ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生の作品情報・感想・評価

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生2018年製作の映画)

Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald

上映日:2018年11月23日

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」に投稿された感想・評価

ファンタビ2作目。舞台設定やクラシカルなファッションがドンピシャで好みだった。あと余談だが、ほぼ美男美女なキャストで目の保養だった。ジョニデも渋くて、重厚感のある存在だった。1作目よりも多国籍な俳優陣で、ワールドワイドを意識しているのかなと感じた。
本作でも憂いある演技でクリーデンスを演じられていたエズラ・ミラーは本当にピッタリだと思った。また、人の弱さ・寂しさや孤独、そして愛への飢えに忍び寄り、組織内に引き寄せていく黒い魔法には、現在の新興宗教的なものを感じた。弱っている時って、強き者や権力者に縋りたくなるし、自分の居場所を提供してもらえることに安心して本質を見られなくなってしまう―誰しもがそんな弱い部分を持ち合わせているのではないかと思う。
ハリーポッターシリーズについてそこまで詳しい身ではないため、楽しめるポイントは浅いかもしれないけど、あっという間な2時間だった。そして相変わらずファンタビの生き物たちはどの子も愛らしい。
AkaneM0412

AkaneM0412の感想・評価

4.0
ストーリーが少し複雑

最初から最後まで、CGや展開が早い。
けれど、続くような感じなので分かりにくいところ多い。後半、個人的に疲れた。

しかし、ダンブルドア先生、ニコラス・フラメル…登場するとテンション上がる。
Yuri38

Yuri38の感想・評価

4.0
ジョニー・デップだった。ジョニー・デップでしかなかった。ストレンジ家に囚われたリタがニュートのためにした決断に泣ける。。ハリポタ オタクには最高すぎるシチュエーションとか、呪文が満載でやっぱローリング先生神ってる。スバラシイ。
映像はいい。もうね二作目に強大な敵が復活。というストーリーが多すぎて作品というよりは商法じゃないか。
くじら

くじらの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

血の誓いが出てきて、ゲラートとアルバスの過ぎ去りし日々に対して強火な気持ちになってしまう
まの

まのの感想・評価

4.1
1作目よりもめちゃくちゃ面白くなってました!

動物たちの活躍も沢山あったり過去の事が色々分かったりと最後まで観てて楽しめました。
エンディングに進むにつれて辛くて号泣してしまいました。

早く続きが観たいです。
ハリポタちゃんと見たこと無かったけど、このワクワク感でちゃんと見たくなった。
猫じゃらしみたいなのに釣られてる子、可愛すぎる……!!

あと、お兄さんの方が若く見えたのは魔法の力かもなぁ。
sono

sonoの感想・評価

3.5
とりあえず早く続きが見たい。
続きで良いか悪いか決まる気がする🤔
ぐち

ぐちの感想・評価

3.3
キャラクター紹介と世界観説明に尺を割かなければいけなかった前作より物語に時間をかけられてて面白かった。
バトルシーンがやや冗長な印象を受けるけど…最恐魔法使いグリンデルバルド戦があっさり終わってもあかんからしょうがないか。

しかしなぜ『自立した女性キャラ』は付き合ってもいない男が別の女といちゃつく(と勝手に勘違いする)と理不尽にキレるみたいな描写をされてしまうのか…付き合ってるならともかくとして。このテンプレ大嫌い。
ティナは好きなキャラなので余計つらい。まぁティナが怒ってた理由の一つは ニュートが手紙で闇払いに対しての暴言?を言ったからってこともあるんだろうけど…
今時こんなテンプレ入れるか?センスなさすぎる。

ダンブルドア校長が昔ジュードロウだった過去があったなんて当時は想像もしなかったけどジュードロウ先生が耽美すぎてこれだけでこれからのシリーズ追いかけようって気になった。
あと一作目で不憫すぎたクリーデンス君にもフォーカスされてて良かった。最終的に救済があって欲しい…
きくち

きくちの感想・評価

4.2
前作の雰囲気でいくと思っていたので心の準備が出来ていなかったです。あまりにもきつくてスン…ってなりました。サラマンダーのくだりは可愛くて素敵でした。
>|