ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生の作品情報・感想・評価

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生2018年製作の映画)

Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald

上映日:2018年11月23日

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」に投稿された感想・評価

deenity

deenityの感想・評価

4.0
待望の『ファンタスティック・ビースト』の最新作。『ハリポタ』からのファンである自分からすれば、この作品は待ち遠しくて仕方がない作品でした。ハリーのシリーズが終結し、区切りの後の続編がファンタビ。正直前作はかなり不安でしたが、あの魔法の世界観をまた再び味わえるという点はやはり夢があり、加えてハリポタからの伏線を意外と汲んでくれていたり、今後の伏線を散りばめてくれたり、このシリーズのファンなら興奮すること間違いないでしょう。
















ここからはネタバレ。
感情が動かされたシーンをピックアップします。

「ジェイコブがまた仲間として参加するんだ」
「え、クイニーそっち側に行っちゃうの?」
「君たちの恋模様はそんな感じによじれちゃったのね」
「ダンブルドアめちゃハンサム!マグゴナガル先生もお若いこと!」
「レストレンジ家からベラトリックスはどう繋がるのだろう」
「ニコラス・フラメルがキターーー!賢者の石チラっとキターーー!」
「え!?ナギニ!?えっ!?」


良くも悪くもこのシリーズのファン向けの作品ではありますね。ここまでの流れがわからない人にはわけわからんでしょうし、シリーズの伏線もファンでなければ何だっけ?ってレベルでしょう。

万人が見てテンションが上がるシーンはラストの壮大な魔法対決ですが、それ以外ではわりと迫力あるシーンは少なめ。ハリーの時と違ってニュートは大人で、しかも凄腕感がすごいから、結構話の進みとしては早いとは思うんですが。
ただまあとりあえずファンからすると、前作でファンタビが蛇足かどうかという考えを抱いた人は多いと思いますが、ファンの私からすると間違いなく必要です。また続編をワクワクしながら楽しみにできる。そう思わせてくれただけでも十分すぎる出来だったと思います。
わぁい

わぁいの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

まさかあのかわいこちゃんが闇落ちするとは……
Mako

Makoの感想・評価

3.6
ハリーポッターシリーズ?って感じ
早く次みたい笑
ゆう

ゆうの感想・評価

4.0
前作よりハリーポッターと単語の繋がりが見えて色々推測させられる。
続編がとても気になる。
ポロ

ポロの感想・評価

3.8
1作目は魔法動物と触れ合うシーンが主でその背後で闇が蠢いてる感じだったけど、今作はその闇の中にいる感じだった
1作目で好きだったキャラクターがつらくなっててつらかった からこそ次回作どうなっていくか気になりました
SY

SYの感想・評価

5.0
もう、最高でしかない。
ハリーポッターが完結したから寂しかったけど、まだまだ楽しませてくれるJ・K・ローリングに感謝。
すんごい好きなシリーズです!!
ファンタスティックビースト第2作目!
出演キャラは前作と変わらず、ニュート、ティナ、クイニー、ジェイコブと主要メンバーが出てきてひと安心!
そして、謎写真な女の人、リタ・レストレンジさんバッチリ出てきます!
今回はニュートのキャラ崩壊が凄いです笑 あ〜元々こういうキャラなんですかね?前作でティナといい感じだったみたいですが、今作での前半はニュートのティナ好き度が増し増しのもうティナしか見えない状態がすごい、なんというか…変態チックだ!
そしてやっとハリーポッターから知ってる人、出てきました!そう、ダンブルドア先生!すごく若いです…イケメン!ニュートはホグワーツでダンブルドア先生の教え子だったんですね。あの独特の話術が健在です。そしてダンブルドア先生の過去にも少し触れます。ハリーポッターでも謎の多い人物だったので、とても興味深かったです。
そして怒涛の後半。いやぁ…ジョニーデップは悪役演じてもすごい!!とても魅力的な悪役キャラクターです。すごい情報量でついて行くのがやっとでした…話の展開が2転3転とコロコロ動くのでかなり翻弄されました…鑑賞後友達と「あれってこういう意味だったんだよね?」って確認し合いました 笑
ネタバレしてしまうので詳しくは書けませんが、次回が滅茶苦茶気になる終わり方!!これからニュート達はどうなって行くのか…不安であり楽しみでもあります!早く見たい!!
>|