ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅のネタバレレビュー・内容・結末

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅2016年製作の映画)

Fantastic Beasts and Where to Find Them

上映日:2016年11月23日

製作国:

上映時間:133分

3.8

あらすじ

本作は、ハリー・ポッターと同じあの魔法世界の新しい物語を綴る。今度の主人公は、彼らが通っていたホグワーツ魔法魔術学校で学んだ魔法使いニュート・スキャマンダー。誰よりも優秀だが、おっちょこちょいな魔法動物をこよなく愛する変わり者で、世界中の魔法動物を収集するために、どんなものでも入ってしまうという不思議な魔法のトランクを肌身離さず持っている。世界中を旅しては魔法動物を集め、不思議なトランクに詰め込…

本作は、ハリー・ポッターと同じあの魔法世界の新しい物語を綴る。今度の主人公は、彼らが通っていたホグワーツ魔法魔術学校で学んだ魔法使いニュート・スキャマンダー。誰よりも優秀だが、おっちょこちょいな魔法動物をこよなく愛する変わり者で、世界中の魔法動物を収集するために、どんなものでも入ってしまうという不思議な魔法のトランクを肌身離さず持っている。世界中を旅しては魔法動物を集め、不思議なトランクに詰め込んでいる。ある時ニュートは、旅の途中でニューヨークへ立ち寄ったが、そこでひょんなことから自分のトランクが普通の人間のトランクと入れ替わってしまう!トランクの中から魔法動物たちは逃げ出してしまい、ニューヨーク中を巻き込む大騒動に!そこで出会う仲間たちや奇想天外な魔法動物とともに、ニュートの新しい冒険が始まる!

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」に投稿されたネタバレ・内容・結末

全力で魔法使いになりたいと思わせる映画。ファンタジーの全てが詰まっている。
魔法使いたちの少しだけ風変わりな衣装や、私では想像し得ないトランクの中の世界、魔法動物たち。どれもがずっと見ていたくなる映像だった。

しかし物語がわかりにくすぎる。あれは誰だ、魔法使いか?人間か?どう関係している?結局どうなったの?と、あまりに全体がふわふわして物語が進行するのでちょっと物足りない感じがする。
・愛嬌がありすぎるデブと美人。
・悪役の最後の反撃はかっこいいと思ったが真の姿が安いヤクザかお笑い芸人みたいになってしまって笑いそうになった。
・明るい未来を感じさせる終わり方。
・音楽衣装◎。
・主人公は微妙。
・動物は多彩でユニーク。

なかなかよかった。
ハリーポッターは3作目くらい止まり。
今更観る気も起きない。
しかし今回は、話が繋がっている訳でもないらしい。
それならと、軽い気持ちで観に行った今作。

それが、こんなに面白いとは!
ネットのレビューでは
魔法動物達が可愛い、とあったが
特に可愛くはない。寧ろ気持ち悪いのも多い。

ただ、エディレッドメイン演じるニュートが、可愛い!
勇敢な所もあるが、優しい。ただただ優しい。
ティナとの恋の行方も気になるところ。

物語の終盤、
記憶を消されてしまったものの
うっすら記憶が残っているのか
魔法動物をモチーフにしたようなパンを作り、売る、ノーマジのジェイコブ。
相思相愛だったクイニーがそのパン屋を訪れ、微笑む。

