ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅のネタバレレビュー・内容・結末

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅2016年製作の映画)

Fantastic Beasts and Where to Find Them

上映日:2016年11月23日

製作国:

上映時間:133分

3.8

あらすじ

本作は、ハリー・ポッターと同じあの魔法世界の新しい物語を綴る。今度の主人公は、彼らが通っていたホグワーツ魔法魔術学校で学んだ魔法使いニュート・スキャマンダー。誰よりも優秀だが、おっちょこちょいな魔法動物をこよなく愛する変わり者で、世界中の魔法動物を収集するために、どんなものでも入ってしまうという不思議な魔法のトランクを肌身離さず持っている。世界中を旅しては魔法動物を集め、不思議なトランクに詰め込…

本作は、ハリー・ポッターと同じあの魔法世界の新しい物語を綴る。今度の主人公は、彼らが通っていたホグワーツ魔法魔術学校で学んだ魔法使いニュート・スキャマンダー。誰よりも優秀だが、おっちょこちょいな魔法動物をこよなく愛する変わり者で、世界中の魔法動物を収集するために、どんなものでも入ってしまうという不思議な魔法のトランクを肌身離さず持っている。世界中を旅しては魔法動物を集め、不思議なトランクに詰め込んでいる。ある時ニュートは、旅の途中でニューヨークへ立ち寄ったが、そこでひょんなことから自分のトランクが普通の人間のトランクと入れ替わってしまう!トランクの中から魔法動物たちは逃げ出してしまい、ニューヨーク中を巻き込む大騒動に!そこで出会う仲間たちや奇想天外な魔法動物とともに、ニュートの新しい冒険が始まる!

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」に投稿されたネタバレ・内容・結末

【記録】
2018/05/13

パン屋のおじちゃんが、まさか最後まで関わってくるとは思いもしなかった。

魔法でお料理楽しそうだった。

壊れた街が魔法で直されていく様は印象的。
ハリーポッターの世界が帰ってきたって感じでとても嬉しかった。あの世界観を映画館で見れて感動しました。
今までに登場したことのない特徴的な動物や設定が沢山あって面白かったです。
今度続編が出るのでとても楽しみにしています。続編のトレーラーには、若き頃のダンブルドアが出てきて、もうワクワクが止まりません、スキャマンダーの本当の目的がわかることを期待しています。
ハリーポッターシリーズもそうでが、J・Kローリングの作品は一本ずつ見るのではなく全体を通して見て行く物だと私は考えています。シリーズがどうやって完結するのかとても楽しみです。
コリン・ファレルがエロくてエズラ・ミラーがすごく可愛い。
ニュートの人慣れしてない感じが面白い。ニフラーやボウトラックルはじめ、どの魔法動物も可愛くてワクワクする。
マグルにまだ魔法が知られていない時のお話。
さすがJKローリング!とても面白かった!
若かりし日のダンブルドア校長だったり、ジョニデップ出てきたのはびっくりした!
誰がオブスキュラスなのかも予想とは違って見応えがあった。
あのノーマジのおっちゃんが可愛かった。
ハリポタよりサスペンスな雰囲気が強く、ラブロマンスも濃くなっているため大人向けな印象。

雨のシーンは切ない。

期待してたより魔法や魔法生物について楽しむ要素が少ない。
全体的には好きな方
深いこと考えず、楽しめるファンタジー
感動、ワクワク、予想外!はない
魔法の世界!!!!とか、ハリーポッターの世界観、テイストが好き!な人には楽しいと思う
わたしも原作ファンなわけではなく、ハリーポッターはCGとか、魔法へのワクワク感が好き

コリンファレルがジョニーデップっていう豪華な展開にわおってなった
18.05.02 飛行機の中

ズルズル先延ばしにしてたけどやっと観れた!
「人間は何より凶暴な生き物」とはっきり言っているが、それが今作のテーマなのかなと思う。また、その 人間 であるジェイコブが魔法動物、そしてニュートの魅力を引き出すのがとても良い…
忘却呪文の雨に魔法の世界を洗い流されて元の世界に戻っても、話とはいえ夢を叶えた姿が描かれていてホッとした。ジェイクイめちゃ可愛い。
音楽担当James Newton Howard、最高すぎました。彼の音楽には壮大さと繊細さが入り交じっていて一体どうなっているんだ...。感動して家で音取りを始めてしまったくらい好きでした...

あれくらいの時代背景が好きなので建築や衣装も好みでした。
Eddie Redmayneの演技の素晴らしいですね。あまり人と目を合わせないところなど、ニュートのあのコミュ障さをとてもよく表していたと思います。
また、ニュートの杖は貝殻だそうで、いろいろ制作秘話なども面白く拝見いたしました。
終わり方にもとても驚きました。まさかグリンデルバルドのキャストがあんな大物だと思っていなかったので目をひん剥きました。
小細工なしで面白い正統派ファンタジー。
素晴らしい世界観とワクワクする魔法生物たち。
ミスリードが過剰なところがあり、先が読めてしまうのがやや残念。
ジェイコブとクイニーの別れのキスシーンは素晴らしかったし、ニュートとティナの別れがキスシーンじゃなかったのも素晴らしい。
全体的に面白いがインパクトが弱いと感じた。
主人公のキャラがいまいち掴み取れないし、クリーデンスに感情移入するのも難しかった。
クリーデンスがなぜ殺されなければいけなかったのか、と疑問が残る映画。

殺されたときショックだむた。

あ、殺せば全てうまく行くと思ってるんだって凄くモヤモヤした映画。

それ以外は素敵。

魔法動物がかわいすぎます。
クリーデンスが殺されるのに納得できる方は見ると本当に最高の映画になると思う。
>|