肌身離さず持っている。世界中を旅しては魔法動物を集め、不思議なトランクに詰め込んでいる。ある時ニュートは、旅の途中でニューヨークへ立ち寄ったが、そこでひょんなことから自分のトランクが普通の人間のトランクと入れ替わってしまう!トランクの中から魔法動物たちは逃げ出してしまい、ニューヨーク中を巻き込む大騒動に!そこで出会う仲間たちや奇想天外な魔法動物とともに、ニュートの新しい冒険が始まる!

    「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」に投稿された感想・評価

    ハリーポッターシリーズも大好きで、その続編。

    ハリーポッターがでてくるシリーズに比べて、出てくる人が少ないし、みんな大人だなぁという印象。それでも魔法のワクワク感はちゃんとあるのもまた印象的。エディ・レッドメインのトランクの中が素敵世界だった。

    ちゃんと恋の要素もあるのがハリポタの良いところ。
    もっとそわそわしたかった気もする。おもしろかった。
    ハリーポッターがまだホグワーツに来る前の前の物語
    NYにやってきた魔法動物学者のニュート・スキャマンダーが
    パン屋を開きたいおじさんと自身の鞄を取り違えたことで意図せず大騒動に。くわえて逃げ出した魔法動物や追ってくる魔法省の人たちと鬼ごっこにかくれんぼ!どったんばったん大騒ぎ!という映画。

    「リリーのすべて」で大ファンになったエディ・レッドメイン目当てで鑑賞。実年齢34.5歳なのにとにかく若い!20代前半に余裕で見える若さ!
    ハリーポッターシリーズ途中で諦めた勢ですが、
    最後まで楽しんで鑑賞できました。
    魔法鞄内の世界観や魔法動物が魅力的&パン屋のおじさんがいい人なのがポイント。
    もうちょいハラハラドキドキはほしかった。でも世界観好き。続編楽しみ。
    ハリポタ大好きだけど雰囲気が大人っぽすぎてワクワクしない。
    主人公が地味、助手役はいいキャラしてるし終わり方も好き。
    劇場で観るべきやつ
    夢があるなー
    子供の頃ハリポタシリーズ観てた時とはやっぱなんかちがって大人になった自分の心がすさんでることに気づいた
    魔法動物が可愛かった。
    でも物語的には薄かったというか、物足りなさを感じた。
    ハリポタみたいなもっとドキドキするような、ハラハラするような展開が欲しかった。
    >|