このシーンが最高だった!
続編を期待してしまう、シーンだった。
ファンタスティックビーストたちが可愛くて、強くて面白かった。ニュートも振り回されっぱなしなのかなと思ったが、お願いしたら聞いてくれたり、お互いに信頼している感じが強くてよかった。
ハリーポッター好きにはおもしろい、読み返したくなった。魔法動物可愛い
1926年、イギリスの魔法使いで魔法生物学者であるニュート・スキャマンダーが、アメリカ合衆国・アリゾナ州へ向かうルートの経由地ニューヨークに船で到着する。ニュートは非魔法使いの女性であるメアリー・ルー・ベアボーンに出会うが、メアリー・ルーは魔女や魔法使いは実在し、危険であるという主張をしている新セーレム慈善協会を率いていた。ニュートがメアリー・ルーのスピーチを聞いている間に、魔法で拡張されて複数の魔法生物のすみかになっているニュートのスーツケースからニフラーが逃げ出してしまう。ニフラーをつかまえようとするうちに、ニュートはノー・マジの缶詰工場職員でパン屋志望のジェイコブ・コワルスキーと出会い、ひょんなことから2人が持っていたスーツケースが入れ替わってしまう。降格させられた闇祓いであるティナ・ゴールドスタインはニュートを未登録の魔法使いとして逮捕し、かつての地位を取り戻したいとの思いを秘めながらアメリカ合衆国魔法議会 (MACUSA) の本部に連れて行く。しかしながらニュートが持っていたのはジェイコブのスーツケースで、パンや焼き菓子が入っていただけであったので、ニュートは釈放される。ジェイコブが借りていたアパートでは、ニュートのスーツケースから生きものが複数逃げ出してしまい、アパートを壊してジェイコブは噛まれてしまう。
ティナとニュートがジェイコブとスーツケースを見つけ、その後ティナは2人を数日間見張るため自分のアパートに連れて行く。ティナは妹でレジリメンスであるクイニーを2人に紹介する。アメリカの魔法使いはノー・マジと結婚したり、社交をしたりすることすら禁じられているが、クイニーとジェイコブは互いに惹かれあうようになる。ニュートはジェイコブを自分の魔法で拡張したスーツケースの中へ連れて行き、そこでジェイコブは魔力をコントロールすることができない魔法使いの子どもの内に潜む暗く破壊的な寄生物であるオブスキュラスが格納されているのを見つける。オブスキュラスに苦しむ者が10歳を越えて生きられることはめったになく、ニュートはこれを亡くなってしまった少女から引き抜いてきたのであった。ニュートはジェイコブを説得し、いなくなった生物を探す手助けをしてもらう。逃げた動物3匹のうち2匹をつかまえた後、全員でスーツケースに再び入ったが、これをティナはMACUSAに持って行ってしまう。当局はニュートの動物がアメリカ合衆国上院議員であるヘンリー・ショー・ジュニア殺しを行ったと信じて皆を逮捕する。当局はニュートのスーツケースを壊してジェイコブの最近の記憶をオブリビエイトすると決める。魔法保安局長官パーシバル・グレイブスはニュートを悪名高い闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルドと共謀していると断罪する。ニュートとティナは即刻死刑を宣告されるが、クイニーとジェイコブが2人を救出する。4人組は逃げた生き物の最後の1匹を見つけ、つかまえる。
一方、パーシバル・グレイブズはメアリー・ルーの養子であるティーンエイジャーの少年クリーデンス・ベアボーンに接近し、虐待を行う母親から逃がしてやると持ちかける。かわりにパーシバルはクリーデンスにオブスキュラスを見つけさせようとする。グレイブスは町中で起こっている謎の破壊活動はオブスキュラスが起こしたと信じていた。クリーデンスは同じく養子である妹モデスティのベッドで魔法の杖を見つける。メアリー・ルーはクリーデンスの杖だと思い込むが、モデスティは自分のものだと主張する。モデスティが罰を受けそうになるとオブスキュラスが放たれ、モデスティとクリーデンス以外全員を殺した。グレイブズが到着して、スクイブだとしてクリーデンスを突き放し、魔法を教えることを拒む。ここでクリーデンス自身がオブスキュラスのホストだということがわかる。クリーデンスの魔力が強すぎるため、他のホストよりも長く生き延びていたのであった。怒りにかられてクリーデンスはオブスキュラスを街に放つ。
ニュートはクリーデンスがニューヨーク市地下鉄のトンネルに隠れているのを見つけるが、グレイブズに襲撃される。ティナはクリーデンスと知り合いであり、到着してクリーデンスを落ち着かせようとするが、一方でグレイブズは自分の言うことを聞くようクリーデンスを説得する。クリーデンスは落ち着いて人間の姿になりそうになるが、MACUSAのピッカリー議長と闇祓いたちが到着する。ピッカリーはクリーデンスは魔法界を守るため処刑されねばならないと決める。闇祓いは一見したところクリーデンスを分解したように見えるが、オブスキュラスの小さなかけらが逃げおおせる。グレイブズは魔法使いの共同体をノー・マジに暴露するためオブスキュラスを放とうとしたと認め、怒りながらMACUSAは自分たちよりももっとノー・マジのほうを保護していると主張する。グレイブズは変装したゲラート・グリンデルバルドであることがわかり、MACUSAの闇祓いたちの監視下におかれる。
MACUSAは自分たちの秘密の世界が暴露されることを怖れるが、ニュートは自分のサンダーバードを放ってニューヨークの人々全員の最近の記憶を消せる薬を町中に雨として降らせ、MACUSAの魔法使いたちは破壊されたものを修復する。クイニーは雨がジェイコブの記憶を消してしまうので、ジェイコブにキスして別れを告げる。ニュートはヨーロッパに出発するが、本が書き終わったらまた戻ってきてティナを再訪すると約束する。ニュートはジェイコブがパン屋を開く資金を得られるよう、オカミーの銀でできた卵の殻を匿名で残しておく。無意識のうちにニュートの動物に触発された幻想的な形のパンやペイストリーのおかけでジェイコブのパン屋は大成功する。クイニーがパン屋を訪問し、ジェイコブはクイニーを見て顔中に大きな微笑みを浮かべる。
おもしろすぎない?こんなに面白いと思わなかった!!ハリポタも好きだけどこっちの方が好み。見終わったばかりなのにもう一回見たい。

彼を助けられなかったのがいきなり悲しいし、ラストの記憶を消さなければいけないシーンはもちろん泣けるし、なによりあのキス!切ない泣ける。そしてまたいちから恋に落ちるのね…!素敵すぎ。言葉足らんわ。

そしてニュート。カバ風の大きな魔法生物を捕らえるのに不思議な動きしてるのにイケメンなのすごい。もちろん仲間だよってアピールしてる動きなんだろうけどあれでもイケメンすごすぎ。

ぜひ見てください!
舞台がアメリカってことでハリーポッターシリーズとはまた違った雰囲気。
ハリーポッター大好きだからとにかくそれを彷彿させる音楽・演出にいちいち感動する

最後全くジョニーデップに気づかなかった自分に驚いた笑
次作はホグワーツ出るみたいでよりハリーポッター感あって楽しみ。
ハリポタもそうだけどファンタビって略称がとてもお洒落とは言い難い笑
ちょっと緩急をつけ過ぎな気がする。

対グリンデルバルドの重々しいシリアス展開と、魅力的な魔法生物のドタバタ。この2つは一緒にしなくてもよかったのでは?

結局世界観が好きだし魔法のロマンがあるから楽しくは見れたけど、正直どちらかのストーリーをもっと見たかった。
見るの何回目😥💫


[すき]

・吹き替え
・ジェイコブ

[うーん]

・設定
>|